月よみ -inner independence-

月と足裏が教えてくれるあなたのココロとカラダのテーマ。家で簡単にできるセルフケアをご紹介!


前回の月星座×太陽星座の16タイプの体質、もう確認されましたか?
まだの方はこちらをご覧ください。
月星座×太陽星座であなたの体質がわかる!陰と陽の調和でココロのテーマ・カラダのテーマを読み解く〜前半Ver.〜
月星座×太陽星座であなたの体質がわかる!陰と陽の調和でココロのテーマ・カラダのテーマを読み解く〜後半Ver.〜

なんでいつも同じ不調が起こるのか?参考になっていたら嬉しいです^ ^
私のオススメは「足の裏をよ〜く揉むこと」とお伝えしましたが、今日はさらに具体的な揉み方をご紹介します。


ちなみに、ご自分の月星座を知らない方はこちらでご確認ください。

〜月星座×太陽星座の16体質〜
「火」のグループ×「火・地・風・水」
「地」のグループ×「火・地・風・水」
「風」のグループ×「火・地・風・水」
「水」のグループ×「火・地・風・水」

あなたの体質はどれでしょう?

私の場合だと、月星座「ふたご座」×太陽星座「おとめ座」なので「風×地」です。
内側に「風:孤独」外側に「地:計画的」の体質は、「自律神経失調症」に注意なんです。

今回はこの自律神経失調症のセルフケアをお伝えしますね。

自律神経失調症はココロとカラダのバランスが崩れてしまうことで起こる疾患ですよね。
なかなかはっきりとした原因がわからなかったりもします。

人によっては、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しいなどの症状が表れます。

自律神経は全身の器官をコントロールしていて、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたし、さまざまな症状が出るそうです。
そして、自律神経のバランスが崩れるのには、いろいろな原因が複雑にからみあっているとも言われています。

気づかない場合が多くて、気づいた時には深刻になっていたり、慢性的になっていて、不調とも思わず「体質」と勘違いしてしまいがちですよね。

だからこそ、日々のセルフケアなんです!

自律神経失調症の場合は、
腎臓、輸尿管、膀胱の反射区と、脳の血流を良くする足指全体(特に親指は大脳なので念入りに)、様々な解毒や仕分けをしてくれている肝臓の反射区をよ~く揉んであげましょう!


腎臓、輸尿管、膀胱は足裏をケアする上でとても重要なので、どんな症状の場合も刺激すると良い部分です。

指の部分は、つまようじを数本束ねたもので指の腹をまんべんなく押しておくと、つーんとした刺激がクセになります(先端でも柄のほうでもお好みの刺激を味わってくださいね)。
そして、手の指を足の指に交互にはめて、手の指で足の指をぎゅーっと挟んだままチューブを絞り出すようにずらして最後に「すぽっ」と手の指を抜いてください。痛いけど、めっちゃスッキリしますよ~。

肝臓は、上からしたへごりごり・ブチブチを削るようにすると良いですよ。

セルフケアをした後は、たっぷりのお白湯を飲んでくださいね。
ものの10分~15分でいいので続けると、ぐっすり眠れます。

このほか、16の体質別の足裏セルフケアを「月フェス」当日に行わせていただきます。
月星座×太陽星座の16体質のそれぞれの不調が出やすい部分をまずは知っていただきます。
そこに対応する足裏の反射区を刺激して不調を予防・または症状が出始めた時にケアすることで最小限の症状で抑えることができるようになります。
足つぼ棒や家にある物で毎日楽しく続けられるように、簡単だけど効果のある方法をお伝えしていきます。

他にも、月よみ師®︎の月にまつわるセッション・ワークショップがある月フェスの詳細がわかります。

ライタープロフィール

野崎順子 月よみ師®︎
大阪市出身、1977年9月生まれ。

大阪を中心にヨガ・ピラティスのインストラクター、おまたぢから®︎生理トレーニング®︎講座、自宅で足つぼサロン・セルフケアセミナーなど、
女性の不調を生活習慣を見直すことから意識する活動をしている。

ヨガを通してココロとカラダの繋がり、陰と陽、月と女性の繋がりを実感する中、おのころ心平に出会い、月よみ師®︎に。
月のリズムを知り月を味方にすることで、女性が女性らしく、本来の優しさや美しさ輝きを素直に自由に表現できる世の中になることを目指している。

趣味は学びを深めること、ヨガ・ピラティス・太極拳などでココロとカラダを清めること。
和風モダンな雰囲気が大好き。
Return Top