月よみ -inner independence-

気持ちはこれから”夏”!体は早くも“秋”への変わり目。7月19日からの夏土用と月の満ち欠けでデトックス強化期間に

爽やかな夏空に突き刺す様な眩しい陽射し。
猛暑日の声も日本各地で聞こえてきます。
“もうすぐ夏休みだー!”子どもたちの期待感。
そして、“今年も忙しい期間がやってきた…”という、世のお母さんたちの憂鬱ともいえるため息混じりの声が聞こえてきそうな、今日この頃。暑さも最高潮です。心臓が主役の季節だけに心身ともに活動的になっているとき。
体感としては、夏真っ盛り!まだまだ夏はこれから!と思いますよね。

…しかし!

私たちの体のリズムとしては、すでに“夏の終わり”時期が近づいている事を知っていましたか?

7月19日は、夏土用入りの日。免疫の調整期間に突入です。
言い換えると、『体が“夏仕様から秋仕様に変わるためのバトンタッチ期間”』に突入するのです。
この時期の月の満ち欠けリズムのヒントを合わせて読み解くことで
このバトンタッチ期間の効果的な過ごし方をご紹介します!

7月19日から8月7日の立秋までは、免疫機能が強化

春は肝臓。夏は心臓。秋は肺。冬は腎臓。
この様に、季節ごとに“主役”になる臓器が東洋医学の考え方ではあります。
この季節と季節の間の、バトンタッチ期間にあたるのが“土用”です。
夏は、特に“土用の丑の日に鰻を食す”があり、土用という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。
しかし実際は各季節ごとに土用があるのです。土用の主役は、脾臓。侵入者(細菌、ウイルス、食べ物についてきた害のあるもの…など)を検知して退治してくれる働きをする、リンパ球を生み出す器官です。

リンパ球が生み出され、活動が活発化するので…体内に溜まったストレスや疲労物質などに作用します。
旧暦の夏の間(具体的には、5月5日から7月19日)に溜まったそれらを、次の季節に持ち越さない様に自動浄化してくれるのです

食べ過ぎ、冷やしすぎ、不規則リズムには要注意!で過ごしたい時です。

自動浄化の免疫調整期間。
その働きをよりスムーズにしていくにあたり、気をつけるとよいポイントがあります。ひとつ。食べ過ぎに注意!
食べることは、取り入れること。体内に溜まった不要物の排出にエネルギーを使いたい時。そんな時に、過剰に新たなる検知する対象が入ってきたら…浄化機能が不完全燃焼になってしまいますよね。
いつもより1割2割ごはんを減らしてみる。惰性の間食を控えてみる。それだけで、スッキリする感じがあるかもしれません。
ビアガーデンや花火大会、夏祭りなどのイベントでわいわい楽しく飲んだり食べたりがする機会が、多くなる時期でもあります。
食べ過ぎたなーと感じたら、食休みを。

​ひとつ。冷やしすぎに注意!
冷房、冷たい食べ物や飲み物。あまりに暑いので必要ですよね。
もちろん、上手に取り入れればよいのですが、水分を吸収するのは主に腸です。必要以上に冷たいものばかり摂取していたら…どうなるかは予想ができますよね。また、内臓が冷えすぎると“湿邪”(こちらを参照)が発生しやすくなるのでご注意を。

ひとつ。不規則リズムに注意!
まもなく夏休みに入ると、どうしても大人も子どもも生活リズムが変化します。特に、睡眠時間は変わりますよね。

免疫調整期間は、睡眠も大事です。
“毎日の体(五臓六腑)の時間割り”というのがあります。
21時~23時は、リンパの調整の時間にあたります。また、夜中の1時から3時は肝臓の時間。この時間に、肝臓は“蘇生”します。お肌の回復、免疫力の回復、ホルモンの調整も行われる重要な時間となっています。
”遅くとも23時には、布団に入りましょう”なんて言われる所以です。

…難しいことは、ないのです。すでに、これらは、普段の生活の中で気をつけている方も多いかもしれません。

3つのポイントに注意することで、夏バテ・じんましん・アレルギー鼻炎・秋口の体調不良など…に、悩まされる人が、きっと減ることと思います。

19日から23日は、特に浄化機能(デトックス)強化のチャンスです!

最後に。
土用の期間に重ねて、月の満ち欠けを見ていくと…。7月17日、下弦の月。
23日、新月。
31日、上弦の月。
(8月8日に満月。)

夏土用の始まりである19日から、23日は月が細く細く欠けてゆくリズムです。排泄、デトックス、整理整頓に向くタイミング。
先ほどの注意ポイントを、特に意識したいタイミングです。
自然と食べる量も減りやすい傾向になります。不要な習慣や変えたい習慣があるなら、今までの習慣を手放すという決意とその一歩を踏み出すといい時。


23日から31日の上弦の月の瞬間までは、呼吸に意識を持っていきましょう。深呼吸をすることで、体内の空気の循環を促します。血液の巡りもアップしますね。31日からは、満月に向かってますます満ちるパワーがかかる時。
ゆったりとした気持ちで食事をする、よく噛んで食事することに意識を。肝臓の分解能力を助け、さらには、不要なモノを早く排出に回すことにも繋がるからです。

夏土用の過ごし方ポイントと、月の満ち欠けリズムのヒントで、スムーズに季節の変わり目の体をサポートしながら、より一層元気に過ごしましょう!

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。
毎月1〜3日必ず寝込むほどの、酷い生理痛に苦しんでいた事をきっかけに、月よみに出逢う。
自分自身の心と体にじっくり向き合うこと、そして、昨年夏に5センチ大あった子宮筋腫の摘出手術を経験する。
自身のブログの他、月よみwebマガジンでの執筆を行う。自らの体験を通して学んだ月のリズムや、心と体の気づきを中心に、季節感も大事にしながらの内容を発信し、好評を得ている。

保育学生だった頃から、子どもたちを対象にした読み聞かせボランティア活動に関わり10年。所属しているグループが、昨年度、一宮市より表彰をうける。
絵本の月の四元素分類を独自に研究中。

所持資格 : 月よみ師®️、保育士、介護福祉士。
Return Top