月よみ -inner independence-

「月の癒し」が教えてくれる、月のリズム

「月の癒し」が教えてくれる、月のリズム
月には一定のリズムがあり、
人間のココロやカラダとも
連動しています。

月のリズムについては

色々な記事によって
すでにお伝えしていますが、
 毎日の生活にも
取り入れやすい、
わかりやすいものが
書いている本として
オススメなのが、

『月の癒し』(ヨハンナ パウンガートーマス ポッペ (著) 小川 捷子 (翻訳) ,1997/08)

 

この本には、
主にハーブのことや
月によるココロやカラダへの
影響のことが
詳しく書かれています。

 

新月の日は
引力によって樹木の水分が
根の方に集中するので、
木を伐採するときは
新月の日にすると良い
という、「新月伐採」
良く知られていますね。

 

同じく、
ハーブや野菜なども、
月の影響を大きく受けています。
バイオダイナミック農法が
月のリズムを取り入れていて、
作物を育てるときには
月の位置を目安に作業をします。

 

 

月が風の星座(ふたご・てんびん・みずがめ)
に位置するときは「花の日」と呼ばれ、
薬用ハーブ、花、球根を育てるのに最適
と言われており、

 

月が火の星座(おひつじ・しし・いて)
に位置するときは「実の日」と呼ばれ、
豆類、穀物、実の成る野菜類を育てるのに最適
と言われており、

 

月が土の星座(おうし・おとめ・やぎ)
に位置するときは「根の日」と呼ばれ、
根菜類を育てるのに最適
と言われており、

 

月が水の星座(かに・さそり・うお)
に位置するときは「葉の日」と呼ばれ、
葉野菜を育てるのに最適
と言われています。

 

 

その他に、気候についても

 

水の星座に月が位置する
「葉の日」は湿気が多いとされ、

 

火の星座に月が位置する
「実の日」は暖かいとされ、

 

土の星座に月が位置する
「根の日」は寒いとされ、

 

風の星座に月が位置する
「花の日」は風と光が通る
と言われています。

<

 

これらのことは植物だけではなく、
私達にとっても同じこと。

 

この本には、
歯医者に行くのに適した日、
手術をするのに適した日、
髪の毛を切る日、
野菜を収穫する日、
などなど、

 

色々な暮らしに関わることが
沢山書かれているんです。

 

ちなみに手術に適した日は
新月なのですが、
その日に手術すると
出血が少なくて済むので、
治りが早いとか。
逆に満月は出血が多くなるので、
手術には向きません。

 

かなり違いが出るという実例も
たくさんあるようです。

 

やはり私達は月の影響を
大きく受けているということが、
とても深く腑に落ちてくる本です。

 

この『月の癒し』は、
Amazonで探してみましたが、
もう中古品しか手に入らないみたいですね。。。
貴重かも!!
ぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

ライタープロフィール

高橋 恭子 月よみ師®
北海道函館市にて、株式会社リード不動産を経営。
経営の傍ら、人との繋がり、地球との繋がりを意識し、
本来の自分へと還ることを目的としたイベント、
ガイア・ヴィレッジを主催。
公私ともに、
人と自然との繋がりから全てが生まれ、流れている
ということを経験し、
今までの社会、ピラミッド型の支配構造ではなく、
輪になる横繋がりの大切さ、
自然と共に暮らすライフスタイルを
仕事やイベントを通して伝えている。

ガイア・ヴィレッジのイベントでは
参加者全員が同じ目線でひとつの輪になること、
全員が自分自身を表現すること、
助け合い、与え合うという関係を表現し、
感動を呼び起こした。

月よみ師®
魔法の質問カードマスター
2級エクステリアプランナー
北海道ガーデニングマイスター
宅地建物取引主任士

ブログ:ガイア・ヴィレッジブログ
Return Top