月よみ -inner independence-

優しくて真面目な人が陥りやすい思考の鎖。「肩甲骨」を月のサインで緩めると心も体も軽く自由に!

身体と心が繋がってること、みなさんご存知ですよね。
ならば、その、少しでも軽くしたい心は、身体を緩めることからもアプローチ出来ますよ。

例えば
「自分の周りの人がしんどい状況になると、自分まで深く落ち込んでしまう」
「周りの人の喜ぶ顔が見たくてつい無理をしてしまう」
「周りに迷惑をかけたり、非常識な人を見ると無性に腹がたつ」
以前にした自分の失敗にとらわれてなかなかやりたいことにチャレンジできない」

こんなことってありませんか?

言っていることの正しい正しくないはさておいて、
こう言ったときの本人の受け取るストレスというのはあなたが思う以上に身体に影響を与えるものです。

こう言った気持ちは理屈でどうにかしようと思っても難しいですよね。

もし身体からアプローチすることで、こう言った自分の気持ちを優しく癒すことができるとしたら、試してみたいと思いませんか?

その時にポイントの一つになるのが、実は肩甲骨。

肩甲骨は日常生活の中で、姿勢の悪さや、身体の使い方の癖の影響を受けやすいパーツです。
同時に心の状態も非常に現れるパーツでもあるのです。


例えば、精神的ストレスなどで身体前面から腕にかけての屈筋という強い筋肉が緊張し、引っ張られることにより、猫背の姿勢が習慣化してしまうこともあります。

リラクセンスボディセラピーという、身体に寄り添う方法の施術を行うなかで、その人の人となりが身体に現れているな。というのも強く感じています。

人の幸せまで自分の責任だと感じてしまう優しい人は、肩甲骨がうまっています‥。

自分や人に厳しくて許せない気持ちを抱えた人は、肩甲骨がサビついています‥。

はい。私調べでございます(笑)

でも、心当たりのある方、たくさんいるんじゃないですかー?

そんな方は「肩甲骨はがし」で検索すると、セルフケアの方法がたくさん紹介されていますので、自分に合うものを見つけて続けてみると、変化を実感できますよ。
「肩甲骨はがし」なんて、こわい名前だけど心配するようなことはしないので、ご安心を。

セルフケアもいいけど、人からしてもらう幸せってのも知っちゃってる人、又は知りたい人はこちら。

「11/4 月フェス」
ふたご座新月生まれの月よみ師®︎ みえこによる、肩甲骨ゆるゆる体験ができちゃいます。

題して「天使の羽根を手に入れる」


各星座ごとに支配する身体のパーツがありましたね。

詳しくはこちらの記事
星座=運勢占いだけではなかった!月星座では女性の体や心のケアのタイミングがわかる。【牡羊座ー乙女座 編】
星座=運勢占いだけではなかった!月星座で女性の体や心のケアのタイミングがわかる。【天秤座ー魚座 編】

そう。
ふたご座は、肩、腕、肺、肩甲骨‥
肩甲骨なんです!
(記事の中では上半身の対になったところ、という表現ですがもちろん肩甲骨も含みます)

月のサインがふたご座の期間に、これらのお手入れをする事は、他の期間に行うよりもより効果を実感できます。

月フェス当日は、月のサインは「おうし座」ですが、次の日の11/5 19:26「ふたご座」に移動しますので、
前の星座の影響を反映しながら移動する月の性質上、きっと、軽さを覚えた肩甲骨はそのまま自由を取り込むでしょう。

肩甲骨は「ふたご座」に月を持つ私の、もっとも注目する、得意なパーツです。

また、ふたご座はコミュニケーションも得意とします。

施術中、両手はふさがっていますが、口は空いています(笑)

リラクセンスの施術と同じく、寄り添ってお話しを聴きますので、あなたの抱え込んで手放せなかった想いも、《話す=放す》で手放しましょう。
身体が緩むと、心も緩んで、普段は話さないようなことまで、ポンと口から出てきてしまうかもしれませんよ〜。

軽くなった心と身体で、満月の日に受け取るべき『感謝の気持ち』を、余すことなく受け取りましょう。
(11/4 月フェス当日は、なんと満月です)

また、目をつぶって自分自身と会話して、なりたい自分を強くイメージするのもオススメです


月フェスは20以上のセッション・無料ワークショップが!その詳細をみる

ライタープロフィール

星野未詠子(みえこ) 月よみ師®
新潟市 からだリラ主宰(2015.4より)
リラクセンスボディセラピー リラクゼーションセラピスト
月の自分が腑に落ちる経験をした事で他者への理解が深まり、人間関係においても楽な考え方を選択できるようになった事をきっかけに月よみの世界に。

20年以上事務の仕事をしながら家事、育児、介護に追われる中
30代後半で卵巣嚢腫、甲状腺がんを経験。
そこで初めて、今まで我慢をし続けていた事に気付く。

この経験から
体と心を緩めることの大切さを知りセラピストとしての活動を開始。
1人何役もこなしながら頑張る女性にもっと楽に、幸せを感じて欲しい
との願いを込めて活動中。
公園、足湯で本を読むのがお気に入り
Return Top