月よみ -inner independence-

月よみ -inner independence-

疲弊感がぐっと減る!私らしさ際立つ子育てを手に入れる、下弦の月のキーワード

「子どものため、私が我慢しなくては!」
「子どものために私がもっとがんばらなくては!」

そう言い聞かせていつも子育てや家事、お仕事に尽力しているお母さん。

しかし時には、
「いつも家族のペースに合わせて、少し疲れたかも」
こんなに頑張っても主人も子どもも喜んだり労ってくれるわけでもないし」
などと感じることはありませんか?

2日後の下弦の月、そして月そのあとに訪れる魚座の月はそんなあなたの味方になってくれる絶好のチャンスかもしれません。

この絶好のチャンスを活用して、あなたらしさを取り戻しましょう

あなたらしさを取り戻すためのキーワードは、「境界線」。
あなたとお子さんの間の「境界線」、どこにありますか?

本日より2日後、5月19日9:32に、月は下弦を迎えます。
下弦の月は満月から欠けてちょうど半分になった月。

ここから次の新月に向けてどんどん月は欠けていきます。

そんな月の姿から、下弦の月のメッセージは、
「手放す」。

「手放す」ことは、
「見極める」とも言えます。

そして、今回の下弦の月は、水瓶座のもとでその瞬間を迎えますが、その約3時間半後には、魚座へと移ります。
下弦の月のエネルギーがまだまだ強く降り注ぐ2~3日の間は、魚座の月です。

魚座は、無条件の愛、優しさ、包容力、思いやりという特徴がある反面、自己犠牲としてその特徴が強化されてしまうことがあります

魚座×下弦の、ここから読み解けるメッセージはこちらです。

『子どものためといつも尽力し、疲弊してしまっているあなたは、その境界線を計りなおしてみましょう。』

あなたとお子さんの間には、境界線はありますか?
その境界線は、適切に引かれていて、あなたは心地よいと感じていますか?

とかく、我が子との間に適切な境界線は引きにくいもの。
一心同体のように感じてしまう我が子も、実は一人の独立した存在
そのことを十分に意識して、境界線を引くことが大切です。

例えば、お子さんが悲しんでいるとき、悩んでいるとき。
あなたもお子さんと同じように、悲しくなり、悩みに苛まれることでしょう。
しかし、お子さんの悲しみ、悩みは、お子さん自身が抱えているもので、お子さん自身が乗り越えていくしかないもの。
だからといって、あなたが何も感じないというわけにはいかないとは思いますが、どっぷりとその世界に浸りきってしまう必要はないのです。

このときにちょっと境界線を意識してみてほしいです。
「私は、この子の領域に踏み込みすぎていないかな?」
「これは、私の気持ち?それともこの子の気持ち?」
そう客観的に自分自身に問いかけてみましょう。

「子どもは子ども。私は私。」
いつもどこかで境界線を意識できていると、あなたのココロの状態は見違えるほどスッキリし、疲弊感もぐっと減るはず。

魚座の下弦の月をきっかけに、あなたとお子さんの境界線を見極めて自己犠牲を手放していきましょう。
その先には、もっともっと楽しくあなたらしさが際立つ子育てライフが待っています!

ライタープロフィール

結月 サリー 月よみ師®
静岡県浜松市出身 二児の母

月よみを子育てに。
子育て中の女性が、他の誰にもなろうとしない、自分だけの子育て・仕事・ライフスタイルを確立し生き生きとその個性を発揮するための月よみを提案している。

個人セッション、ワークショップ、イベントを通じて、子育て女性とその子どもや家族、延べ80名を超える人々の月よみ鑑定を経験。
子育て真っ最中の立場から日常に即した鑑定内容とアドバイスに定評がある。
「わかりやすい!」「すぐに活かせる!」「背中を押してもらえた!」と、お客様から多くの笑顔と晴れやかな表情、そして、「実際の親子関係、夫婦関係が劇的に改善した!」という声もいただいている。

趣味 本屋さんめぐり。子どもがお昼寝中の一人気ままなおうちカフェタイム。

ブログ:月の母親学
Return Top