月よみ -inner independence-

月よみ -inner independence-

旧暦と、新月に向かう月のエネルギーで、心も体もスッキリとした春を迎えるオススメ。

旧暦と、新月に向かう月のエネルギーで、心も体もスッキリとした春を迎えるオススメ。

最低気温0度。あまり積雪のないはずの地域で大雪。

今年最大級の寒波が襲来という言葉と同時に、マフラーを外すくらい暖かい日も徐々に増えてきたような気がします。

外に飛び出して行きたいような、でもまだ寒い日もあるかもと、気持ちも行ったり来たりしてしまいそうなこの時期。

月のエネルギーと日本の古来からの旧暦をヒントに、
この時期お勧めのスッキリできる春の過ごし方をご紹介します。

暖かくなったなと思ったら、またすぐ冷え込むこの時期の気候。
​​​​​​昔の人は「三寒四温」=「3日寒くて、その後4日は暖かい」と呼んでいました。
それを繰り返しながら次の季節、春に近づいていきます。

ちょうど冬から春へと移り変わる時期、2月18日は、旧暦においては二十四節気の2番目の『雨水(うすい)』。
“春一番”が吹いたり、草木が芽生え、農耕の準備の目安の頃です

3月3日の桃の節句(= 雛祭り)に向けて、“雨水の日に雛人形を飾り付けすると良縁に恵まれる”という説もあります。地方によっては、この日から雛人形が飾られるそうですよ。

早春の花、梅を楽しみ、春を共有してみよう♪

雨水の頃といえば…黄色が鮮やかな菜の花や、紅・薄紅・白など色とりどりの梅の花など、独特の強い香りが魅力的な早春の花が咲きますね。“梅まつり”などと銘打って、土日を中心として開花期間はイベントが開かれるところもあるかと思います。

今年の雨水の日は、満月から下弦の月の間の『分かち合い、共有する』の期間の最後の日。
仲間とお花見に出かけてお花を楽しんだり、よもぎ餅やいちご大福などを食べながら、春の訪れの喜びを一緒に感じてみてはいかがでしょうか?会話の中から、誰かに喜ばれることがあったり、自分にとっての新しい情報や出会いが得られるかもしれません。

“出番が少ない物”を整理して、気持ちよく新年度を迎える準備をしてみませんか?

さて、そんな今年の雨水の日。
翌日は、下弦の月の日なのです。

月よみでは、下弦の月から新月の期間には“整理整頓”をキーワードの1つとして提案します。細く細く欠けてゆく月は、まるで、新月という“次のスタート”に向けて準備をしている姿を私たちに見せてくれる様ですよね。

冒頭で、雛人形のことが出ました。
家の中には他にも、“出番が1年に数回”もしくは、“またいつか使えるだろう”とか、“来年使えるかな?”なんて…とって置いたままになっている物や、引き出しの奥に忘れられている物など、眠っていませんか?
まもなく新学期、新年度が始まります。準備も兼ねて、その様な、“ある”けれどもなかなか見直さない物に目を向けて整理整頓してみてはいかがでしょうか?
欠けてゆく月のリズムに乗って、きっと思いもよらない再発見があったり、心身共にスッキリして軽くことでしょう。

“三寒四温”の、“暖かな4日間”を利用して、花を愛でたり、新年度を見据えた整理整頓をして過ごしてみませんか?

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。

ツキヨミ。に出逢ったきっかけは…毎月酷い生理痛と、5センチもあった大きな子宮筋腫でした。
月のリズムと女性の体の関係は、学ぶほどに深いですねー!

パンが好きで、全て手ごねでパンを焼いたり、美味しいパン屋さん巡りが趣味です(^ ^)
パン以外でも、オシャレなカフェや美味しいごはんが食べられるお店は大好き!

学生時代は保育士を志し、幼児教育・福祉を学んでいました。普段は、障がい者施設で日中の作業や生活支援の仕事をしています。
週末には、保育の勉強中より続けている読み聞かせボランティアの活動を今でも継続中!
【季節感】にこだわった絵本や紙芝居などを読み、子供たちと一緒に楽しんでいます。
ブログ:月よみ師(R)ばねの 月と四元素で読み解く世界♪♪
Return Top