月よみ -inner independence-

欠けていくみずがめ座の月の今日、不安を元気に変える行動とアロマって?

今日は月齢19.3。
満月から下弦の月へと向かっているところです。

そして、月は現在みずがめ座のエリアに。

こんな時は
どんな風に過ごすことがあなたの“ツキ”を呼ぶのでしょうか。
過ごし方、そしておすすめのアロマを今日はお話したいと思います。

もしも不安が湧きあがったら

感謝とともにひとつのゴールを迎えた満月を過ぎ
月が段々欠けていっている今。
それらを削る等して調整したり、
また、周りの人や世間と分かち合うことに適した時期です。

それらがうまくいっているときは
とても喜ばしく、楽しい時期ですね。

だけど、
ちょっとうまくいかないことがあると
いつも以上に不安になりやすいのもこの時期の特徴なのです。

みずがめ座に月がある今日は
外に出て、あちこちに移動すると
元気をチャージできる時。

だから、
もしも不安な気持ちがむくむくと湧き上がってきたら
外に出てみましょう。
お出かけしてみましょう。

もちろん好調な方も、今日はどんどん動いて
ますます元気になってしまいましょう!

アロマを持って出かけましょう

アロマセラピーというと
お家でゆっくり楽しむイメージですが
そればかりではありません。

ティッシュやハンカチに1~2滴、垂らしてバッグに入れていけば
お出かけ先でバッグを開くたびに香りを楽しめます。

また、アロマペンダントという
精油を入れて持ち歩けるペンダントを使えば
どこにいても、いつでも胸元からアロマの香りが漂います。


そんな風に
みずがめ座の月の今日は
アロマと一緒に外へ出かけてみましょう。

香りは自分が好きで元気が出るようなものなら何でもいいのですが
ひとつおすすめを挙げるとするなら
今日はクローブをおすすめします。
(※肝臓や腎臓、前立腺に疾患のある方は使用を控えましょう)

クローブはスパイシーで元気の出る香り。
行動力を増してくれます。

相性のいいレモンやグレープフルーツなどの柑橘系の香りと合わせて
一緒にお出かけすれば
うまくいっている人はもっと楽しく
ちょっぴり不安な方も元気に
今日を過ごしていくことができます。

月とアロマで
“ツキ”のリズムに乗った日々を過ごせますように。

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、サロンFirst stepを主催。
アロマセラピーとバッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドンと、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期に突入した息子たちと日々楽しく格闘中。
好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。
“ざる”と呼ばれるほど強くて大好きだったお酒なのに、40歳代中盤に差し掛かった途端に弱くなってきたことが目下の悩み。

ブログ:アロマセラピーとバッチフラワーレメディで健やかな心身へと導くお手伝い
Return Top