月よみ -inner independence-

ゆったり休日の午後は、親子で一緒に“お月様に出会う旅”を過ごしませんか?〜月がテーマの絵本をピックアップ!〜

実は、絵本って、子どもだけでなく大人にとっても魔法のアイテム。

まず、「絵本」と聞くと、あなたが思い浮かべる
イメージはどんなものでしょうか。

「子どもが読むもの」
「なんとなく大人が堂々とは読みにくいもの」
「かわいいお話」
「ファンタジー」「絵」「ワクワクする」
「夢がある」「癒し」「お母さんの声」
「お母さんの膝の上」「眠る前の思い出」・・・。

きっといろいろ出てきた事と思います。
なんだか懐かしくて、優しい気持ちになるでしょう?

私は、絵本は魔法のアイテムだと思います。​


​​

​1冊あるだけで子どもたちも大人も、たちまち笑顔になり、癒しを与えてもらえたり。時には心をぐんと成長を促してくれることさえあるから。また、親子の絆を深める最強のコミュニケーションアイテムでもありますね‼︎
“お母さんに読んでもらった絵本”やその経験は、大人になってからもずっと心に残るものです。

しかし、図書館でも本屋さんでもとてもとても多くの絵本が並んでいますよね。絵本を選ぶのって、なんとなく迷いませんか?
『どんな絵本を読んであげたらいいの⁈』と悩む小さなお子さんがいるママへ。

GWも近いことですし…自宅で過ごす午後のゆったりした時間や、子どもが眠る前のリラックスタイムなど親子水入らず時間に読みたい、お月様がテーマの絵本をピックアップします。

お月様の絵本。

1つめは、
【おつきさま こんばんは】
林明子 作  / 福音館書店

とてもシンプルに、月の満ち欠けが描かれています。月には“変化があるんだよ”というのが自然とわかってしまいます。
柔らかいお月様の表情が可愛くて楽しい作品。
主に、赤ちゃん(0歳〜3歳くらい)向けの絵本ですが、少し大きくなった子どもや、大人もほっと癒されます。
《安心したい気持ち に寄り添う絵本》

続いて


【パパ、お月さまとって!】
エリック・カール  作
もりひさし 訳
偕成社

主人公モニカのように、『お月様、届かないかな!】って空に手を伸ばしたことって、きっと誰しも1度はありますよね。パパが、ながーいながーいハシゴを使ってお月さまを取ろうとします。でも、月はだんだんと小さくなって…。
仕掛け絵本になっていて、作りも面白いです。子どもと一緒にちょっぴりハラハラしたり、ワクワクできる作品です。
3歳〜誰でも楽しめます。
《知的にワクワクしたい 気持ちに寄り添う絵本》

3つめ


【つきよのくじら】
戸田和代 作  / 沢田としき 絵
鈴木出版

お月様は脇役です。(主人公は、くじらの親子。)
しかし、このお話にお月様のやさしくやわらかで、神秘的な雰囲気は欠かせません。
子くじらが、“島のように大きくて” “お月様に届くほど天高く潮が吹けて” という、いつも近くにいるようでいないお父さんくじらに会うために冒険にでます。
お父さんくじらの家族を守るための勇気と愛情には、涙します。
しっかりとしたストーリーなので、4歳〜にオススメです。
《感動したい 気持ちに寄り添う絵本》

続いて

『おつきさまは まあるくなくっちゃ!』
ふくだ じゅんこ 作  / 大日本図書

ある夜、おばあさんが見上げた空にはほそーいほそーいお月さまが…!
おばあさんは、「おつきさまは、まあるくなくっちゃ!」と、美味しいお料理を作っては、お月さまと食卓を囲みます。
おばあさんの作る美味しそうなお料理と、だんだんまあるくなっていくお月さまのその様子がユニークな作品。
さぁ、お月さまは…おばあさんが望むようにまあるくなれたのかしら…?
3歳〜楽しめます。
《夢を持ちたい 気持ちに寄り添う絵本》

絵本と、月の4つの性質を合わせると共感度が上がります。

4つの絵本を紹介しました。いちばん下に《》で括った部分は…実は、月の4つの性質沿っているのです。

《安心したい気持ち》は、地の性質
《知的にワクワクしたい気持ち》は、風の性質
《感動したい気持ち》は、水の性質
《夢を持ちたい気持ち》は、火の性質

です。

どんな気持ちに寄り添う絵本なのかを少し意識しながら、子どもと一緒に読むことでより一層の共感ができて、絆が深まることと感じます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。

ツキヨミ。に出逢ったきっかけは…毎月酷い生理痛と、5センチもあった大きな子宮筋腫でした。
月のリズムと女性の体の関係は、学ぶほどに深いですねー!

パンが好きで、全て手ごねでパンを焼いたり、美味しいパン屋さん巡りが趣味です(^ ^)
パン以外でも、オシャレなカフェや美味しいごはんが食べられるお店は大好き!

学生時代は保育士を志し、幼児教育・福祉を学んでいました。普段は、障がい者施設で日中の作業や生活支援の仕事をしています。
週末には、保育の勉強中より続けている読み聞かせボランティアの活動を今でも継続中!
【季節感】にこだわった絵本や紙芝居などを読み、子供たちと一緒に楽しんでいます。
ブログ:月よみ師(R)ばねの 月と四元素で読み解く世界♪♪
Return Top