月よみ -inner independence-

生まれた日の月の角度が教えてくれる、あなたが楽になる人間関係の6パターン**(前半Ver.**)

あなたの周りにギクシャクしている人間関係はありませんか?

あの上司のことを考えただけで胃がキリキリ痛い、
お姑さんとどうしてもうまくいかない、
子供がいきなり反抗期になった。

ココロくじけるような人間関係を抱えていませんか?

私たちのストレスは、ほとんどが人間関係からといっても過言ではありません。人間関係さえうまくいけば、バラ色の人生のチケットを手に入れたようなもの。

月のリズムで人との関係性を読み解く「月花占術」で、
あなたの「今までしょうがないと諦めてきた人との関係で抱えるイライラ」
もっと楽になるかもしれません。

​6回の連載シリーズ
*「人の悩みは全て人間関係から?はじめての「月花」で押さえておきたい6つのポイント」*

今日はその第四回、月花占術で解明される人との関係性6パターンについてご紹介させていただきます。

第一回 しょうがないと諦めてきた人間関係をもう一度見直す!「月花占術」ってなに?
第二回 人の隠れた本質がわかる!?自分はもちろん周りの人も調べられる。27の月花を詳しくご紹介(前半ver.)
第三回 人の隠れた本質がわかる!?自分はもちろん周りの人も調べられる。27の月花を詳しくご紹介(後半ver.)

****************************

「私」ってどんな人?

意外と自分のことって自分ではわからないものだ。
そんな風には思いませんか?

月花占術では、人の個性を27種類にも分類しています。

生まれた日に降り注ぐ月のエネルギーを想像してみてください。

月は約27日かけて地球の周りを一周していますが、その一日に対応するエリア、その月のエネルギーを月花と呼んでいます。

月花が表す27種類の個性。
あなたの月花はどんな個性をもっているのでしょう。

月花を調べるには、こちら→http://tsukiyomi-magazine.com/gekka/

人間関係とは、エネルギー同士が織りなす角度

あの人とは話しやすい!
とても気が合う、
そんな人もいれば、反対にそうではない人もいるわけです。

でも、その話しかけにくかったり、気が合わないと感じた相手を他の人も同じように感じるかというと、そんなことはありません。

人の人との間には様々な人間関係が生じます。

月花占術において最も特徴的なこと、それは人との関係性をみることです。
ホロスコープ状に並んだ月花達。
27種の個性が生み出す様々な人間関係は、6つのパターンに分類されています。

▪鏡関係
▪安心関係
▪友達関係
▪破壊関係
▪師弟関係
▪前世関係

自分の月花とあの人の月花。
その関係性は月のエネルギー同士が織りなす「角度」によって
安定しているか、不安定なのかが決まってくるのです。

今回は、そのうち3つのパターンを見てみましょう。

関係性を見るホロスコープを調べるには→http://tsukiyomi-magazine.com/gekka/

茜さんを例にして、関係性を見ていきます。

同じ月花となる茜さんとは
*鏡関係*

自分を映すような、良くも悪くも似ている関係。
出会う確率は27分の1となりお互いに魅かれあうでしょう。
似たもの同士なので密着しすぎると新鮮味をなくしたり、近親憎悪をいだいたり同じポイントで怒って衝突することも。

職場などでは、“キャラがかぶる”ことになってライバルになる場合もあります。自分の嫌な面を見せつけられるようで精神的に消耗しやすい関係にもなります。
長所も短所もひっくるめて相手の中に自分自身を見ているのと同じことです。

椿、葵、蓮、苺、梓、皐さんとは
*安心関係・・・*

お互いが支え合い、喜びを共有できる関係。

現実的なメリットを生み出せる実り豊かな関係で、どちらにとってもプラスになることが多い。その結果がお金や仕事や生活レベルの向上につながります。
一緒に仕事をしたり、結婚して生活を共に送るには最高の相性。

しかし、それぞれがそれなりの人生経験と審美眼を磨いていないと一緒になっても意味がない関係性になってしまいます。
出会うタイミングがとっても大事。
出会いのインパクトは薄いものですが日々を重ねるごとに信頼を積み上げ、かけがいのない存在となります。


桐、棗、桃、桧、樅、桜さんとは
*友達関係**・・・*

センスや趣味が似ていて一緒にいて楽しい関係。

精神的に共感し合える、感じ方や考え方に似たところがあると似たもの同士ですんなり意気投合できます。
ただし、あくまでも友人であることが、この相性の持ち味で仕事やお金といった利害関係を持ち込むとうまくいかなくなりせっかくの交友関係まで崩れることに。
結婚する場合はお互いが人生経験が豊かであったり、物事の考え方が落ち着いている人同士はうまくいくようです。

より良く楽であるために

自分を取り巻く様々な人間関係
それは、無意識に思考パターンが作られたり、身体に影響が出ていたりと、悩みのトップになることも多いもの。

その関係性が身近であれば、あるほど...。

今回の3つのパターンは、どれも良好そうな関係ですが、それゆえ、注意したほうが良いこともあるのです。

自分にとってのちょうどよい距離を見つけ、バランスをとれるようになれたならちょっと楽になったり、スッキリしたり人生がスムーズに流れだすかもしれません。

次回は残りの3つの関係性についてお伝えします。
お楽しみに。

ライタープロフィール

naoko 月よみ師®
AEAJアロマテラピーインストラクター
AEAJ アロマセラピスト

東京生まれ、関西育ち。
現在は千葉県流山市在住。

仕事が自分の中心で、心身共にストレスを抱えていた30代後半は、
整体、カイロプラクティス、オステオパシー、アロマトリートメントなど
に駆け込む日々。

一人目出産後に、アロマセラピストの資格を取得。
サロンで働くが、二人目妊娠・育児に全力投球するあまり、自身のバランスを崩す事に。

宇宙の流れが氣になっていた頃、ツキヨミ塾(現月よみ塾)に出逢い、
「月との繋がり」に魅せられる。
「月よみ」がもたらす、その人らしい広がりを一緒に見つけ、深めていく事を信条として活動を行う。

アロマや直傳靈氣を活用し、生活に月のリズムを取り入れる事で、
子供達と月を見上げる生活も手に入れる事に。
Return Top