月よみ -inner independence-

星座=運勢占いだけではなかった!月星座で女性の体や心のケアのタイミングがわかる。【天秤座ー魚座 編】

調べたことありますか?あなたの「月星座」
知っていますか?たまにみる「○○座満月」とか「××座新月」の本当の意味。
感じたことありませんか?小さい頃の雑誌の「星占い」自分にあっていない気がするって。

月に注目が集まっている中で、今更聞けない「月星座」のキホンをお伝えする
“今更聞けない!「月星座」のキホン、6つのbasic lesson”

今日はその連載の第5回目!
「星座と心と体の関係性 天秤座~魚座 編」についてお伝えしていきますね。

1回目:知っていますか?星座は夜空に一つしかないはずなのに、「太陽星座」「月星座」があるワケ
2回目:月星座が教えてくれる、貴方の本質の鍵は生まれた年と時間と場所にある?!
3回目: 「星座」にだって人と同じように性質、性格がある!では、あなたの星座の性質は?
4回目:星座=運勢占いだけではなかった!月星座では女性の体や心のケアのタイミングがわかる。【牡羊座ー乙女座 編】

**************************************

月は9/20に乙女座の新月を迎え、10/6の牡羊座の満月へ向かって
その姿は煌々と輝きを増していきます。
昨日、11:54分、満ちゆく半月「上弦の月」を迎えました。

この時期、月は「行動するわたし」を力強くサポートしてくれます。
「行動する」って言っても、何を? どんなふうに?


月のエネルギーを促進力に…
わたしらしく動きたい!

どんな「個性」を生かせばいいの?

心のあり方は?
体の活かし方は?

そんなとき「星座のサイン」が指針となって
導いてくれますよ。

最近よく耳にする「太陽星座」「月星座」その違いは?

占星術でなじみのある「12星座」ですが、
太陽が地球を一周する通り道(黄道上)で約1ヶ月滞在する星座を「太陽星座」
月が地球を一周する通り道(白道上)で月が2.3日滞在する星座を「月星座」といいます。
太陽星座も月星座も、その星座が示すサイン(性質)は同じです。


ですが、太陽星座は、人生の目的や方向性を見据え、役割を担うために発揮される
才能としてとらえます。
一方、月星座は、いのちの営みと日々の暮らしを支える、心と体を心地よく整えて、
満足感や幸福感を満たしていくための才能を意味しているのです。

「月星座」にはそれぞれ、その星座が支配する体の部位や感情・思考の特徴といった
心の傾向を表す「個性」があります。

その「個性」を知ることで、星座の特性を持つ自分自身の心と体の労わり方、セルフケアの方法を身につけることができるのです。

月は、満ち欠けだけでなく星座の個性を受け入れながら、日々、臨機応変にわたしたちが地球で心地よく生きられるように見守ってくれている存在なのですね。

それでは、あなたの個性「月星座」を調べてみましょう!
http://tsukiyomi-magazine.com/moonastrology/

あなたの「月星座」わかりましたか?
それでは、各星座の「個性」をお伝えしていきますね。

今日は、12星座の後半、天秤座から。
牡羊座~乙女座 はこちらから。

◆天秤座: 腎臓、腹部 / バランスをとる・人と仲良くする

異なった価値観や感受性を持つ人とも調和し、心地よい空気を感じることで心が安定します。ギクシャクした関係や優柔不断で腰が落ち着かなくなり、骨格のバランスに影響します。品のいい装いで、普段よりおしゃれに。美意識アップが自信になります。

両手を広げて左右のバランスを感じながら「つま先立ち」「かかとの上げ下げ」をしてみましょう。ふくらはぎの血流をよくなり、むくみが解消します。

◆蠍座: 生殖器、泌尿器、鼻 / 集中して極める・真実を見抜く

趣味や興味のあることに没頭して一人の時間を楽しむことが自分の癒しになります。

信頼できる人との濃密なコミュニケーションとスキンシップが不足すると、寂しさが膨らみ気持ちが塞ぎます。ゆっくりお風呂に浸かってリラックス。体を温め、良質な睡眠をとりましょう!

◆射手座: 臀部、太もも、坐骨神経痛、肝臓 / 自由に行動する・グローバルな感性

ふっと湧いた好奇心や冒険心に正直に動いてみましょう。動けないときは読書の旅を。
遠距離のドライブや旅行など、非日常の刺激が大切。

足止め、束縛される抑圧感が腰痛、神経痛やこむら返りを引き起こします。
ストレッチ運動で下半身の筋肉を柔軟にしましょう!

◆山羊座: 膝、骨格、皮膚、歯 / 用意周到・真面目にコツコツと

どんな逆境にもめげずに力いっぱい生き抜く力があります。プロ意識が高く、根がストイックで確実に結果を出せますが、その努力と結果が認められないと、膝から崩れ落ちるように自信を失くします。肩に力が入って歯を食いしばらないように、肩の力をふっと抜いて深呼吸をしましょう!

季節の変わり目の皮膚の乾燥に注意。

◆水瓶座: 足、ふくらはぎ、循環器 / 個性を発揮する・新しいものへの変化

どんな人とも壁を作らずに付き合える博愛精神と公平さを持っています。
古いものを新しいものへ進化させる発想がユニーク。束縛されるのが嫌。一風変わった個性が受け入れられないと人間関係を窮屈に感じてしまう。

ふくらはぎのむくみや循環不良にはマッサージが効果的。いつも足元をすっきり片づけて、足首の捻挫に注意しましょう!

◆魚座 足、リンパ腺 /気持ちを分かち合う・スピリチュアルな感性

愛情豊かで包み込むように優しく、自分のことのように相手の気持ちに寄り添うので時々自分を見失って疲れてしまいます。
相手に尽くすことで自分の存在価値を確かめたいという心があります。

足元は、体の端にあり気が届きにくく冷えやすいところ。足首から膝、太ももと優しく押し上げながらマッサージし、血液やリンパの流れをよくしましょう!

月星座が教えてくれる、自分自身の心も身体も健やかに保つヒントとは?

2回にわたって、牡牛座~魚座までの12星座で読み解く「心と体の関係性」も含めて見てまいりましたが、いかがでしたか?

「心の持ち方や感じ方が体の症状を生み出し、体の症状は心を知らせるサインである」

「月星座」から読み解く心と体の「個性」をしり、
日々の暮らしの中に活用していくと、
日々、ごきげんなこころと健やかな体で軽やかに生きていくヒントになりそうですね

次回は、いよいよ、月星座シリーズ最終回です。

ライタープロフィール

座喜味 みゆき 月よみ師®
ライフステージ*クリエイター
福祉・介護系講師(社会福祉士・介護福祉士)

沖縄県石垣市出身
社会福祉事業に携わり27年。障がい者支援施設・高齢者介護施設等での対人援助職をへ経て、
資格研修講師、求職者向けのキャリアカウンセリングを行う傍ら、スタッフ研修「介護現場が元気になるコーチングコミュニケーション」
をライフワークと定め活動を行う。
物心ついた頃からの対人コンプレックスがきっかけで、心理学、カウンセリング、コーチングと学びを深める過程で『月よみ』と出会う。
現在は研修講師のかたわら、ライフステージに合わせた『キラッと生きる暮らし方』を月の個性でクリエイトする【月よみ*パーソナルセッション】を発進中!
Return Top