月よみ -inner independence-

月のテンポ®で本来の自分を生きるには?

人間には1日周期でリズムを刻む「体内時計」が備わっています。
意識しなくても日中はカラダと心が活動状態に、夜間は休息状態に切り替わります。

体内時計の乱れは、
精神的にも身体的にも悪影響を及ぼします。
その体内時計をととのえて、
人生に自然のリズムを取り戻すために
月のリズムを活用されている方を今日は御紹介します。

「月のテンポ®は、私達が生きる基本となるテンポです。」

そう伝えていらっしゃるのは、
有限会社ビュージックの取締役であり、
また、人の意識の向上に貢献するという目的とし、
講演活動、セミナー運営、
お名前から魂の役割(使命)を読み解き「書」にしたためる
「縁筆家(えんぴつか)」の活動をされている
片岡航也さん。

片岡さんは、亡くなられた義父である
片岡慎介さんの意志を継ぎ、
月のテンポ®と月と共に生きることの大切さを
伝えていらっしゃいます。

とーっても軽やかなエネルギーの持ち主で、
お話を聴いているだけで、

意識が引き上げられていく実感があります。
それも月のテンポ®の力なのでしょう。
片岡さんは、話すテンポも、行動するテンポも
すべて月のテンポ®でされており、
それはとても心地よいテンポなのです。

月のテンポ®はどうのようにして生まれたか

では、その気になる月のテンポ®とは?

義父の片岡慎介さんに
ある日突然メッセージが響いてきます

「116ハ、オツキサマデス」
「オツキサマノ1日ハ、24.8時間」

このメッセージを受け取り、
慎介さんは計算しました。

地球が太陽の周りを公転しているように、
月も地球の周りを公転しています。

太陽に対して地球の自転は24時間
月に対して地球の自転は24.8時間

太陽の1日(24時間)÷月の1日(24.8時間)=0.967

太陽のテンポは1分間に60カウント、
月のテンポ®は60×0.967=58.02カウント

テンポとは、メトロノームの記号のことで
振り子時計のように振り子が左右に動くよう、
カウントを1秒間に「2」と計算するので、

太陽のテンポは、
60カウント×2=120

月のテンポ®は、
58.02カウント×2=116

となります。

響いてきたメッセージのとおり、
月のテンポ®は116になりました。

そこで慎介さんは、116のテンポで音楽を
作曲するようになりました。

月のテンポが心にも身体も整えていく

そうすると不思議なことに、その音楽を聴いた方々から
身体的、精神的な病が改善されたり、
仕事が上手く行くようになったり、
経済的に豊かになったりと、
喜びの声が多数届くようになったのです。

なぜそのようなことが起こったのか?

それは私達の体内時計と深い関わりがあります。
私達の体内時計は約24.8時間。
月のテンポと同じなのです。

体内時計の乱れは、
精神的にも身体的にも悪影響を及ぼします。

それが、116のテンポの音楽を聴くことで
体内時計が整い、不調が改善され、
自然と調和する感覚が戻ってきて、
充実した日常がもたらされるようになる
ということなのです。

また、脳波のデータからも驚く結果が。。。

116のテンポを聴いたときだけ、
右脳と左脳の脳波が同じ位になり、
バランスが良くなるという結果が出ているのです。
(他のテンポでは全て左脳が優位)

潜在意識にアクセスしやすい脳波
とも言えるでしょう。

月のテンポ®、すごいと思いませんか???

今すぐ月のテンポ®、片岡航也さんをもっと知りたい
という方はこちらへ♪

ライタープロフィール

高橋 恭子 月よみ師®
北海道函館市にて、株式会社リード不動産を経営。
経営の傍ら、人との繋がり、地球との繋がりを意識し、
本来の自分へと還ることを目的としたイベント、
ガイア・ヴィレッジを主催。
公私ともに、
人と自然との繋がりから全てが生まれ、流れている
ということを経験し、
今までの社会、ピラミッド型の支配構造ではなく、
輪になる横繋がりの大切さ、
自然と共に暮らすライフスタイルを
仕事やイベントを通して伝えている。

ガイア・ヴィレッジのイベントでは
参加者全員が同じ目線でひとつの輪になること、
全員が自分自身を表現すること、
助け合い、与え合うという関係を表現し、
感動を呼び起こした。

月よみ師®
魔法の質問カードマスター
2級エクステリアプランナー
北海道ガーデニングマイスター
宅地建物取引主任士

ブログ:ガイア・ヴィレッジブログ
Return Top