月よみ -inner independence-

*月星座**×**太陽星座であなたの体質がわかる!陰と陽の調和でココロのテーマ・カラダのテーマを読み解く〜前半Ver.〜*

月星座を知ることで、「そうそう!こっちの方がしっくりくる!」なんて思った方も多いのではないでしょうか?

そして、それぞれの星座が支配する体のパーツも知る事で、日々のボディケア、
あなた自身の月のボディケアもわかり、毎日のセルフケアが楽しくなってきている頃でしょうか?

だけど、こんなことありませんか?「不調を感じる部分はいつも一緒」、「ストレス過多になったら毎回同じ症状が出る」…

疲れが溜まったときのカラダからのサインがいつも一緒のことってよくありますよね?
それってご自分の月星座と太陽星座が関係しているかもしれませんよ。
ならば、月の星座、太陽星座の調和によるあなたの体質も知ることで、ココロとカラダのケアがさらにパワーアップしますよ!

ちなみに、月星座・太陽星座の基本的な内容については
連載「*今更聞けない!「月星座」のキホン、6つのbasic lesson*」でもご紹介しています。
【全6回はこちら】
1回目:知っていますか?星座は夜空に一つしかないはずなのに、「太陽星座」「月星座」があるワケ
2回目:月星座が教えてくれる、貴方の本質の鍵は生まれた年と時間と場所にある?!
3回目:「星座」にだって人と同じように性質、性格がある!では、あなたの星座の性質は?
4回目:星座=運勢占いだけではなかった!月星座では女性の体や心のケアのタイミングがわかる【牡羊座ー乙女座編】
5回目:星座=運勢占いだけではなかった!月星座で女性の体や心のケアのタイミングがわかる【天秤座ー魚座編】
6回目:太陽と月の関係でわかる!あなたの心と身体のテーマ

太陽星座4グループ×月星座4グループ別体に影響を及ぼすと言われる性質

12星座は4つのグループに分類されています。
あなたの月の星座、太陽星座がどのグループで、どんな性質を持っているのか確認しましょう。

「火」のグループ:おひつじ座、しし座、いて座
・性質:熱性、炎症性、熱を持った痛み、ほてり

「地」のグループ:おうし座、おとめ座、やぎ座
・性質:硬い、冷たい、沈殿、圧縮、固形

「風」のグループ:ふたご座、てんびん座、みずがめ座
・性質:乾燥、神経、移動、あちこち、動き回っている

「水」のグループ:かに座、さそり座、うお座
・性質:冷え、体液の蓄積、滞り、むくみ、うっ血性、血流、リンパ

これら4つのグループを掛け合わせると16タイプの体質が生じます。
内側のあなた、外側のあなた。


4つの分類は月の星座も太陽星座も同じです。月が内側の自分、太陽が外側の自分で見ていくと、

例えば、月の星座が「おひつじ座」で、太陽星座が「おとめ座」の場合、
内側:月の星座【おひつじ座:火のグループ】
外側:太陽星座【おとめ座:地のグループ】
となり、この人の体質は「火」×「地」となります。

内側に「火」を秘めていて、外側に「火」「地」「風」「水」をまとっている人・・・

同じく、
内側に「地」×外側に「火」「地」「風」「水」
内側に「風」×外側に「火」「地」「風」「水」
内側に「水」×外側に「火」「地」「風」「水」

というように、月と太陽の調和により、16のタイプが生じます。

​​今回は16タイプの体質のうち、
内側に「火」×外側に「火」「地」「風」「水」
内側に「地」×外側に「火」「地」「風」「水」
の8タイプの体質をお伝えします。

残りの8タイプはその2でお伝えいたしますので、少々お待ちくださいね。

体質1:「火・怒り」×「火・情熱的」
・定期的に運動をして熱を放出していないと内側に熱がこもり、周期的な発熱や急性炎症に…。
◇高熱、急性炎症に注意

体質2:「火・怒り」×「地・計画的」
・内側の情熱を消化し、理解し、形にすること。モチベーションが続くように計画化、日程化、ルーチンワーク化する工夫をする。
◇消化器系の炎症に注意

体質3:「火・怒り」×「風・行動的」
・湧き出るアイデアを言葉にし、広く伝達する能力を磨く。一箇所に閉じこもっているとカラダの調子を崩す。
◇神経炎、感覚器炎症に注意

体質4:「火・怒り」×「水・調和的」
・「火」と「水」で拮抗し、お互いが消し合う関係なので葛藤を抱えやすい。
◇自己免疫疾患に注意

★体質1~4のココロのテーマ・カラダのテーマ★
ココロ:内側の「イライラ・怒りの炎」のコントロール。
抑圧された怒りや自由の束縛が神経系に、または考えが実行に移せていないことが代謝系に影響。

カラダ:熱の調整、内側にこもった「熱」のエネルギー化。
ニキビ、偏頭痛、高血圧、背中の痛み、ヘルペス、座骨神経痛、こむらがえり、腰痛など。

体質5:「地・心配」×「火・情熱的」
・めったなことでは怒らないが、根は火山の様な人なので、一度噴火したら手がつけられない。
呼吸が乱れやすく、回数が多くなりがち。
◇下痢、出血性疾患に注意

体質6:「地・心配」×「地・計画的」
・見た目に落ち着いている。現実主義の「グラウンダー」。忍耐強い反面、頑固。
◇便秘、神経麻痺に注意

体質7:「地・心配」×「風・行動的」
・慎重さと好奇心とは相反する要素なので、時々頭が混乱してしまう。
心配であるがゆえに情報を集め、またその情報に左右される傾向がある。
◇関節炎、首と腰の疾患に注意

体質8:「地・心配」×「水・調和的」
・自在に自分の姿を変え、相手を思いやり支えてあげる強さがある。
ただ相手の領域に入り込み過ぎるとやりすぎてしまい、自分の足場も見えなくなる。
◇生殖器系の疾患に注意

★体質5~8のココロのテーマ・カラダのテーマ★
ココロ:内側の「迷い」「心配・不安」のコントロール。
慎重になりすぎチャンスを逸する、執着心と強い承認欲求がカラダに影響。

カラダ:「季節の変わり目適応」「足元・骨格」を機能させる。
のどの痛み、口内炎、メニエール、うつ傾向、腸への感染症、リウマチ、インフルエンザなど。

どうですか?「そういえば…」と思い当たる節や納得できることもあるのではないでしょうか?
こんな風に月星座と太陽星座の組み合わせによってご自分のココロとカラダのテーマがわかると、
日々のセルフケアも単調にならずにその日その時の状態を見ながらできますね!

私のオススメは、足の裏をよ~く揉むことです。

足の裏はカラダの縮図です。ご自分の月星座と太陽星座が支配するカラダの反射区、その月の太陽星座、その日の月の星座の反射区を毎日寝る前に感謝の言葉を添えながら揉んであげます。

そうすると、血流は良くなるし、内臓も元気になるし、ぐっすり眠れるし、ほっこりできるし、月のリズムにバッチリ乗れますよ!


月を味方にするココロとカラダのケア、あなたも是非試してみてくださいね!

ライタープロフィール

野崎順子 月よみ師®︎
大阪市出身、1977年9月生まれ。

大阪を中心にヨガ・ピラティスのインストラクター、おまたぢから®︎生理トレーニング®︎講座、自宅で足つぼサロン・セルフケアセミナーなど、
女性の不調を生活習慣を見直すことから意識する活動をしている。

ヨガを通してココロとカラダの繋がり、陰と陽、月と女性の繋がりを実感する中、おのころ心平に出会い、月よみ師®︎に。
月のリズムを知り月を味方にすることで、女性が女性らしく、本来の優しさや美しさ輝きを素直に自由に表現できる世の中になることを目指している。

趣味は学びを深めること、ヨガ・ピラティス・太極拳などでココロとカラダを清めること。
和風モダンな雰囲気が大好き。
Return Top