月よみ -inner independence-

月に乗ってツキ呼ぶライフ~満ちていく月の過ごし方~

月に乗ってツキ呼ぶライフ~満ちていく月の過ごし方~

新月だからお願い事、満月だからお財布のおまじないなど、
やっている人、知っている人はたくさんいるけど、
月は新月や満月の時だけ私たちを見守ってくれているわけではありません。

「月の輝く形(=月相)が教えてくれる月からのメッセージ」を
6回の連載記事でご紹介していく
「新月・満月だけではもったいない!「月相」からの6つのメッセージ」
今日は第五回です。

第一回 新月と満月だけじゃない、月の形でみる月のリズム。 中でも押さえておきたい4つのポイント
第二回 生まれてきてくれたあなたに月からのメッセージ。生まれた時の月の形、知っていますか?
第三回 生まれた日だけでわかる!月の輝きのエネルギーがあなたに与える影響(新月人編)
第四回 生まれた日だけでわかる!月の輝きのエネルギーがあなたに与える影響(満月人編)

***********************************

ここまで「月相」について、2・3・4回と「マイ月相」にフォーカスをしてみてきました。
まずは自分をしること。自分への月からのメッセージを受け取ることの大切さをお伝えしてきました。
その一方で天体のリズム、月の満ち欠けのリズムに乗ること。
これも大事です。

第一回目に、4つの月相(新月・上弦・満月・下弦)を起点として、月の1ヶ月の満ち欠けを4つのフェーズに分けましたね。

(1) 新月+期-真っ暗な新月から、月が反射して半月(上弦)を迎えるまでの時期
(2) 満月+期-半月(上弦)から膨らみを増して満月を迎えるまでの時期
(3) 満月-期-満月から、少しずつ欠けて半月(下弦)を迎えるまでの時期
(4) 新月-期-半月(下弦)から、徐々に月が欠けてまったく姿を消していく時期

今日は、(1)新月+期、(2)満月+期について、《満ちていく月の特徴・その時期の過ごし方》を、お伝えしていきます。

ちなみに今日は、新月+期、真っ只中。そして、2 日後には満月+期に移行します。
サクッと読んで、今日からツキ呼ぶライフを実践しましょう!

新月+期、どのように月のリズムに乗ればいいの?

​​​​​​​​​​​新月瞬間以後から上弦瞬間までの一週間。
新しい月のサイクルが始まります。

そこにあるけれども姿が見えない新月から次第に光の輝きが増していきます。

キーワードは「新ステージ」「開拓期」
生まれたばかりで無限の可能性を秘めたエネルギーがあり、「精神」が成長する期間になります。


​新月+期は、これからやってみたいことを考えたり、イメージしたり、ワクワクすること、夢中になれることに没頭するのにぴったりの時期になります。

一方でこの時期に月のエネルギーが与える身体への影響もみていきましょう。
この期間に月のエネルギーを受けやすい臓器は*「肺」*になります。

なので、この時期にズバリ身体をケアする方法として意識したいのが
*「呼吸を整える」*ことなのです。

一日の中で、呼吸のこと、何回ぐらい意識していますか?

「今から空気を吸いま~す!」「はい、息を吐きま~す!」と考えなくても、年中無休で肺は空気の出し入れをしてくれますね。

普段、無意識にしている呼吸ですが、月のエネルギーが入りやすい新月+期は、できる限り呼吸を意識しましょう。

先ほど、「肺は空気の出し入れをします。」と書きましたね。
そう、出すことが先なのです。

深呼吸するためには、まずは、しっかり息を吐ききることです。
さぁ今すぐ、始めましょう。口からふぅ~~~~と息を吐きます。

さらに…おなかをへこまして…もうすこし!!しっかり吐ききったら、
たっぷり新鮮な空気をおなかをふくらませながら吸い込んでくださいね。

通勤、通学の時、休憩時間やお風呂タイムなど、意識して呼吸を楽しんで♪

深~い呼吸でリラックスしながら、思いっきり自由にやりたいことをイメージングすると、月(ツキ)のサポートが入りやすくなりますよ。

これから始めるなら満月+期のケア!ツキ呼ぶライフをまずは一週間続けてみよう。


上弦瞬間以後から満月瞬間までの一週間。

満月という「完成された月」に向けて、さらに輝きが加速していきます。

キーワードは「引き寄せ」「出会い期」
完成させたい!!という強いエネルギーがあり、新月+期のアイデアや思いを行動に移す期間になります。


行動するといろんな出会いがありますね。

出会いは、人だけではありません。
ふらりと立ち寄ったカフェや本屋さんで、ビビッとくる雑誌や本に出会ったり、街や電車の広告、SNSからの情報…
どこからツキが降ってくるか、楽しみですね!

満月+期は、直観・ひらめきを見逃さず、行動してみてくださいね。

さて、それでは先ほどと同じようにこの時期に月のエネルギーが与える身体への影響もみていきましょう。

この期間に月のエネルギーを受けやすい臓器は*「肝臓」*になります。

そしてこの時期に「肝臓をいたわる」ケアとしてオススメしたいのが*「食べることを整える」*ということです。

肝臓と食べること、どんな関係があるの?

小腸で吸収された栄養分のほとんどすべてが肝臓に運ばれます。
肝臓は、体に必要なものを選び、生きるエネルギーを生み出してくれます。

そのエネルギーとなる元が食べることなのです。

満月+期には、食べるときに《よく噛むこと》を意識しましょう。
まずは、毎食時ひと口目だけ、20~30回噛むように心掛けましょう。

さらに、上弦の月当日は、新月+期から満月+期への曲がり角となる特別の日。
その角を曲がると、思わぬ出会いがあったり、別世界が広がっているなんてことも♪

明後日28日の上弦の月当日は、友人・知人・家族とたくさんコミュニケーションをとってくださいね。あなたにツキをもたらすヒントを与える出会いが待っています。

出会いをより効果的に引き寄せるためには、
意識して口角を上げてニッコリ笑顔美人で過ごすことも大切ですね

さぁ、あなたも月に乗ってツキ呼ぶライフ、始めましょう。

満月-期、新月-期のお話は、9月30日に掲載予定です。お楽しみに!

ライタープロフィール

松友 喜美(ヨッシー) 月よみ師®
マザーカレッジ認定講師
ゆめのたね放送局 ラジオパーソナリティー

1971年3月岐阜県生まれ 名古屋市在住

名古屋大学経済学部経営学科卒。
飲食業界でアルバイトを含めマネージャー歴7年、小学校給食に携わる公務員生活16年。多くの人たちに接し、より良い会話術、人間関係を学ぶ。

現在、マザースマイル代表。
家庭教師、塾講師として中高生を中心に指導。

同時に、自らの子育て経験を活かし 悩めるママをサポート。月よみから子どもの個性を読み解き、親子の笑顔を引き出すムーンコーチ。

趣味はヨガ、料理
家族は元不登校の息子と猫のみけ君
Return Top