月よみ -inner independence-

月よみ -inner independence-

満月過ぎたら、キュッと締まったウエストメイクの大チャンス

5月11日のさそり座満月から3日がすぎました。

満月を過ぎ、欠けていく半月に向かうこの時期を、
満月(-)期と呼んでいます。

(-)期と名付けた通り、
月のエネルギーは不必要なものを取り除き、
引き締まりの方向に働きます。

人間の身体に影響を与えていると言われる、
月のエネルギーにこの際、便乗しちゃいません?

月のエネルギーは意識的に使おうと思うことで、
上手に日常に取り入れることができます。
今日は、満月(-)期にお勧めの
引き締まりボディの作り方をご紹介しましょう。

引き締まりとは?

引き締まりとは言っても、カラダに力みがあると、
女性特有のなめらかなカーブは作りにくくなります。

五感を、豊富に使いながら、ココロが感動を受け止める。
これまさに、この時期の月からのメッセージでもあります。


完全に満たされた満月から欠けていく月は、
何かを分け与えることも大好きなのです。

柔軟なココロは柔軟なカラダに一致します。
だからって「わたし、カラダ硬いから…」と諦めないでくださいね。

要は『引き締める』と『力み』は違うって事を知ってください。

月を活かした日常でのウエストメイク

では、満月(-)期のウエストメイクとは?
ずばり‘’引き上げる‘’ イメージの力です。

骨盤を立て、背骨を上へと引き上げる意識を
持ちましょう。

骨盤を立てるというのは、とても大切。

背骨も丸くなってしまいますし、
骨盤内にある臓器が圧迫されて、混み合うことに。

すると、重みで骨盤の底にある筋肉たちが押し下げられ、
連動して腹筋も働きにくくなります。

腹筋にはお腹周りを支える役目もありますから、
押さえることができなくなり、シルエットが崩れる一因になるのです。

月に向かって骨盤を立てる

月に向かって骨盤をぐぐっと立てましょう。
自然に背骨も引き上がります。

歩く
座る
階段を上がる
など、

その意識を大切にして、様々な日常動作に取り入れてみてください。


普段の生活の積み重ねこそが、ボディメイクの基本です。
月のエネルギーも上手に使ってくださいね。

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良にてピラティスサロンはぐくみを主宰。
カラダの軸である背骨・骨盤を整えるピラティスエクササイズと
ココロを整理する月よみibマッピングにより
『どうせなら楽しく生きよう!』を座右の銘とし
ココロとカラダのセルフケアをメインテーマにお伝えしている。

フィットネスクラブ勤務時代から約20年間、
のべ18,000件の個人セッション、グループレッスンを行う。
『カラダはココロの代弁者』と確信を深める中、
月のリズムによって効果的なエクササイズに違いがあることも発見し、
本人がはまっている。
オリジナルの【月よみ生活を始めよう】講座も好評展開中。
愛犬においしいご飯を作る、がマイブーム。

自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
ピラティストレーナー
VCA認定心理セラピスト・ファシリテーター
NLPプラクティショナー

ブログ:~すべては背骨が語っていた~ココロと人生を開く背骨スイッチの見つけ方
Return Top