月よみ -inner independence-

カラダもココロも毎日たった「1%」のデトックスでいい。月が味方する「お片付け期間」が今日からスタート!

今年もあと少し。
年末に向けての準備や次々に押し寄せてくれる仕事で忙しい毎日。
やりたいこともあるけれど、取り寄せた本や情報は棚に積まれたまま・・・
ふとした行き違いから大切な人とけんかになって、辛かったり泣きたくなったり。

「毎日の積み重ねで頭のや心のがパンパンで苦しい」
と思っているあなたに、大掃除前の断捨離習慣をお勧めします。

今、月はちょうど下弦から新月に向かう新月-期。
溜め込んで重くなったあなたほど、受け入れいらないものを手放し、元気づけてくれるちょうどいいタイミングです。
年末の慌ただしい毎日に突入する前に一度リセットしておきましょう。

体の機能が自分を受け入れることを教えてくれる

新月-期は、月の形がだんだん細くなりまったく姿を見せなくなることから「排泄・デトックス」の期間。
腎臓に月のエネルギーが入りやすい時期になります。

腎臓は毎日160~170リットルもの血液を浄化し、老廃物を排出します。
尿として排出されるのは1.5リットルくらい。多くても2リットルだそうです。
濾過された血液は、そのほとんどが再利用されます。


腎臓は「99%自分を受け入れることを教えてくれている」

初めてこのことを聞いたときに、どんな自分も全部受け入れていいよと言われた気がしました。
腎臓の位置を温めると身体全体が温かくなりますよね。
後ろから包み込むような位置にあって、見守ってくれているようです。
私たちの体の機能を大切にしたいと思う気持ちが湧いてきますね。

部屋の乱れは心の乱れ。断捨離で身も心も軽くなろう

自分を受け入れることが出来たら、あとは1%の排泄の力。
不要なものを溜め込んだままでは重く、身動きが取れません。

情報過多で物に囲まれる現代生活で、考えがまとまらなかったり焦りや不安が湧いてきたら、部屋のを見渡してみましょう。

引き出しのやクローゼットに物がぎゅうぎゅうに詰め込まれていませんか?
必要なものと不要なものが一緒くたに置かれていませんか?

不要なものを捨てることで空間ができ、風通しがよくなるとすっきりして心が軽くなる経験は誰もが持っていることでしょう。

きちんとやろうと思ったらなかなか手がつけられない断捨離ですが、毎日1%でいいと思えばできそうな気がします。

カラダの機能が示してくれているように、毎日1%を捨てていく習慣がつけばココロとカラダがすっきりして生き生きとしてた日々を過ごすことが多くなりそう。

今日から月がおとめ座に入りました。
おとめ座エリアに月があるときはシンプルで潔癖な期間、きれい好きモードです。部屋を片づけたり掃除をすると元気が出ます。月も星座も味方になってくれます。

束の間、作業に没頭することで絡まった感情をほぐして上手に手放してしまいましょう。

1%を上手に捨てて、ココロとカラダのすっきり習慣、今日から始めてみませんか?

ライタープロフィール

中河ゆみこ 月よみ師®
1965年 北海道生まれ 東京在住
月星座 山羊座、太陽星座 蟹座

数年前から自身の周りで病気で悩む人が増えたことで一念発起。それまでは自身に与えられた職をひたすら30年、働き続けてきたが、治せないまでも何か役立つことを自身で出来ないかと探していく中で
リンパ施術に出会う。

身体が楽になると笑顔が増え元気になることから、心と体のつながりを感じ始めたことがきっかけで、おのころ心平氏を知り月よみの世界へ。
月を知ることで自分自身を深く知ることとなる。

女性が生き生きと活躍することを応援できる場を作ることを目指し、月のリズムを取り入れたイベントができるカフェと併設のリンパ施術サロン開業を準備中。

日本酒とワインが大好き 満月生まれ
Return Top