月よみ -inner independence-

本日、5:02 秋分点を通過。陰陽のバランスから生まれる「循環」を感じる1日に。

昼と夜
男性性、女性性
表の自分、裏の自分
体と心
目に見えるもの、目に見えないもの

この世にある全てのものは陰と陽の性質を持っている。

そんな風に言われると、ちょっと遠い世界の話に聞こえてしまうかもしれません。

しかし、自分の中にもありませんか?
矛盾する・あるいは正反対のもの、異なる性質のものに惹かれたり、相反する感情が心に渦巻いたり。

そして
太陽と月もこの陰陽の性質を持っていると言われています。
太陽が「陽」、月が「陰」ですね。

日頃このWebマガジンでは、月の情報をお届けしていますが
今日秋分の一日は、太陽の通り道からみると、
その陰陽のバランスが拮抗してせめぎ合い
新たな循環へのエネルギーの転換点でもある。

そんなお話をもうちょっと詳しくさせていただきますね。

**************************

陰と陽が拮抗するポイント、秋分点。

本日は、秋分の日。
英語ではAutumnal Equinox Day と呼びます。
Equinox(イクイノックス)というのが、「昼夜平分時」
要は昼と夜の長さが同じになる1日という意味合いがあります。

今日の太陽は、真東からのぼり、真西に沈みます。太陽は真東→真西を通るということですね。

天の赤道と太陽の通り道(黄道)が交わる点をみた場合に
春分を0°として
昼がもっとも長い(陽のエネルギーが極まる)夏至が90°、
夜がもっとも長い(陰のエネルギーが極まる)冬至が270°
そのちょうど中間である秋分が180°になります。

そんな訳で本日、秋分の日は、太陽が真東→真西を通るので、昼と夜の長さが同じになる。
少し説明が込み入ってしまいましたがこのように考えていただけると少しは、わかりやすいかなと思います。

そしてこの秋分という1日は、1年を通して陰陽のバランスが拮抗する1日だとも言われています

しかしこれはさらに厳密にいうと、今日の秋分点 5:02の瞬間のことです。
この記事が公開される頃にはもうすでに均等になる1点は超えています。
ということは、この記事を読んでいるみなさまはもう、陽よりも陰のバランスが強くなりはじめる世界にいらっしゃるのです。

春が種まきなら秋は収穫、あなたは何を収穫しますか?

そして、陰陽のバランスが拮抗する1日として、春分と秋分があります。
しかしその2つにも違いがありまして。

そのエネルギーの違いを一言で申し上げれば、
春分は「種まき」
秋分は「収穫」
と言えるかもしれません。

陰陽というと相反する二つのものを想像するかもしれませんが、
それが同時に存在しかつバランスをとる中で「循環」が生まれます。

エネルギーの循環を1年を通してみていく中で、
「今年取り組んだ内容についてその結果や成果を一旦受け取る」
「その上で今後どうしていくのか、どうしたいのかを見つめていく」
「忙しいと見落としがちだが、見えるものだけではなく見えないものにも心を向けていく」
「自分の中の見えないものを見える形にしてみてみる」

このような1日にしてみるのはいかがでしょうか?

毎日当たり前のように頑張り続けているけれど、いつまでそれを続けなければならないんだろう。
自分は特に成功したわけでもなく、変わったことができたわけでもない。
当たり前のように家族と過ごしているだけで一年が終わってしまうんだろうか。

そんな風に感じた時にはそれ以上難しく考えることはなくって。

天体のリズムに、自身が横たわるように身を任せていく心地よい生き方の一つのポイントとして今日1日を過ごしてみましょう。

ライタープロフィール

中野由美
「一人の女性を応援することで、
その何倍もの人同士の出逢いが広がる。
その出逢いが人生の宝物となる」
をモットーに、
女性の個人起業主をサポートするWEBライター。

千葉県生まれの埼玉県育ち。
趣味はパソコンで猫の動画を見ること。
好きなものは、酒の肴になるもの、スマホの新機種、蛯原あきらさんのイラスト。

現在1児のシングルマザー。
Return Top