月よみ -inner independence-

10月6日・牡羊座満月の過ごし方

本日、牡羊座満月。
皆様いかがお過ごしですか?
牡牛座姫の日菜です。

9月23日の秋分と共に、太陽は天秤座に。
10月10日には、およそ1年をかけて
移行する幸運の星、木星が蠍座に入ります。

獅子座期に見つけた自分らしさ、好きなコト、
自分が輝く特性を磨いていく時期。
それらを掘り下げていく1年の始まりです。

牡羊座満月の今日は、
これからについて、考えてみましょう。

牡羊座はスタートダッシュ…じゃない?

12星座のトップバッター牡羊座と言えば、
はじめる、1番、生まれる、勢いなど、
エネルギーを放出するイメージの星座です。

満月も、光り輝くエネルギー、行動、
という印象があるかと思いますが、
今日の満月は、スタートをする前…
これから半年、一年活動する為の
手放しに力を使いましょう。

先日、中秋の名月を迎えた事もあり、
今時期の満月は豊穣を感謝したくなります。
そう、満月は感謝と手放しの日です。

【貴方の本当の願いは何?】

何度となく、このフレーズを
口にしてきた私ですが、
皆様は、みつかりましたでしょうか。

問いかける程に、少しずつ、
玉ねぎの皮を向くように、自分の本質に
近づいて来たのではないでしょうか。

それが月の自分です。

しかし、それで終わってはいけないのです。

太陽の自分を輝かせる。

このWEBをご覧の皆様は
ご自身の月星座×太陽星座はご存じですよね?

わからない、と言う方は、
今一度、コチラでチェックしてみて下さい。
月星座×太陽星座チェック

私は月よみ師なので、
月の自分を大切にしている考えですが、
【太陽の自分は、もっと大切だ…】
とも思っています。(また爆弾発言ですが。)


何故なら、太陽星座は社会的な自分。

ここは地球で、私たちは人間で、
社会…他人と溶け込まなくては、
生きてはいけないからです。

ここで注意しなければならないのが、
自分の月星座の特性を知っておく=
自分らしさ、自分がどう生きたいのか、
ミッションを実感した前提で、社会と調和する、と言う事です。

自分らしさを抑圧しながら、
感情を抑え生きる人も多い、現代社会。
そんな事では、本来の自分らしさなんて、
わからなくなってしまっています。

だから、隠れてしまった才能、自分らしさ。
月の自分を再確認するのです。

自分らしさを取り戻したのなら、
今度は《太陽の今世》を生きるのです。

私が提唱する【月よみ】は【私と貴方】がテーマ。
自分を知る事、満たす事は大事ですが、
自分らしくと言っても、人の意見を聞かず
ワンマンになる、自分を押し通すのではありません。

それは乙女座の次の、天秤座が象徴する
【調和】へと繋がっていくのです。

牡羊座満月の過ごし方。

今後1年を通して、自分の好きな事や才能を
掘り下げ、社会に還元していくに当たり、
手放すもの、残したいモノ、
自分の望みを再確認するのに良い日です。

願いを叶える事を邪魔しているのは…

怖れ?プライド?固執した考え?
かかえきれない程の仕事?
変わらない人間関係?
クローゼットに入らない程のお洋服?

見たくないかもしれませんが、
ここをクリアにしないと、堂々巡りです。
せっかくの1年を棒に振る訳には行きません。

恐らく、何かしらサインは出ているハズです。
既に、手放しを余儀なくされているかもしれません。

どうやっても結果が出ない事や、
進展を阻む要因や思考、感情などは
必要のない事かもしれません。

この際、感謝と共にスパッと手放して、
次のステージへ進みましょう。

今夜の月に、感謝の想いを馳せながら。
新しい運気の波は、もう近くまで来ています。

ライタープロフィール

日菜 月よみ師®
美容家歴年19年。
卵巣嚢腫の手術を経験後、整体師に転身。
北海道函館市にて、地域初の整体、エステ、ダイエット等
複合美容サロンを13年経営。
最先端美容機器から自然療法まで、栄養素、
アロマ、フラワーエッセンス…時代に先駆けた施術を展開。

東京 池袋に拠点を移し【牡牛座姫】の愛称で、
《自分らしく幸せに生きる》
をコンセプトに、セッション・講座を行う。

ベストボディジャパン全国出場、入賞多数
オシャレと猫好きの調理師。
様々な顔を持つ、新月当日生まれのアラフォー。

特技:ソウルメイトの引寄せ
月やせ、月LOVE、月ごはん
Return Top