月よみ -inner independence-

もう、立ち姿をふと鏡でみてもがっかりしない! 月が教えてくれるお尻、太ももの外側スッキリエクササイズ。

「何でもやりこなす柔軟性。バランス力に長ける」
今日の月相(月の形)から月が伝えているメッセージです。

ちなみに、今日の月相(月の形)は19
こんな月のことです。


別名、更待月(ふけまちづき)と名付けられています。

​​​​​​​​月明かりが頼りだった時代が忍ばれます。
月の出が遅いので、夜更けまで待たれた月。

実際、昨晩夜中の12時前に東の空に昇りだし、
朝、9時を過ぎた頃に沈みます。

宵っ張りの月ですね。


さて、最初にご紹介した月からのメッセージですが、
今回は「バランス」に注目してみましょう。

月のメッセージは心にも体にも影響を与えているので、
エクササイズを始める合図としては、最適です!

あなたの魅ボディに必要な
「カラダに関してのバランス」
について今日はお伝えしていきます。

最後には、本日おすすめのエクササイズもご紹介しますので
どうか最後までお楽しみに!

バランスよく立つ

さて、この“バランス”とは何でしょう。

語源はラテン語で「二つのお皿」
てんびん、の意なのだそうです。

つりあった、均衡のとれた、そんな状態のことです。
ほかにも平静、安静、安定なども意味します。

力がほどよく抜けた“安定”した動きには
確かに安心感を覚えます。

なんとなくカラダのシルエットがバシッと決まらない・・・

そんな時はカラダの使い方の不安定さが影響していることも
少なくありません。

美しく魅せるボディを保つためには
まず安定した立ち方をマスターすることが
お勧めです。

しかも、日常でいつでもどこでも
こっそりできてしまうのですから
やらなきゃもったいないってもの。

骨盤や背骨といった土台がしっかりといいポジションにあれば、
まわりの筋肉たちの動きに安定さが出てきます。
そうすることで、ほどよく引き締まったウエストなんかも
ちゃんと手に入るのですよ。

【月よみ生活】実践エクササイズ

《スッキリ立つ・おしり&太もも編》
何だかおしりに張りがなく
太ももの外側ばかりが目立って・・・

そんなお悩みはありませんか?

これこそ骨盤のバランスが崩れているのかも
しれません。

立ちましょう。

両方のかかとをくっつけて
つま先は少し開きます。

太もももピッタリ合わせてくださいね。
あるなら、タオルをたたんで太ももに
はさんでみます。


(タオルがあるつもりで)
ぎゅっと太ももに力を入れて
さらにぴったりくっつけます。

この時、手でお尻に触れてみて
軽く力が入っているか
確認してみてください。

※※※

今度は力を入れる方向を変えてみます。

挟んだタオルをおへその力で
引き上げる意識を持ってみます。

背が伸びる意識や
下腹が引っ込んだ感覚などが
感じられたら大成功です。


タオルがなくても
わざわざ時間を割かなくても
日常の立つ場面でぜひ取り入れてみてくださいね。

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top