月よみ -inner independence-

もう幹事さんだけが頑張るパーティーは卒業!4タイプ別の才能の活かし方で、楽しいパーティーにツキを呼ぶ

そろそろ、年末の忘年会やパーティーの準備が始まりますね。
幹事役、つらいなと感じていませんか?
パーティーを企画したいけれど、何だか大変そうと足踏み状態になっていませんか?月よみはそんなあなたの味方です。

みんな、役割を持って生まれてきました

幹事だから、主催者だから…と全部一手に頑張らねばならない!と考えていませんか?
もう頑張らないで!月の役割分担を活用してください。月よみでは、大きく二つのタイプに分けます。

イメージングが得意なタイプと行動力に長けているタイプ

なので、

イメージングが得意なタイプとは、
「あのお店よさそうじゃない?」「今年の宴会芸、○○やろうよ」と提案したり、会全体に気を配り、見守ってくれる人。

行動力に長けているタイプとは、企画を形にしてくれたり、当日もノリで盛り上げてくれる人。

あなたの周りに、それぞれのタイプにぴったりの人が浮かんできませんか?

あなたは、新月人?それとも満月人?

こちらから調べてくださいね。

その2タイプから更にその人の特性を見るために4タイプに分けてみましょう。新月人にも+とー、満月人にも+とーが出てきたと思います。

新月人(+)ワクワクを考え出す企画部
満月人(+)忘年会という目標に向かって形づくる制作部
満月人(-)忘年会を盛り上げてくれる営業部
新月人(-)全体を通して、流れを把握できる総務部

といった感じでしょうか。

一人一人の得意技をうまく活かして、みんなのココロもカラダも喜ぶパーティーにしましょう。

かつて、私が月よみ師養成講座で神戸に通っていたころのお話をしますと、
前泊組の3人組
新月人(+)名古屋のヨッシーが楽しそうなことを提案すると
満月人(+)沖縄のみゆきがスマホで告知し
満月人(-)鹿児島の文海がキャッチして合流する。
こうして、毎回、神戸を満喫していました。

当初の私は、ビクビクでした。ワクワクの言いだしっぺなのに、口だけだから罪悪感すら感じていました。
でも、それぞれが得意な分野を担当するから、ココロから楽しめたのです。
実体験があるから、月の役割分担をお勧めできるのです。

あの歌を詠んだ方は新月人?満月人?

この世をば 我が世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば

藤原道長(入道殿)が詠んだ歌ですね。

今から約1000年前の1018年(寛仁2年)10月(旧暦11月)。
道長の三女威子の立后の日(正式に後一条天皇の皇后となる日)に道長邸での祝宴が開かれました。
そのとき、道長が即興で作り詠んだと伝えられています。
(ウィキペディア「藤原道長」 参照)「この世は自分(道長)のためにあるようなものだ。望月(満月)のように何も足りないものはない。」

道長にどんな意図があったかは分かりませんが、場を創り上げる才能を存分に発揮したのではないでしょうか。

さぁ 月の役割分担で最幸なパーティーを創りませんか。
みんなの才能を活かしたパーティーには、月の女神が微笑み、ツキが舞い降りるでしょう。

月よみって面白いと感じたならば…

明日、牡牛座満月の11月4日 月のことを一緒に学びませんか?
【月フェス】のお知らせはこちらから 

この月フェスと同じタイミングで、ヨッシーのラジオ番組『月に乗ってツキを呼ぶ』が始まります。
ラジオ番組のお知らせはこちらから

ライタープロフィール

松友 喜美(ヨッシー) 月よみ師®
マザーカレッジ認定講師
ゆめのたね放送局 ラジオパーソナリティー

1971年3月岐阜県生まれ 名古屋市在住

名古屋大学経済学部経営学科卒。
飲食業界でアルバイトを含めマネージャー歴7年、小学校給食に携わる公務員生活16年。多くの人たちに接し、より良い会話術、人間関係を学ぶ。

現在、マザースマイル代表。
家庭教師、塾講師として中高生を中心に指導。

同時に、自らの子育て経験を活かし 悩めるママをサポート。月よみから子どもの個性を読み解き、親子の笑顔を引き出すムーンコーチ。

趣味はヨガ、料理
家族は元不登校の息子と猫のみけ君
Return Top