月よみ -inner independence-

中秋と仲秋は別!?本日、一年に一度の「中秋」の名月を観るために。

月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

表題の和歌はよみびとしらずの和歌ですが、なんと「月」が8つも入っています。
一説には中秋の名月に宮中で女官たちによって唄われたものだと言われています。

和歌といえば有名な小倉百人一首。
100人一首のうち、月の歌はなんと11を数えます。
それだけ古来から日本は月を観て、感じ、それを表現してきた歴史を持っているのです。


テレビもない、パソコンも、スマホもない。
そんな秋の夜長を月を眺めて過ごしていた人たちをして言わしめた
「月みる月はこの月の月」

中秋の名月は本日10月4日です。

ちなみに、「仲秋」と「中秋」というのは意味しているものが違うのはご存知でしたか?

「仲秋」・・・秋を初秋(旧暦7月)、仲秋(同8月)、晩秋(同9月)の3つに区分した場合、旧暦8月全体を指す
「中秋」・・・旧暦八月十五日のみを指す。2017年は今日。

ただ、中秋の名月・仲秋の名月となると、同じ「旧暦八月十五日夜の月」を指すそうです。

日本各地で今日月を観るには?

札幌では16:41
東京では16:42
名古屋では16:53
大阪では16:59
福岡では17:19
沖縄では17:27

が月の出の時刻と言われています。


実際には暗くなってから本格的に美しい月が眺めることができます
今から何時間後かと思うとドキドキしてきますね。

次に気になってくるのはお天気です。
ここに天気予報も載せてしまおうかと思いましたが、最近は天気の変化も激しいので、
みなさまぜひ今日これから当日の天気をチェックしてください!
https://weathernews.jp/map/

この日の月を観るために日本各地で今日もイベントが。

観月祭というのが夏の終わり頃から全国各地で開催されています。

本日10月4日当日に目を向けても、
旧嵯峨御所 大本山 大覚寺では空を見上げれば煌々と、目を落とせば静かな水面に映る月を楽しむ、「観月の夕べ」が。


長崎新地中華街では、中国の三大節句中秋節を祝って、1000個の満月灯籠が灯る幻想空間、「中秋節」が。
関東有数の温泉地である、湯河原では、お月見をしながら湯河原温泉の風情が楽しめる「観月会 十五夜の宴」が。
他にも、日本全国で月を眺める宴が執り行われます。

旧嵯峨御所・大覚寺にある大沢池は日本最古の人工の池と言われています。この池は、嵯峨天皇が「観月のためだけに」中国の洞庭湖をモデルに作ったと言い伝えられています。

月を観るためだけに池を作るなんてすごいですよね。
他にも、京都は今日も各地で「観月祭」行われるようです。
(参考サイト 中秋の名月 ~観月祭~ | 京都観光情報 KYOTOdesign

日本人の月の眺め方は昔から様々。

一方で、お家でのお月見というのもまたいいですね。
月見団子を作って、家族全員で。
なんていうのもいいかもしれません。

月よみ師オススメの子どもと一緒に過ごす中秋の名月の過ごし方もご紹介しています。
http://tsukiyomi-magazine.com/2017/10/03/post-2531/

それ以外にも、誰にも気を使わず一人で月光浴をしながらもよし。
大好きな人と年に一度の十五夜を過ごすのもよし。

 


もし雲に隠れがちだったとしても、雨で見えなかったとしても、まん丸のお月様を観るだけが日本人の「観月」ではありません。
様々な過ごし方があっていい。

しかしもし観られるならば、是非、今日の夜は一度でいいので夜空を見上げ、あなただけのお月見を楽しんで観てはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

中野由美
「一人の女性を応援することで、
その何倍もの人同士の出逢いが広がる。
その出逢いが人生の宝物となる」
をモットーに、
女性の個人起業主をサポートするWEBライター。

千葉県生まれの埼玉県育ち。
趣味はパソコンで猫の動画を見ること。
好きなものは、酒の肴になるもの、スマホの新機種、蛯原あきらさんのイラスト。

現在1児のシングルマザー。
Return Top