月よみ -inner independence-

明後日は“過去を解き放って変容へと導く”さそり座満月。準備を整えるためのバッチフラワーレメディは

明後日5月11日は満月。
今回の満月はさそり座で起こります。

以前からの悩みや問題を抱えた方には
この満月、もしかしたら
何か変化のきっかけになるかもしれない時なのです。

そんな月のリズムに乗っていくために
今日は
バッチフラワーレメディで準備できることのお話です。

過去からの荷を下ろせるとき、さそり座満月

5月11日6時42分に
月はさそり座で満月を迎えます。

はじまりの新月と対照的に
満月は達成のとき。

結果が形となって現れやすい時期です。

さそり座のもつ意味はいろいろあるのですが
その中に

変化・変容
障害を飛び越える力
過去からの荷を下ろす

などがあります。

そんな意味を持つさそり座で満月を迎えるこの日は
新月の時に解決を望んだ出来事はもちろんのこと
もしかしたら
もっと以前からあなたが抱え続けていた悩み、問題などが
解決へと導かれるようなタイミングなのかもしれません。

バッチフラワーレメディで変化の準備を整えて

以前からの問題を乗り越え変化していく。

それは
月の力を借りられるとはいえ
やっぱりパワーがいりそうですね。

それでなくても今頃は
4月から始まった新生活の疲れが出る頃。
あなたも心身ともにお疲れかもしれません。

だけど
せっかく月からのパワーが降りそそぐこのタイミング。
月のリズムに乗っていけるように
できるだけ疲れを癒して整えておきましょう。

バッチフラワーレメディは
花のエネルギーでココロを癒すセラピー。

こんな時にお勧めなのはオリーブです。

ココロのエネルギーを補充するとともに
カラダの活力を取り戻せるようにと導いてくれるオリーブ。

だから眠くなってしまうこともあるかもしれませんが
それはあなたのカラダが睡眠を求めているから。

休めるときにはしっかり休息をとって
エネルギーに満ちたココロとカラダで
2日後の蠍座満月に備えておきましょう。

過去を解き放って変容できる
その時のために。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、サロンFirst stepを主催。
アロマセラピーとバッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドンと、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期に突入した息子たちと日々楽しく格闘中。
好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。
“ざる”と呼ばれるほど強くて大好きだったお酒なのに、40歳代中盤に差し掛かった途端に弱くなってきたことが目下の悩み。

ブログ:アロマセラピーとバッチフラワーレメディで健やかな心身へと導くお手伝い
Return Top