月よみ -inner independence-

日頃意識しないあなたの「手」、満月の日に感謝の言葉を伝えよう

あなたの手に 「ありがとう」 といったことがありますか?

指に作った小さな傷
手先を使う時には、意外に痛くていつものように動かせない。
「この指も使っていたんだな….」なんて。
普段は意識をしなくても不便さを感じて気が付くことって、ありますね。

あなたと同じように、「手」も頑張っている

人は生活の仕方によって手の使い方は様々ですが、ほぼ一日中手を使っています。

同じ手であっても、その働きは用途に応じて幅広く機能してくれます。
複雑な動きで繊細な作業をこなすこともあれば、
重いものを運ぶ時や力が必要な時の役割をこなしてくれます。

同じ作業が続くことによる疲労、
日焼けや水仕事による乾燥や冷え、
働く手は厳しい環境に晒されることも多いものです。

手が感じること

手はとても繊細な感覚を持っています。
手触りは、その物の情報を私達に伝えてくれます。
わずかな温度差、1グラムの重さの違いを感じたり、
柔らかさ、動き、質感、など
測ることのできないような事を捉えたりもします。

人と握手をしたり、手を繋いだり、または何かに触れる時、
言葉の代わりとなり、あなたの思いを伝えることもありますね。

 手は全身の縮図

手と指には全身の各部位に対応する神経のツボがあります。
消化器、呼吸器、心臓、頭、首、腰などの全身の部分が、
反射区として表されています。

また「外部の脳」や「第2の脳」などと聞いたこともあるのではないでしょうか。
手先を良く動かすと、脳は刺激を受けて神経の回路を増やし活性化されていく。
手は全身、脳と大きく関係しています。


現代はパソコンやスマホ、タブレットなどによる疲労を感じる人が大半です。
手はもちろん、目が疲れる。
目の酷使から身体全体が緊張して肩こりが辛い!
そんなときは、ハンドトリートメントがお勧めです。

ハンドトリートメントは、血行を促進し、手の各ゾーンが刺激されることで
身体の緊張が和らぎます。
体内の循環が良くなり、脳や筋肉がリラックスする。
そして手が緩むことでココロも緩むのです。

 新月には願いを。満月には感謝を!

11月4日の月フェスにて、「月花ハンドトリートメント」を行います。
和のアロマでハンドトリートメントをしながら、
月花占術における月花を参考にカラダとココロを緩めます。

触られて初めて自分の疲れや緊張に気が付くこともあります。
毎日が忙しくて、自分のカラダを労われない。
手のケアなんてする暇がない。。。

そんなあなたにこそ、
ハンドマッサージを受けて自分と向き合う時間を持って欲しい。
おうし座満月の月フェスで、
いつも頑張っているあなたの手に「ありがとう」を伝えましょう。

月フェスのイベント内容をさらに詳しくみる

ライタープロフィール

naoko 月よみ師®
AEAJアロマテラピーインストラクター
AEAJ アロマセラピスト

東京生まれ、関西育ち。
現在は千葉県流山市在住。

仕事が自分の中心で、心身共にストレスを抱えていた30代後半は、
整体、カイロプラクティス、オステオパシー、アロマトリートメントなど
に駆け込む日々。

一人目出産後に、アロマセラピストの資格を取得。
サロンで働くが、二人目妊娠・育児に全力投球するあまり、自身のバランスを崩す事に。

宇宙の流れが氣になっていた頃、ツキヨミ塾(現月よみ塾)に出逢い、
「月との繋がり」に魅せられる。
「月よみ」がもたらす、その人らしい広がりを一緒に見つけ、深めていく事を信条として活動を行う。

アロマや直傳靈氣を活用し、生活に月のリズムを取り入れる事で、
子供達と月を見上げる生活も手に入れる事に。
Return Top