月よみ -inner independence-

猫背の自分にさようなら!月に背中を押してもらいながら温かい室内でできる 。目指せ下半身美人エクササイズ!


昨日12月7日は大雪をむかえ、
冬が本格的になってきたのを暦が教えてくれています。

寒い中にもワクワクするイベントも多くなる季節です。
家族で、恋人と、仲間と。

月のリズムにおいても、12/4に満月を迎えました。
満月という『完成された月』から徐々に欠けていく時期は、『自分が満たされている』ことが大切。
自分をしっかりケアしていないと無理が生じて疲弊してしまいます

いくら月が欠けるからといって自分自身を見失うのはイヤですよね

月のエッセンスを味方にあなたの身体ケア

今日の月の特徴をおさらいしてみましょう。

1、満月(-)期   これはお月様が半分に欠けていく時期を指します。
2、月は獅子座に滞在中  12/7(木)05:37~12/9(日)08:07
3、二十四節気で大雪の時期

これらの情報から読みとくと、寒くなってくることから身体は縮こまり代謝が落ちて脂肪を溜め込もうとします。
それは太りやすくなると同時に、胸にたまった本音も抱えがちになりストレスをもためてしまいます。

この負の連鎖を断ち切るために、

欠ける月のパワー

獅子座のもつ『常に堂々としている』
そんな姿を見本として、寒くても家で出来るとっておきのエクササイズをご紹介致します。

まずは3日坊主でもOK!1日3分でできる、お家で出来る『おしり歩き』で代謝アップ

難しいエクササイズだと長続きしないですよね。
やってみるけど続かない。
そう嘆く声が聞こえてきます。

よく三日坊主って言いますよね。

今回はこの三日坊主でも構わないからやってみませんか?

いいじゃないですか!三日続けば。
それくらい気軽にトライしてきましょう。
そして、三日続いたら自分を褒めて上げてくださいね。

しかも寒くても暖かいお部屋の中で手軽にできます。


では、スタートです。

膝を曲げた状態で床に座ります。
そして、
腰周り、脇腹などお腹の筋肉を意識しながらその場でお尻歩きをしてみましょう。

最初はいきなり3分でなくても慣れることからのスタートで十分です。
本来ならウォーキングがオススメなんですが、天気に左右されない生活習慣エクササイズ。

簡単に出来る方は、

・3分と時間設定をして目標をもつ。
・前に10歩、後ろに10歩と前後に動くバリエーションを加える
・腕振り運動を一緒に行う。
・上半身を振らさずに行う。

といった具合にポイントを変えて
飽きないように工夫をしてみます。

すると簡単と思っていた運動も、視点を変えて取り組むと身体の反応も変わってきます。

そう、ここがポイント。

簡単なエクササイズほど、自分では出来てると思い込みが効果を半減させていることも多いのです。

しかもこうした文面からの情報だけでは、細かいところまで身体で理解しているか判断も難しいのが特徴です。
身体を動かしているつもりでも頭だけでやろうと思い身体に伝達、理解が届いていない。

そうしたら楽しくないので続かない、
出来てると思い込んでる人はそれ以上成果は望めない。

こんな負の連鎖を断ち切るポイントも一緒にご紹介します。

ハートに響かせリズムを刻め

この満月(-)期は、心臓に月のエネルギーが入りやすいと言われています。
その意味で心拍数をエクササイズで刺激すると効果的。

しかも心臓はハートの臓器。気持ちがワクワクすることを望んでいます。

運動はきつい、ハードとばかりと決めつけず楽しい自分の好きな心ときめく音楽をBGMに、
『イチ、ニ、イチ、ニ』と掛け声かけながら楽しむを表現してみませんか?

お家の中です。上手にできなくてもいいんです。

床に座ってだと腰に負担がかかる方は、椅子に座ってでも構いません。

楽しむ気持ちが心もスッキリさせてくれて結果、心も身体もぽかぽかになってくるでしょう。


いかがです?
寒い季節もこれならノリノリで体調管理も心のモヤモヤも発散できます。

結果として、

①骨盤も整う
②代謝アップ
③冷えの解消
④便秘やむくみにも効果が期待

満月で一旦完成されたものから、ここからは自分に必要なものを残しそれ以外は感謝と共に削ぎ落とし
より自分オリジナルな姿に向かう時でもあると感じます。

自分に自信を持ってる人は、こうした自分との対話にエクササイズを活用し常に動ける準備をしています。

寒くても背筋を伸ばして颯爽と楽しい冬を楽しみましょう。

ライタープロフィール

今井久美子 月よみ師®
フィットネスインストラクター歴33年

1987年エアロビクス日本一

「エアロビクス」に魅了され、当時社長秘書だった仕事も辞め、以降33年フィットネスの道へ。

1987年にはエアロビクス日本一に。
実績を買われ、その後フィットネス普及のため全国行脚。
子供から高齢者、障がいのある方々などありとあらゆる皆様とともに指導経験を重ねる。
月との出会いによって、ドンドン自分が統合され 月(ツキ)を味方につけて人生の流れにのるコツを発見。
【生活に月を、人生にも月を】
今後はMoon LIFE クリエーターとして月の在りかたを伝えていく。

月と同時期に興味を持ち出したフラダンスは家族三人(夫と娘)との共通の趣味。
Return Top