月よみ -inner independence-

2017年もあと2か月。心地よく今年を締めくくる為に、月のリズムを使って今から出来ること〜11月の月よみ予報〜

10月も明日で終わり。気温が下がり、だんだんと冷え込んできましたね。
今年も残り2か月となりました。「残り2か月。。。私にとって良い年だったかな。。。やり残したことはないかしら」
年末を意識すると、少し落ち着かない気持ちになる人も多いのではないでしょうか?そして「とにかく忙しい!あっという間に今年も終わってしまいそう~!!」
振り返る余裕もなく、毎日がいっぱいいっぱいだとしたら、
それはきっと責任感が強かったり、物事に対して真摯に取り組んでいる人だからだと思います。そんなあなたにおすすめしたいことがあります。
ほんの少し視点を変えてココロにゆとりが生まれたら、慌ただしさが充実感に変わるかもしれません。


あなたの予定を書き込むカレンダーやスケジュール帳の11月、
「月」とあるように、暦は月の満ち欠けを基に作られたのですね。
月のリズムを知って、ぜひ生活に取り入れてみてください。
月を意識し生活のリズムが整うとツキも手に出来そうです。

お月さまのスケジュール

月の満ち欠けと 月星座

11月 1日 十三夜             15:42おひつじ座
11月 3日                         18:46おうし座
11月 4日 満月(14:23)
11月 5日          19:26ふたご座
11月 7日<立冬>              19:44かに座
11 月 9日                         21:29しし座
11月11日   下弦( 05:36)
11月12日                        01:41おとめ座
11月14日                        08:26てんびん座
11月16日                        17:19さそり座
11月18 日  新月( 20:42)
11月19日                        03:59いて座
11月21日                        16:41やぎ座
11月22日<小雪>
11月24日                        05:14みずがめ座
11月26日                        17:04うお座
11 月27日 上弦 ( 02:02)
11 月29日           01:30おひつじ座

月は地球の周りを回りながら、太陽の光を反射していますね。
その反射の角度を、「満ち欠け」として私達に見せてくれています
またその月の向こう側には、どんな星座があるのか、それが月星座となります。

月の満ち欠け4つのリズムを見てみましょう

10月28日上弦瞬間以降~11月4日満月瞬間まで≪満月(+)期≫

左半分が欠けた上弦の月から、満月に向かって月は満ちていきます
この時期は吸収力が高まります。草木も栄養を吸い上げ上へと延びる時。
食べることに意識を向けましょう。
カラダに良いものを取る。消化に気をつける。一口目は30回噛む
唾液分泌のため耳下腺をマッサージするなどがおすすめです。

11月4日満月瞬間以降~11月11日下弦瞬間まで≪満月(-)期≫

満ちた月から徐々に欠けていきます。満たされたものを分け与える時。
草木は枝葉を広げます。血液循環を意識しましょう。
運動をする。いつもより多く歩くことがいいかもしれません。
また感謝を言葉にする、「ありがとう」を大切に。

11月11日下弦瞬間以降~11月18新月瞬間まで ≪新月(-)期≫

半分となった月は新月に向かいどんどん細くなっていきます。排泄、浄化の力が働きます。
カラダに溜まったもの、ココロに溜まったものを出すことに意識してみましょう。
断捨離もおすすめです。

11月18日新月瞬間以降~11月27日上弦瞬間まで≪新月(+)期≫

真っ暗なピークから月が反射し始めて半月に向かいます。見えないところからのイメージング。
パーソナルスペースが大切になります。自分だけの時間を心がけて下さい。
ゆったりとした呼吸空間がキーワード。呼吸に意識を向けて整えましょう。

11月27日上弦の月からはまた満月+期になります。

ピンポイントで月のリズムを押さえる、11月の「月トピックス」

1日は、「十三夜様」

旧暦の9月13日がこの日にあたります。
中秋の名月、十五夜に次いで美しい月とされ、十五夜とセットでお月見をしたそうです。
この時期にとれた栗や豆をお供えしたので「栗名月」「豆名月」などとも言われます。
日本らしい季節感が現れていますね。


4日は、「おうし座満月」

五感のセンス、美意識がひかるおうし座を背景にした光り輝く満月
この日、品川にて「月フェス」がありますよ!
月の専門家によるトークに加えワークショップやセッションなど月に浸れるイベントです。
あなたの生活に煌めく何かをつかめるかもしれません。
ぜひ足を運んで下さいね。

月フェス →http://naturalhealing-school.org/archives/2129

6日は、月の近地点(361438km)

月は地球を中心として楕円を描いて回っていますが、11月では最も地球に近づきます。
来月は満月の日にさらに近づいて、来年1月2日にはスーパームーンになりますよ。

18日は、「さそり座新月」

さそり座のエネルギーをまとった新月。
内に秘めたエネルギー、一点集中、突き詰める 鋭い洞察力を意味します。
自分が本当に願う事を深く見つめるのにふさわしい。
「新月に願いを」あなたの願いを紙に書き出してみましょう!

また、この日しし座流星群が見ごろとなります。適した時間は01時から明け方4時頃。
光のない新月は星を観測するには好条件です。
願いごとをしながら流れ星を待つのも素敵ですね。


27日は、「うお座上弦の月」

太陽の光の反射角が90度、ちょうど半分となる上弦の月。
満月へ向かうエネルギーは引き寄せやシンクロを意味します。
うお座の上弦の月となるこの日、直観力も増しそうです。

ぜひリラックスする時間を持ってください。
うお座は水、足もキーワード。バスタイムでふくらはぎのマッサージがおすすめです。
どんな引き寄せが起こるのか、楽しみです。

二十四節気は太陽のエネルギーを取り込む暦

月は内なる自分を表すもの、太陽は外側の自分であり、目指すものと言われます。
二十四節気は一年の太陽の動き(黄道)を24等分した季節の暦です。
農作業においても計画を立てる為に使われてきました。7日 立冬(太陽黄経225度)季節の大きな節目、冬の始まりです。来年への種まきを始まる時でもあります。22日 小雪(太陽黄経240度)日差しが弱くなり冷え込みも厳しくなります。紅葉の頃。
日々の暮らしの「目の前のやるべきこと」に追われるだけでなく、計画を立てる。
全体を俯瞰して見ると良いとされます。そしてこの日は太陽星座が射手座に移ります。
季節を感じ、太陽のエネルギーも味方につけてください。

11月空気も冷たく澄んできて、夜空もキレイに見える頃~海王星の逆行終了

22日は6月16日から逆行していた海王星が順行へと方向転換する日でもあります。
海王星は奥深くに眠る深層心理、スピリチュアル、アート、音楽、奉仕などを表します。
水星のようには、あまり影響を受けにくいと言われていますが、転換のタイミングは
潜在能力や神秘的な能力を開放したり、イメージしたものが現実と結びつきやすくなりそうです。
月と星座と惑星と、その位置関係は刻々と変化していきますが、
月のリズムは同じように繰り返します。
ぜひ、空を見上げてみてください。
いつもあなたの頑張りを見守って応援してくれているばずです。

ライタープロフィール

naoko 月よみ師®
AEAJアロマテラピーインストラクター
AEAJ アロマセラピスト

東京生まれ、関西育ち。
現在は千葉県流山市在住。

仕事が自分の中心で、心身共にストレスを抱えていた30代後半は、
整体、カイロプラクティス、オステオパシー、アロマトリートメントなど
に駆け込む日々。

一人目出産後に、アロマセラピストの資格を取得。
サロンで働くが、二人目妊娠・育児に全力投球するあまり、自身のバランスを崩す事に。

宇宙の流れが氣になっていた頃、ツキヨミ塾(現月よみ塾)に出逢い、
「月との繋がり」に魅せられる。
「月よみ」がもたらす、その人らしい広がりを一緒に見つけ、深めていく事を信条として活動を行う。

アロマや直傳靈氣を活用し、生活に月のリズムを取り入れる事で、
子供達と月を見上げる生活も手に入れる事に。
Return Top