月よみ -inner independence-

月のように常に変化する女性のココロとカラダ。 本日、女性医療「患者学」サミット開催!

月のように常に変化する女性のココロとカラダ。 本日、女性医療「患者学」サミット開催!
いつもは月、月、月と声高に叫んでいますが…
今日はその月にプラスαの情報をお伝えします。本日8月11日東京品川にて
女性医療「患者学」サミット
が開催され、私もこちらに参加します。
http://mma-j.com/


<患者力向上って何?> (以下、MMAサイトより抜粋)
・最も望ましい患者力とは、病院との付き合いが少ない
健康的な生き方。・医療現場を構成するのは
医療スタッフ、医療環境、患者の存在であり
「患者力」が今後の医療現場のクオリティ向上である。

<患者力って何?>
・自分の人生には責任を持ち、病気や疾患をもちながらも
医療に全面依存することなく、自立した個人として、
適切な医療選択を行い、自らの人としての尊厳を維持しつつ
プロフェッショナルとしての医療者への敬意を忘れず、
より成熟したコミュニケーションを行える力である。

月よみスタイルを身につけることは、患者力の向上へと繋がっている!

これまで自分自身について、関心を持つことや
自分自身のことをより、細かく知ることの大切さについて
多く触れてきました。自分を知ることは、
生きていく上で大きなパワーとなり
人生をより豊かなものにします。

自分だけの
月よみライフスタイルを実践し続けること。
それは、究極の自分のライフスタイル!

毎日がキラキラ・ワクワクばかりなら
それ以上のことはありません。

ですが…
月が移動したり、満ち欠けするように
私たちのココロやカラダも
バイオリズム=好・不調の波があり
とても元気なときと
なんとなく元気が出ないときがあります。

さらには病を得て、不本意にも
闘病生活を送らなければならない、
そんな未来も絶対にないとは言い切れません。

そこで、
日頃から自分の日常をきちんと知っておく。
とても、大事なことです。
万が一、非日常に身を置くことになっても
不安はあるかもしれませんが
慌てないでください。

自分に合った、
非日常に対応する手段は必ずあります。

そのヒントは日常の中に多く含まれているから…

当たり前の日常と捉えず
多くの情報の中から
自分だけの
非日常に対する手段を見つけてください。

専門家に相談するのも もちろんO.K!

それでも最終的な選択と決断は
自分自身で行うということを
覚えていてくださいね。

月よみライフスタイルの実践は
豊かな日常を助けるものであり
同時に、非日常をも助けることになります。

こうしてあなたの「患者力」は磨かれていく、
そんなふうに考えています。

ライタープロフィール

成田雅美 月よみ師®
15年間、臨床看護師として総合病院(浜松市)・診療所(徳島)に勤務。

子供の進学を機に臨床を離れ

自分探しの旅に出る。


記憶力の低下と闘いながら

大学の聴講生・科目履修生を経験後、

女性起業家支援活動に関わる。

同時期に『月よみ師養成講座』に通い始め

月よみ師®ツキヨミコーディネーターの認定を受ける。

自分でも驚くほど思考も行動範囲も変化したが

根本は「カラダとココロに寄り添いたい」と気付く。


月よみを取り入れたヘルスケアや

医療とのかかわり方を提案する

個人セッションやセミナーを計画中。


守備範囲は広く

匂いフェチでアロマアドバイザー(2団体)を持っている。

なかなか上達しない二胡をこよなく愛している。

部屋の中の積ん読は更新中。

ブログ:まあにゃんのポジティ部でいこう。。。
Return Top