月よみ -inner independence-

生理のターム別オススメの過ごし方で、ツキのリズムを整える!

月の径と書いて月経。生理のことですよね。
生理は月の径と書くくらい、
月を意識することで
生理が整ってくると言われています。

毎月付き合う生理だから、きぶんよく過ごしたいもの。

食事を整えると、月のリズムと生理のリズムがさらに連動して
カラダのストレスが減り、快適な状態に近づきます。

月経前・中・後に取り入れたい食事や毎日の過ごし方って?

生理前の一週間は、カラダの中が変化する不安定なとき。
血液中に老廃物が排泄されているときであり、それが原因で
肩こり、頭痛、おなかの張り、いらいら等の月経前症候群の症状が
出やすくなります。

この時期の食事は、乳製品やケーキやクッキーなどの甘いものを控えめに。

ファストフードや添加物の入った加工物等も控え、穀物や野菜中心の
あっさりした食べ物を。

料理は油で炒めたり、揚げたりせずに、水を使った煮物やお浸しがおすすめ。
梅干しやすももやあんず等の酸っぱい果物、酢の物が、血液の浄化をしてくれます。

穀物は、むぎごはんなんかがいいでしょう。


生理中はカラダをなるべく温めてあげることで、カラダの毒素を生理の血液とともに吐き出すことができます。
味を薄めに。シイタケや海藻、大根料理等血液中の脂を浄化する食べ物がおすすめ。

生理後から排卵までは新しいエネルギーをつくる準備の時期です。

ココロもカラダもリラックスできる時なので、果物や葉菜類(かぼちゃ、キャベツ、白菜等)などを食べるといいです。穀物は雑穀米をこの時に食べるといいですよ。

排卵する時期はカラダに最もエネルギーが必要な時。
土の中に伸びていく根菜類を中心に食べるとよいでしょう。
こんなとき、プチ断食もおすすめ。

​(参考図書  岡部 賢二「月のリズムでダイエット」サンマーク出版2008)

月の光、太陽の光。どちらもバランスよく利用することで
更にカラダの調子が良くなりますよ。

 

ライタープロフィール

わかば 月よみ師®
短期大学を卒業し、保育士を経て、結婚を機に薬業界に入る。
25年前より生駒市で薬店を夫婦で開業。
自分がココロのバランスを崩したことをきっかけに、
故 小林正観氏のもとで『見方道アドバイザー』を取得。
女性と月のリズムが深く関わっていることを知り,
月よみ師®を取得。
月よみを交えながら、ココロもカラダも元気になるような
セルフケアも交えた健康アドバイスができる
健康アドバイザーとして、店頭に立っている。
特に更年期に月よみを取り入れ、楽しく乗り切れる方法を
自分も含め模索中。

月よみ師®、温灸療術師、見方道アドバイザー。
Return Top