月よみ -inner independence-

相性が「いい・悪い」を乗り越えるには?月のホロスコープで読み解く夫婦関係の「**傾向と対策」

あなたの周りにギクシャクしている人間関係はありませんか?

あの上司のことを考えただけで胃がキリキリ痛い、
お姑さんとどうしてもうまくいかない、
子供がいきなり反抗期になった。

ココロくじけるような人間関係を抱えていませんか?

私たちのストレスは、ほとんどが人間関係からといっても過言ではありません。人間関係さえうまくいけば、バラ色の人生のチケットを手に入れたようなもの。

月のリズムで人との関係性を読み解く「月花占術」で、
あなたの「今までしょうがないと諦めてきた人との関係で抱えるイライラ」
もっと楽になるかもしれません。

6回の連載シリーズ
*「人の悩みは全て人間関係から?はじめての「月花」で押さえておきたい6つのポイント」*

今日はその第六回目、「関係性のパターンが同じでもこんなに違う!?」有名人カップルを月花占術から読み解きます。

第一回 しょうがないと諦めてきた人間関係をもう一度見直す!「月花占術」ってなに?
第二回 人の隠れた本質がわかる!?自分はもちろん周りの人も調べられる。27の月花を詳しくご紹介(前半ver.)
第三回 人の隠れた本質がわかる!?自分はもちろん周りの人も調べられる。27の月花を詳しくご紹介(後半ver.)
第四回 生まれた日の月の角度が教えてくれる、あなたが楽になる人間関係の6パターン(前半Ver.)
第五回 生まれた日の月の角度が教えてくれる、あなたが楽になる人間関係の6パターン**(後半Ver.**)

*****

これまで5回にわたって「月花占術(宿曜)」の基本についてご紹介してきました。
最終回の今回は<月花占術的傾向と対策>をお伝えします。

今回は、結婚や一緒に仕事をするのに最高の相性「安心(栄親)関係」と、6種類の関係性の中で最も波乱に富む「破壊(安壊)関係」について、それぞれ二組の有名人(元)夫婦を例に読み解きます。

*最高の関係性だと出ても、うまくいかないカップルもいれば、*
*相性は最悪と出ても、仲良く人生を共に進んでいる関係もあります。*

*そこには、相性何パーセントとか、関係性のタイプ分けだけでは終わらない*
*月花占術一押しの傾向と対策が見え隠れしていますので、どうかお楽しみに!*


​その前に簡単におさらいを。

「月花占術」は、生まれた日の「月の位置」をもとにその人の「月花」を27種類に分類。
さらに、その「月花」を組み合わせた関係性が6種類と、人間関係を得意としています。

もとになっているのは弘法大師(空海)が中国から持ち帰った宿曜経から発展し、平安時代の貴族から戦国武将までが活用したという宿曜占星術です

月の運行をベースにしているため、東洋占術では珍しくホロスコープを用いています。
月花占術にも、6種類の関係性が簡単にわかるホロスコープがあります。

こちらのページで月花を調べると、月花の絵と解説の下にホロスコープが作成されます
http://tsukiyomi-magazine.com/gekka/

今回は、このホロスコープに現れる人間関係を、有名人の夫婦関係を例にお伝えします。

「来世も再来世も一緒に」と誓ったあの夫婦。お互いの感謝を忘れないことで絆がより深まる。

市川海老蔵さん (1977.12.6生) 桐(氐宿)
小林麻央さん (1982.7.21生) 蓮(鬼宿)

こちらのお二人は「安心(栄親)関係」です。
双方で高め合い現実的なメリットを生み出せる実り豊かな関係で、ビジネスや結婚には最高の相性。
お互いがいざという時に支え合い、喜びを共有できる関係といわれています。

歌舞伎界で活躍する海老蔵さんを梨園の妻として支えた麻央さんと、麻央さんの闘病生活を支え続けた海老蔵さん。
「来世も再来世も一緒にいようね」と誓ったお二人は、まさに安心関係そのもの。

この関係性の注意点は「お互いに感謝を忘れない」こと。
「まおのおかげ」を繰り返していた海老蔵さんと、夫への気遣いを忘れなかった麻央さん。
相性のよさに甘んじることなく、絆を深めていたことでしょう。

“最高の相性“でも「出会うタイミング」が重要!相性がいいからって油断は禁物です。

大竹しのぶさん(1957.7.17生)梅(奎宿)
明石家さんまさん(1955.7.1生)椿(房宿)

元夫婦、のこのお二人も実は「安心(栄親)関係」です。
ドラマ共演がきっかけの結婚生活は4年で終止符を打ちました。
「結婚に最高の相性」なのに!?

実は結婚に限らず、安心(栄親)関係は「出会うタイミング」がとっても大事!
お互いがそれなりの人生経験や審美眼を磨いていないと「一緒になっても意味がない」関係性になってしまうのです。

「さんまさんの、子供たちよりコドモな面がどうしてもイヤだった」
と大竹さんがテレビで話しているのを見たことがあります。

若くして子供を抱えた未亡人となった大竹さんと、もともと自由奔放で初婚のさんまさんの人生経験の落差も、別れの原因のひとつだったのかもしれません。

個性的なお二人ではありますが、出会いがもっと遅ければ違う結果になっていた!?かもしれません。

チャレンジ精神旺盛なカップル!?「違い」があるから惹かれるし、うまくいかないこともある。

小泉今日子さん(1966.2.4生)棗(張宿)
永瀬正敏さん(1966.7.15生)榊(觜宿)

若い方はご存じないかもしれない、こちらの元ご夫婦は「破壊(安壊)関係」です。
何やら恐ろしげな名前のとおり、6パターンの中で最も波乱に富んだこの関係。

自分に足りないものを持っている感じがして魅力を感じ、危険だとわかっていても惹かれあってしまう。

思考回路が違うのでお互い刺激的で面白い存在だけれど、仕事や恋愛観では求めるものが違いすぎ、一緒に行動すると本当にタイミングが合わないことが多く、お互い相手が思うようにならないと感じてしまいます。
クールでお似合いにみえたお二人ですが、結婚となるとそんな「破壊星」に悩まされたのかもしれません。

この関係は仲がいいか悪いかがはっきり出る、強烈な運命を持つくされ縁的な存在だとか。

離婚後も望んで共演したりと仲が悪いわけではなく、再婚もあるのでは?という声もあるらしいお二人。
離婚という形にはなりましたが、やはり運命のくされ縁なのでしょうか。

この関係でうまくいっているのは、あまり長い時間をともにしない夫婦。
会ったとき、お互いへの感謝の言葉を細かく口にする夫婦といわれます。

個人的には、ぜひ再婚して実証していただきたいです。

「破壊」はリングの上だけ!?悪い関係性だと諦める必要はありません

佐々木健介さん (1966.8.4生) 樅(室宿)
北斗晶さん (1967.7.13生) 桂(軫宿)

夫婦揃ってテレビでお見かけすることが多いこのお二人も「破壊(安壊)関係」です。
「破壊星」のこの関係は、適度な距離感を置くことが重要。
あまり長い時間をともにせず、お互いへの感謝の言葉を細かく口にするのが長くうまくいくポイントです。

一緒に過ごす時間が長そうなイメージもありますが、北斗さんにベタ惚れの健介さんと、実はかなり家庭的な北斗さん。
お互いに感謝を口にすることを忘れないのかもしれません。

北斗さんの闘病生活を寄り添って支えた健介さん。
仲が「いい方」にはっきり出たお二人は、関係性がきびしくても、うまくいく方法があることを教えてくれます。

「なんだ、そんなことでよかったの!?」でうまくいく人間関係を築くために

これは、おのころ心平氏の月花占術に関する著書「ゆるす母娘関係」の帯に大きく書かれているコトバです。
今回はわかりやすい夫婦関係でご説明しましたが、親子、嫁姑、友人、仕事関係など、人間関係すべてに月花占術は有効です。

関係性に「いい⇔わるい」も「正しい⇔間違い」もありません。
誕生日でみる月花占術では、関係性を変えることはできません。
しかし6種類それぞれに傾向と対策があります。

破壊関係なのに安心関係のような間柄になるのは難しいかもしれません。
でも、上手に距離を置いたり、こまめに感謝を口にして伝えたりすれば、長くうまくやっていける可能性を月花占術は教えてくれています。

「なんだ、そんなことでよかったの!?」

今まで悩まされていた人間関係がラクになるバラ色の人生のチケットを手に入れるために、月花占術を活用してみてくださいね

全6回にわたってお届けした「月花占術(宿曜)」のあれこれ、いかがでしたか?
このように月のホロスコープを読み解く基礎がわかる現在募集中の「月よみ塾2017」12月の第4回のテーマが宿曜です。
もっと知りたい!という方は、ぜひご参加ください。

月よみ塾2017の詳細はこちら
http://naturalhealing-school.org/archives/1361

ライタープロフィール

朋子 月よみ師®
1968年 東京生まれの千葉育ち。

バブルを経験したベテランOL。



三十代後半、残業やストレスが多い仕事中心の生活でセルフケアが必要だと気づく。たどり着いたストレッチ教室で「

カラダが変わればココロも変わる」を数年がかりで実感。人生の転機となる。

偶然目にしたツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、月とココロとカラダのつながり、図星だらけの月からのメッセージを知れば知るほど、

<月よみ>で本来の自分を知り、受け容れることで生きやすくなるとの想いを深め、月よみ師に。



好きなことは、散歩・高いところから景色を眺めること。
Return Top