月よみ -inner independence-

さそり座満月まであと3日!3ステップでできる、あなたのワン・アクションで親子関係が実を結ぶ

あなたは今、お子さんとの関係において、気になっていることはありますか?

・最近会話が少なくなっている気がする
・数ヶ月前から今までにしなかった癖が増えている
・前よりもスマホを見る時間が長くなっている気がする
・前はよく出ていたお友達の話が急に出てこなくなった
etc…

「そこまで深刻なことじゃないし・・・まあ、いいか」

もちろん母親は気づいています。気になってはいる我が子との事。
でも、なんとなく、「まあ、いいか」で先延ばしにしてしまっている事。

今日からたった3日間、たったひとつでいいです。

そんな事柄に対して、あるひとつのアクションを起こしてみましょう。

親子関係をよりよくしたいあなた、ぜひトライしてみてください。

あなたのワン・アクションが、親子の絆をぐっと深めていきます!

今日から3日間のワケ

今、月は、満月に向かってどんどん満ちていく過程に。
まさに今、満ちていく月のメッセージは、「アクションを起こそう!」。

そして、満ちていく月のピークを迎えるのが、3日後。
さそり座の満月です。

満月は、そのまん丸な姿から、「完成・完結・成就」を表します。

そう、今起こすアクションの集大成が、満月の日。

今回の満月は、さそり座のもとで起こります。

親子の関係において、この満月までのどういうアクションが実を結びやすいのか、さそり座の特徴を踏まえて解説します!

実を結ぶワン・アクションの3ステップ

さそり座の満月に向かってこの3つを高めていくことが実を結ぶ秘訣です。

1.その一点に集中する。
2.誠実に、忍耐強く。
3.一途なその愛を深めるために、あなた自身とお子さんを信じ抜く。

そして、実際のワン・アクションは、この3ステップで行っていくとよいでしょう。

<ステップ1>
我が子との関係において、気になりながらも「まあ、いいか」としてしまっている事。
その一点に集中して意識を注いでみてください。

<ステップ2>
一途な我が子への愛をより深めるために、その一点に対してどんなアクションをするのか、あなた自身のワン・アクションを決めましょう。

アクションの例としては、
じっと見守る、我が子を意識した声かけをしてみる、など。
あなた自身が決めて、それを探求していくことが大切です。

意識した声かけの参考には、こちら。

<ステップ3>
「私とこの子なら大丈夫」
あなた自身とお子さんを信じ抜き、3日間、そのワン・アクションを意識的に取り入れます。

途中で投げ出したりあきらめたりすることなく、今日から3日間だけ、じっくり忍耐強く取り組んでみてください。

さあ、あなたは、どんなワン・アクションを起こしますか?

三日後、さそり座の満月に、あなたのもとには、どんな収穫が訪れるでしょうか?

やると決めて、アクションを起こしたあなただけに獲られる、深い親子の絆の証。

しっかりと受け取ってくださいね。

ライタープロフィール

結月 サリー 月よみ師®
静岡県浜松市出身 二児の母

月よみを子育てに。
子育て中の女性が、他の誰にもなろうとしない、自分だけの子育て・仕事・ライフスタイルを確立し生き生きとその個性を発揮するための月よみを提案している。

個人セッション、ワークショップ、イベントを通じて、子育て女性とその子どもや家族、延べ80名を超える人々の月よみ鑑定を経験。
子育て真っ最中の立場から日常に即した鑑定内容とアドバイスに定評がある。
「わかりやすい!」「すぐに活かせる!」「背中を押してもらえた!」と、お客様から多くの笑顔と晴れやかな表情、そして、「実際の親子関係、夫婦関係が劇的に改善した!」という声もいただいている。

趣味 本屋さんめぐり。子どもがお昼寝中の一人気ままなおうちカフェタイム。

ブログ:月の母親学
Return Top