月よみ -inner independence-

しょうがないと諦めてきた人間関係をもう一度見直す!「月花占術」ってなに?

あなたの周りにギクシャクしている人間関係はありませんか?

あの上司のことを考えただけで胃がキリキリ痛い、
お姑さんとどうしてもうまくいかない、
子供がいきなり反抗期になった。

ココロくじけるような人間関係を抱えていませんか?

私たちのストレスは、ほとんどが人間関係からといっても過言ではありません。人間関係さえうまくいけば、バラ色の人生のチケットを手に入れたようなもの。

月のリズムで人との関係性を読み解く「月花占術」で、
あなたの「今までしょうがないと諦めてきた人との関係で抱えるイライラ」
もっと楽になるかもしれません。

​6回の連載シリーズ「人の悩みは全て人間関係から?
はじめての「月花」で押さえておきたい6つのポイント」

今日はその第一回目、月花占術の元となる東洋のホロスコープ・宿曜経から
月花占術がどんなものか、までを説明していきます!

***************************

東洋のホロスコープ・宿曜占星術って?

*宿曜占星術ってなに?

まず、『月花占術』のもとになっている、宿曜占星術についてご説明します。

宿曜占星術って聞いたことがないから、最近できた占星術?って思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、その歴史は古く、約1200年前、弘法大師空海が遣唐使として中国に渡り、多くの仏具や経典を日本に持ち帰りました。
その経典の中のひとつが、宿曜経、つまり、仏の教えであるお経だったんです。

なので、古言葉で「~するべからず」という戒めのフレーズの何と多いことか。
私も10年前くらいに宿曜占星術を目にすることがありましたが、内容の厳しさに辛くなって、そっと本を閉じたくらいです。


​宿曜占星術はさまざまな時代で活用されていますが、平安時代では貴族など特権階級で、戦国時代には武将たちが、国を守るためや自分を有利に導くために用いていました。
また、江戸時代では、徳川幕府が封印したほどの的中率の高さであったことも有名なお話です。

宿曜占星術は、月の運行と太陰太陽暦(旧暦)が基本になっています。

月は27日に一巡すると考え、月の軌道を27等分に。それを1日ごとに月が宿る「月の宿」として名づけられました。月がくつろぎ休む宿と考えるのは、とてもロマンチックですよね。

あなたが生まれた日に、月が位置するところが、あなたの宿になります。
その宿から、個性や人格、運勢判断、日々の吉兆などを占いますが、特に東洋ホロスコープを用いた相性に関してはピカイチです。


​*宿曜占星術から月花占術へ

『月花占術』は、宿曜占星術から生まれました。

おのころ心平氏は膨大なカウンセリングの中で、いくつかのパターンがあることに気づきました。そして、カウンセリングデータから分析した27の視点は、人が生まれた日の月の位置から割り出し、性格をまとめた宿曜占星術に通じるものであったのです。

そして、人間関係のストレスまみれの現代に、わかりやすく、女性にも受け入れやすいようにと、27の月花を決めて『月花占術』を考え出しました。

27の月花をご紹介します。

松(まつ)・藤(ふじ)・榊(さかき)・楓(かえで)・桃(もも)・蓮(はす)・柚(ゆず)・葵(あおい)・棗(なつめ)・柊(ひいらぎ)・桂(かつら)・蘭(らん)・楠(くすのき)・桐(きり)・椿(つばき)・茜(あかね)・皐(さつき)・桜(さくら)・芹(せり)・橘(たちばな)・菫(すみれ)・杏(あんず)・樅(もみ)・梓(あずさ)・梅(うめ)・苺(いちご)・桧(ひのき)


どの月花も日本になじみのある植物で、どれが自分の月花なのかと考えるとワクワクしますね。

*自分の月花を調べてみましょう

では、あなたの月花を下記のサイトで早速調べてみましょう。

あなたの生年月日を入力してください。
↓↓↓
http://tsukiyomi-magazine.com/gekka/

このようにあなたの月花が現れます。

例えば、2017年9月21日と入力すると、楠が出てきました。
みなさんの月花とその横のメッセージはどうでしたか?当たっていますか?


私の月花は橘でした。橘はコツコツと積み上げる努力家だけど、上昇志向のある、影のボスと書かれていて、私ってそんな強い女なの?!!!と、かなりショック受けました。

しかし、よく考えてみると、確かにすぐ仕切りたがる、グイグイいってしまう自分に気づき、当たっているなぁと腑に落ちました。

もし今メッセージが違うと感じても、まずは一旦受け止めてみてください。
自分のプラスもマイナスも受け止めることで、すべてがポジティブになり、前に一歩進むことができます。

*東洋ホロスコープとは?

東洋ホロスコープとは、逆時計回りで、宿を円状に並べたものですが、『月花占術』では月花を使った、月花占術ホロスコープを使います。


このホロスコープは楠を例にしたものですが、自分と相手の月花の角度が、相性の良し悪しを表しています。
月花が違うと、ホロスコープも違ってきます。

先ほど月花を探したサイトをもう一度見ていただくと、月花の下の方にあなたのホロスコープが載っています。
↓↓↓
http://tsukiyomi-magazine.com/gekka/

あなたらしい生き方や、あなたを取り巻く6つの人間関係は、後日ご説明しますので、どうぞお楽しみに!!

ライタープロフィール

柳澤ゆき 月よみ師®
IFA認定アロマセラピスト

マイレ・アストロヒーリング主宰



辛い不妊治療後、アロマセラピーに出逢い

施術や講師活動を行ってきた。

大きな転機は6年前

東日本大震災で被災し、心労も癒えないうちに

卵巣ガンを発病するが、おかげさまで完治。

新しい人生を歩み始めた時、月よみに出逢う。



人生はたった一度きり

誰かのためでなく

自分のために生きてほしい

貴女らしい花を咲かせてほしいと願い

天空からのメッセージと

その方に必要な香りやエッセンスをお届けしている。

月相新月(+)月星座は射手座 月花 橘

兵庫県西宮出身、千葉県浦安在住

趣味は旅行、特にハワイがめっちゃ好き

ぼ~~っと空と星を眺めるのも好き
Return Top