月よみ -inner independence-

月よみ -inner independence-

今からでも始められる、あなたとパートナーのコミュニケーションのコツは、“生まれた時の月の形”にあった!

家族、友達、恋人、夫婦。
色々な関係性がありますが…『この人、私とは正反対だな!』とか『考え方、似てる!』とか『なんで、そんな風に私と違うことばかり言うの?』『気があうなー』などと思うことってありませんか?

特に夫婦の場合、お互いの距離が近い分、そんな風に感じることが多いのではないでしょうか。
『噛み合わないから、話すのも面倒』とか『ケンカになってしまうのが面倒』『意見が合わないわ』とか『どうせ、分かり合えない!』なんてコミュニケーションを諦めてしまう前に、ヒントがあるならば知ってみたいと思いませんか?


新月から上弦の月、そして、満月。
満月から下弦の月、そしてまた、新月へ…。月は毎月毎月、満ち欠けを繰り返しています。
毎日、瞬間で月は形を変えています。

月相というものを知っていますか?
この生まれた時の月の形は、私たちの性質や感性に大きな影響があるんですよ。

あなたは、新月人?満月人?

月相は、こちらで調べられます。
http://tsukiyomi-magazine.com/moonphase/

月よみでは、月相は大きく2つに分けられます。それが、【新月人】と【満月人】です。

新月人とは、下弦の月の瞬間〜新月〜上弦の月の直前までの生まれの方。目に見えない世界観、想像やイメージ力、計画性に特徴があります。

満月人とは、上弦の月の瞬間〜満月〜下弦の月の直前までの生まれの方。行動力、形にする力、目の前で起きてる事に即した行動、目に見える表現に特徴があります。

さらに、4つのグループに分けて読み解きます。
新月人・満月人に、月の満ち欠けをプラスします。
(+)は満ちる/増えるエネルギー、(−)は欠ける/減らすエネルギーという意味です。

⑴新月の瞬間〜上弦の月の直前までを、新月人(+)
⑵上弦の月の瞬間〜満月の直前を、満月人(+)
⑶満月の瞬間〜下弦の月の直前を、満月人(−)
⑷下弦の月の瞬間〜新月の直前を、新月人(−)

さぁ、あなたはどこに当てはまりますか。

夫婦はバランス!だから、惹かれ合う。

私は独身なので自分のことを例に出せないのは残念ですが…

例えば、我が両親の場合ですと…
父親は、新月人(−)のタイプ。
母親は、満月人です。(*満月当日生まれで、生まれた時刻が分からないために、(+)(−)は分からず。)
父は、計画重視タイプ。母は、その場で実際に即した行動をするタイプ。
物事に対するアプローチが真逆なのまで、よく、意見が食い違っています。でも、仲が悪い訳ではありません。

また、私の妹夫婦で見てみますと…
妹は新月人(−)タイプ、旦那さんは満月人(+)タイプです。
よーくケンカするようで、母宛に妹からよく愚痴と近況報告も兼ねた電話がきます。そして、彼女たちもまたあっという間に仲直りするのです。

どちらの夫婦もタイプは真逆同士ですが…月の満ち欠け視点ではバランスが取れていますね。

新婚の友人夫婦も、
奥さんが満月人(+)タイプ、旦那さんは新月人タイプ。(新月当日の生まれのため、出生時刻が分かれば+、−が分かります!)
穏やかな雰囲気が似てる2人です。

有名な方を例にすると…
先月、結婚されて大きく話題になった渡部健さんと佐々木希さんご夫婦。
渡部さんは満月人(+)タイプで、希さんは満月人(−)タイプです。
基本、考え方などはよく合うと読めます。(+)と(−)のところで、バランスが取れていますね。


漠然と『意見が合わない』『理解できないわ』と思ってしまうとストレスになります。しかし、もし性質が違う事が要因の1つならば、それが分かるだけでずいぶんと気持ちが変わってくるはずです。
“貴方はそう考えるのね”って受け入れる事ができたら、すごくスムーズにコミュニケーションが取れると思います。

夫婦というのは…月の満ち欠けのように、どちらもなくては成り立たないということでしょう。
一度、見てみると新しい角度から夫婦の形が見えるかもしれませんね。

*月相だけで相性が決まるわけではありません。ひとつの参考程度にしてください。
また、月相は出生時刻が分かる場合は、より正確に診断できます。

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。

ツキヨミ。に出逢ったきっかけは…毎月酷い生理痛と、5センチもあった大きな子宮筋腫でした。
月のリズムと女性の体の関係は、学ぶほどに深いですねー!

パンが好きで、全て手ごねでパンを焼いたり、美味しいパン屋さん巡りが趣味です(^ ^)
パン以外でも、オシャレなカフェや美味しいごはんが食べられるお店は大好き!

学生時代は保育士を志し、幼児教育・福祉を学んでいました。普段は、障がい者施設で日中の作業や生活支援の仕事をしています。
週末には、保育の勉強中より続けている読み聞かせボランティアの活動を今でも継続中!
【季節感】にこだわった絵本や紙芝居などを読み、子供たちと一緒に楽しんでいます。
ブログ:月よみ師(R)ばねの 月と四元素で読み解く世界♪♪
Return Top