月よみ -inner independence-

9/6月よみ新時代・始まる

こんにちは、月よみ師、改め
【牡牛座姫】の日菜です。

このWEBサイトの記事は、
基本的に月よみ師が執筆を行なっています。

先月、月よみ師養成講座2期が終了し、
新たに《月よみ師》の仲間が増えた事もあり、
これからは【牡牛座姫 日菜】の愛称で
どうぞ宜しくお願い致します。

月よみ師達も新たなステージと
なっていますが、いつも最先端を
リードしている私としましては、
時代も月よみも、
新たなステージへ変化すると、
今、ここに予言したいと思います。

陰陽統合の時代が始まる

20世紀までは、どちらかと言うと
女性は虐げられていた
時代が長かったと思います。

弱肉強食の時代。
人を蹴落としても、一人勝ちの時代。

そんな時代が幕を閉じ、
21世紀は女性の時代、調和の時代、
なんて言われていますよね。


女性と男性が逆転、
という表現をされる場合もありますが、
私の捉え方はそうではなく、
女性は女性、男性は男性です。

また、起業して男性以上に
収入や地位が高くなる女性が増え、
現在、筋トレブーム。
筋肉隆々の女性も増えました。

それ自体は、悪い事ではありませんが、
女性は、女性である事を
忘れてはいけません。

私の周りには、女性経営者や
鍛えられた体のスポーツトレーナー等、
カッコいい女性が多いのですが、
そういった方たちは、
一般の方以上に【女性】である事や
【自然】を意識しているように思います。

そうでなくては、陰陽バランスが崩れ、
心と体の健康を保てないのです。

これからは、男性が月をよむ時代

月よみ~inner independece~
は、女性のココロとカラダを整える
月の情報WEBサイトですが、
月よみは男性にこそ、必要だと思っている私です。

女性は、生理のリズムと月のリズムを
リンクさせる事で、自然のリズムと同調できますが、
男性は、よほど意識をしないと
自然、地球、宇宙のリズムには乗りにくいのです。

男性経営者の方とお話する事も多い私ですが、
仕事が上手く行っている方は、
自分の好きな事をしている(月の自分)
運動をしている、自然と触れ合っている、
質のいい食材を食べている。

そして、体幹が整っている、などの特徴があります。
(エネルギー循環がいい)

本能、直感が優れていると言う事は、
危機回避能力が高いという事でもあり、
ビジネスの舵取りには必要不可欠です。

そして、会社経営をしている方は、
神仏へのお参りや、占いや風水、
直感や統計学などを、重要視している方も
とても多いのです。


女性には【月のリズム】は
少しずつ浸透していますが、
男性は、まだまだ
バカにする人も多いのが現状です。

しかし、大多数がバカにしているのなら、
男性が月を読む事で、時代をリードできるのです。

女性がどんどん、精神的にも経済的にも
豊かになっていく時代の中、
男性は格差が生まれてくるでしょう。

そうすると、ごく一部の男性が
もてはやされてくる可能性があります。
今、時代に先駆けて、月を読む男性は、
これからの時代をリードする存在に
なっていくと私は思います。

そもそも、満月には狼男になるのが
男と言うモノです。

満月にムラムラしなかったら、
ちょっと危険よ。
男性諸君、大丈夫カナ?

9/6魚座満月は新時代の始まりの予兆。

今年は、陰陽統合の年だと思っている私。

何故なら、6/9は射手座満月でした。
射手座は、ここではない世界を目指す。
広い視野での学びを象徴します。

間もなく迎える、9/6は魚座満月。
これも、見えない世界、精神性、
そしてワンネス、愛の象徴です。

6と9は陰陽の数字、
この日に偶然にも満月が重なる年なんて、
そうそう、あるものではありません。

男と女が、同じ目線で、
それぞれの個性を尊重しながら、
1つになり、愛の世界が生まれる。

月よみは、それができる
魔法のツールだと、私は思っています。
いつか、男性がたくさんの受講する会場で、
私も月よみセミナーを開催したいです。

新時代のはじまり、
貴方は、何を思いますか?

ライタープロフィール

日菜 月よみ師®
美容家歴年19年。
卵巣嚢腫の手術を経験後、整体師に転身。
北海道函館市にて、地域初の整体、エステ、ダイエット等
複合美容サロンを13年経営。
最先端美容機器から自然療法まで、栄養素、
アロマ、フラワーエッセンス…時代に先駆けた施術を展開。

東京 池袋に拠点を移し【牡牛座姫】の愛称で、
《自分らしく幸せに生きる》
をコンセプトに、セッション・講座を行う。

ベストボディジャパン全国出場、入賞多数
オシャレと猫好きの調理師。
様々な顔を持つ、新月当日生まれのアラフォー。

特技:ソウルメイトの引寄せ
月やせ、月LOVE、月ごはん
Return Top