月よみ -inner independence-

月の**ホロスコープが表すトライアングルの秘密 * *~輪廻転生で繰り返し出会う、自分の分身とソウルメイト~*

あなたの周りにギクシャクしている人間関係はありませんか?

あの上司のことを考えただけで胃がキリキリ痛い、
お姑さんとどうしてもうまくいかない、
子供がいきなり反抗期になった。

ココロくじけるような人間関係を抱えていませんか?

私たちのストレスは、ほとんどが人間関係からといっても過言ではありません。人間関係さえうまくいけば、バラ色の人生のチケットを手に入れたようなもの。

月のリズムで人との関係性を読み解く「月花占術」で、
あなたの「今までしょうがないと諦めてきた人との関係で抱えるイライラ」
もっと楽になるかもしれません。

6回の連載シリーズ
*「人の悩みは全て人間関係から?はじめての「月花」で押さえておきたい6つのポイント」*

全6回の連載ではお伝えできなかった、でも「更に奥深い月のホロスコープ 月花占術・宿曜」の大事なお話、実はまだまだあります。

【全6回はこちら】
第一回 しょうがないと諦めてきた人間関係をもう一度見直す!「月花占術」ってなに?
第二回 人の隠れた本質がわかる!?自分はもちろん周りの人も調べられる。27の月花を詳しくご紹介(前半ver.)
第三回 人の隠れた本質がわかる!?自分はもちろん周りの人も調べられる。27の月花を詳しくご紹介(後半ver.)
第四回 生まれた日の月の角度が教えてくれる、あなたが楽になる人間関係の6パターン(前半Ver.)
第五回 生まれた日の月の角度が教えてくれる、あなたが楽になる人間関係の6パターン**(後半Ver.**)
第六回 相性が「いい・悪い」を乗り越えるには?月のホロスコープで読み解く夫婦関係の「**傾向と対策」

今日はその番外編①として、因縁のトライアングルについて(鏡・前世・来世の関係)解説していきます。

まずは27種類の花によって表す、月のホロスコープから読み解いたあなたの「月花」、もう調べていただいてますか?
このページから無料で調べられるのですが、この月花を調べると、月花の絵と解説の下にホロスコープが作成されます。

​(ちなみにこれは本日2017年10月1日の月花 「樅」(モミ)のホロスコープです)

このホロスコープ上に現れる(鏡・前世2つ)を結んだ中央のオレンジ色のトライアングル、これは何を意味しているの?というところの解説です。


まずは「樅」のすぐ下に書いてある「鏡」。
例えば自分以外の人を調べた時に、その人も同じ「樅」であればその人とは「鏡」の関係性であるということです。

27分の1の確率、「鏡(命)」の相手

出会う確率は27人中ひとり。同じようなものに興味を持ち、考え方も似ているので、それが縁で出会うことも多い関係です。

そう、まるで鏡を見ているかのような「自分と似た相手」とは、互いに惹かれ合います。
しかし、人間というのは面白くできていて、自分の嫌な一面さえも鏡を通して見ているような感覚から、近親憎悪感を抱いたり、イラっとくるポイントも同じだからこそ、衝突してしまったり。


この関係性は、近すぎると精神的に消耗してしまう…というリスク性の高い相性でもあるのです。
しかし上下関係がはっきりしている場合は、阿吽の呼吸のごとく意思疎通も容易くいく相性となるのかもしれません。
近しい間柄でも、前世からの関わりがあって、今世での役割を『それぞれのフィールド』でやっていく相手と思えば、エールを贈り合って互いを理解し合える素晴らしい関係性となるのです。
鏡(命)の相手は、距離感がとても大切な相手。

それでは続いて、「前世(業・胎)」の相手
これは上の「樅」のホロスコープで見ると、「桃」と「桐」に当たります。

何度生まれ変わっても出会う「ソウルメイト」 「前世(業・胎)」の相手

同性でも異性でも、ずっと前から知ってる感じがする♡なんかわからないけど、この人わたしに尽くしてくれる♡または、なんかわからないけど、この人に尽くしてしまう♡そんな相手はいませんか?

その人は、もしかしたら前世・来世関係の相性を持つ人かもしれません。

この関係性の相手は、ひとつ前の前世や来世だけではなく、輪廻転生の中で何度も何度も出会う相手。
まさに因縁の関係、ソウルメイト的な相手。前世での貸しを返してくれるかのように尽くされる相手と、逆に、まるで未来への貸しを作るかのように尽くしてしまう相手。
でも、そこに「やってあげてる感」「イヤイヤ感」は伴わず、あくまでも自然にそうしてしまう相手です。

ずばり、今世での出会いの意味は「ともに果たす使命」があるから。

たとえ性格や趣味嗜好がまったく違っていたとしても、その先の願いや目的は同じ「魂を磨くこと」だったりするわけです。
今世の魂磨き、一緒にやろうね!そしてまた来世でも出会おうね!というのを、そもそも持っている相手だなんて、素敵ですよね。


いかがでしたか?あなたの身近なひとの中に、鏡・前世・来世関係にあたる人はいましたか?

月花占術の元になっている、宿曜経。そもそもは密教の経典でした。

その宿曜で更に詳細に見ていくと、向かって先ほど紹介したホロスコープの左側の前世はその名の通り「前世」、向かって右側の「前世」は意味合い的には「来世」を意味していると読みます。

仏教で説かれる輪廻転生の考え方から、このトライアングルで結ばれる3つは自分が前世、今世、来世で生きる運命星だと考えます。分身とか、ソウルメイトといった存在です。

それだけ希少な間柄なのでこのトライアングルを意識してみると、自分自身の人生観や運命の分岐点に関わるような関係性を見つける場合があります。


わたしは、22歳の年の差の夫とお姑さんが『来世(胎)』で、お姑さんと同じ年の祖母が『前世(業)』です。
業・胎の恋愛や結婚は、出会ったときから、何か縁深く、最初から相手に運命的なものを感じるのだそうです。
しかしそれは、恋愛という感情というよりは、家族愛とか、神秘的な感覚というような、奥深いもの。

周囲の度肝を抜くような異質なカップルとなるケースが多いそうですが、まさに。
芸能人でもないのにこの年の差婚は、たしかに周りをびっくりさせました。
でも結婚の決め手は、この人の良いところを自分に取り込みたい、この人から学びたい、だったんですよね。

業・胎の別れは互いの魂が成長するためにある、と言われているそうですが、必ず来世でも会える関係性にあるんだと知って、今を過ごすのもいいもんだなぁと思う今日この頃です。

ライタープロフィール

文海(Ayami) 月よみ師®
セラピスト

接客業が好きで、JR九州で13年働くが、同じ接客業でももっと、一人一人とゆっくり向き合う接客をしたいと思い退職。
導かれた先はHawaii。
ロミロミマッサージを学びながら、ハワイの大自然に癒される内、本来の自分に還り、魂の再生を体験。
人のカラダに触れる事は、人の脳やココロに触れるのと同じ事。
自己探求を深める中で、おのころ心平氏のブログがきっかけで月よみ師に。
月よみで得た最大のメリットは、自己肯定感の底上げ。
毎朝、桜島を拝みながらパワーチャージ、毎夜、月光浴をしながらグラウンディングすることが日課。
月フェスinハワイを実現の為、新月の度にオーダー中。
口ぐせは「ハワイ行きたい」
Return Top