月よみ -inner independence-

最近運動不足だなと感じたときこそ今のタイミング!月のリズムを味方につけた簡単エクササイズを4つご紹介。

まず初めに。

昨日、月フェス参加の皆様、誠にありがとうございました。
今回、初開催となりましたこのフェスタ。
来年も再来年も、そしてその先も続けて行きたいと思っております

今年は参加できなかった方、是非、来年は会場でお待ちしております。
今後とも末永くお付き合いして頂ければ嬉しいです。

それでは今日の本題に入りたいと思います。

季節を快適に過ごす為のセルフケア
   ~月の巡りに合わせてみよう   満月(ー)期編~

11月4日、おうし座満月が瞬く間に過ぎ去り、既に月はふたご座へと移動しています。そして、徐々に欠け行く月へと変化していきます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、欠けて行く月の時には、カラダを動かすのがおすすめです。

普段から運動不足を自覚しているけれど、どうすれば良いのか思案してる、そこの貴方。今からがチャレンジの時です。簡単なエクササイズをご紹介しましょう。

①片脚立ち 〜満月から月が欠けていくこの時期におすすめの簡単エクササイズ

歯磨きしながら、洗面所で片足だけ立ってみましょう。
片脚立ちを1分間すると、ウォーキング50分程度に匹敵するらしいです。
朝晩片脚ずつ続ければ、かなりの運動量になるはずです。

家で出来なかったら、電車を待つ間や電車に乗っている間は如何でしょうか? 自動車通勤の方は、昼休みにでもトライしてみてください。

ただし、くれぐれも転倒しないように気をつけてくださいね。

​​

②片脚振り 〜満月から月が欠けていくこの時期におすすめの簡単エクササイズ

出来る人はもうちょっと、強度を上げてみましょう。
椅子や手すりなどにしっかりと掴まり、片脚を前後に振ってみましょう。
やはり1分位を目安に。

(*安全を確保をして行って下さい。)

③階段は1up2downで 〜満月から月が欠けていくこの時期におすすめの簡単エクササイズ

一階上、二階下は階段を使ってみましょう。
それもムリなら、上る時はエレベーターでも、下る時は階段をの心意気で。

④骨盤上げ 〜満月から月が欠けていくこの時期におすすめの簡単エクササイズ

自宅でテレビを見ながらでも構いません。
仰向けに寝た状態でヒザを曲げ、ゆっくりと腰を持ち上げます。
そのまま10秒ほどkeepしたら、ゆっくりと元に位置に戻します。
これを10回ほど繰り返します。
ムリは禁物です。
最初は少ない回数から始めてみましょう。

わざわざジムに行かなくても、日常生活の中に意識して、取りこんでしまえば、運動不足の解消になると思いませんか?

いくつになっても、自分の脚で歩きたいですよね。
自分の身体は自分で作る事しかできません。
決して早すぎる事はないのです。
是非、今日から始めてみましょう。

今回は、満月(-)期でカラダを動かす事にポイントを絞ってみました。
今後も、それぞれの月相期に合わせたセルフケアを紹介して行きます。

ライタープロフィール

Tae 月よみ師®
千葉県生まれ、千葉県育ち、千葉県在住。

看護学校を卒業後、17年勤務。その後鍼灸学校へ。
西洋医学の現場を経験し、さらに東洋医学を学んでいるにも関わらず、自分の内には腑に落ちないものを感じる。
そんな時、おのころ心平氏を知り、心と身体の繋がりを紐とく事に深く共感。

月のリズムを生活の中に取り入れる事で、平凡だと思っていた一日が、
自分の捉え方次第で、スペシャルな一日になる
そんなことを月よみ塾で学び、月よみ師®︎に。

今後は一人でも多くの方に、月よみを生かして生活する事の楽しさを知ってもらえるよう、活動していきたいと考えている。

【好き】
車の運転
スキー
スーパー銭湯巡り
スポーツ観戦(自宅のテレビで)

【嫌い】

柔らかく炊けたご飯
Return Top