月よみ -inner independence-

大寒から始めよう! ~発酵食品で目指せ!腸美人❤︎~

こんにちは!

タイトルだけ見ると、“大寒”って何⁈、それと発酵食品の関係は何⁈

…と思われたかもしれません。

ここでは、暦(コヨミ)の習慣のお話をご紹介したいと思います。

月のリズムとリンクさせれば、“最強の日常のセラピー”となり得るのです!

さぁ、あなたも月のリズムに乗せて、腸美人❤︎を目指しちゃいましょう。(^ ^)

暦のこと。~二十四節気とは~

春夏秋冬。日本には、四季がありますね。

ご存知に方も多いかと思いますが…それぞれの季節を6つに細分化すると、24の時季に分けることができます。これを、二十四節気と呼びます。

例えば、祝日になっているので春分や秋分は知っている方も多いでしょう。

近いところで有名なのは、冬至でした。

1節目の立春(暦の上では春の到来=始まりの季節です。)から24節の大寒まで、それぞれの節に習慣や食文化、行事があります(^ ^)

大寒と発酵食品

2017年1月20日は、その二十四節気の最後【大寒(だいかん)】なのです(^ ^)

行事としては、特にないようですが…。大寒の頃には、お酒やお醤油、お味噌などの発酵食品を仕込むという習慣・食文化があります。

なぜ、この時期に発酵食品を仕込むでしょうか…⁈

それは、冬真っ盛りの寒さのピークであることが大きく関係しています。

1年の中で、最も冷え込み気温が低い時期です。その空気の冷たさゆえに、水の雑菌も少なく綺麗であります。“雑菌が少ない=長期保存にする食品作りにはぴったりな環境”という利点があるのです。故に、昔からお味噌や醤油、お酒や高野豆腐など保存の効くもの(=主に発酵食品)を仕込む風習があります。これがいわゆる『寒仕込み』というもの。季節を味方につけた先人の知恵が伝統的に続いているのですね~。

酒蔵で杜氏の方がお酒を仕込み始めるのもこの時期です。

発酵食品で腸のデトックスを促そう!

今年の大寒は、ちょうど下弦の月の日。

下弦の月といえば、月よみでは『新月(-)期』の始まりで、この日から新月までの約1週間は、排泄力=デトックスのチカラが高まる時期です。

そこで!

私がオススメしたいのが…タイトルにありますように、大寒に仕込む“発酵食品”のチカラと下弦の月のリズムで、『目指せ!腸美人❤︎』なのです!

発酵食品といえば、あなたは何を思い浮かべますか?

冒頭で出てきたお醤油、お味噌、お酒(ここでは、特に日本酒を指します)、納豆にヨーグルト。実はビールやお酢もその仲間です。

そして、意外ですが鰹節。糠漬けをはじめとするお漬物もその類ですね。

実にたくさんあります。

発酵食品は、微生物が働いて作られますね。微生物の主な種類は、麹菌、納豆菌、酵母、乳酸菌、酢酸菌。

それら微生物の働きにより、食品は腐敗から守られ、長期保存が可能になり、さらに栄養価も格段にアップするのです。

その主な効能としては、

1、生活習慣病予防

2、アンチエイジング(栄養が豊富。老化抑制。)

3、健康維持(毒素排出を促したり、免疫力アップ!)

女性としては2番め、特に注目ですよね!(^ ^)

乳酸菌や酵母といえば…いわゆる善玉菌と呼ばれる、まさに女性の味方です。腸内環境を整えてくれます。

腸内環境が整えば、栄養吸収率がアップしたり、お肌が綺麗になったり、お通じが良くなったりといいこと尽くしです。

大寒の日をきっかけに、食事のプラス一品に納豆を付ける、おやつはヨーグルトにしてみるなど…日々の食事に発酵食品を意識して取り入れてみませんか?

下弦の月のパワーも加わって、デトックス力がより高く発揮されることでしょう‼︎

イチオシ発酵食品をご紹介!

それは、甘酒です(^ ^)

甘酒には、2種類あります。

・酒粕から作られるもの(アルコールが含まれます。砂糖が添加されますのでダイエットには不向き。)

・米麹から作られたもの。 (アルコールは含みません。甘みは米麹のそのまま。)

特に米麹から作られた『飲む点滴』と言われるほど栄養たっぷりですし、ホットドリンクとして飲むと体がとても温まります!生姜をプラスすると、さらにぽかぽかになれますよ(^ ^)

市販では酒粕から作られたものが多いですが…割と手軽に手に入りますし、保温機能の付いているお鍋や容器があれば、手作りする事もできます♪

ぜひ、取り入れてみてください♪

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。
毎月1〜3日必ず寝込むほどの、酷い生理痛に苦しんでいた事をきっかけに、月よみに出逢う。
自分自身の心と体にじっくり向き合うこと、そして、昨年夏に5センチ大あった子宮筋腫の摘出手術を経験する。
自身のブログの他、月よみwebマガジンでの執筆を行う。自らの体験を通して学んだ月のリズムや、心と体の気づきを中心に、季節感も大事にしながらの内容を発信し、好評を得ている。

保育学生だった頃から、子どもたちを対象にした読み聞かせボランティア活動に関わり10年。所属しているグループが、昨年度、一宮市より表彰をうける。
絵本の月の四元素分類を独自に研究中。

所持資格 : 月よみ師®️、保育士、介護福祉士。
Return Top