月よみ -inner independence-

2018年をもっとハッピーに!【今日の月】のメッセージはあなたの【今日】を大切にして流れを加速する。

1212日いっち・にぃ・いっち・にぃ・・・
つい、カレンダーを眺めながらリズミカルに数字を読み上げてしまいました。

1とは始まりの数字で“わたし”がここにいることを表し、
2では、1で得た自分を分かつ存在“あなた”に氣付き、バランス性を学びます。
合わせた3は“わたし”と“あなた”の一体感を得る数字。


そう眺めてみると、この1212日も2018年に向かってのスタートとするに
ふさわしいのではなかろうか、と感じます。

「こんなはずじゃなかった」を手放す。1212の月よみ

月よみ師となってからのわたしは“今日の月”からのメッセージを詠み解き、一日をスタートさせることが習慣になりました。
その結果、お仕事が回ったり、出逢いに恵まれたりとハッピーなことがとっても増えています。

そんなハッピーをぜひあなたも味わってみませんか。

毎日旅をしている月は、地球の周りを約28日で一周します。
そして3つの方法で意味を詠みます。
見える形のことを月相(げつそう)
地球から見た月の向こうにある星座が月星座、
また東洋のホロスコープからみて、月の通り道を28分したどの位置にあるかを見るものを宿(しゅく)としています。

月相・月星座・宿の各々の性質からその日の過ごし方を詠み解くのが、月よみの醍醐味のひとつでもあります。

さっそく見てみましょう。


今日は月相23。てんびん座。亢(こう)宿に月は滞在中。

調べ方はこちらです。
http://tsukiyomi-magazine.com/moon_relation/

てんびん座はバランスの星座。まさに“3”の似合う星回りです。

亢宿の主の性質を見てみると、これには字のごとく、
あらがう、きわめる、立ち向かうと言った意味があり、
この日の生まれの人は『反骨精神を持って信念を貫く』性質を持ちます。

まるで身にまとったマントを大きく振って、正義の風をふき荒らす
そんなイメージです。でもクールで格好いい面もあるんですよ。


この亢宿に滞在している間の月は、たっぷり影響を受けます。

月そのものの形は、月相23。これには地と水のエネルギーが凝縮されていて
不要なものを手放して目標に向かう意志を持っています。

こちらの記事をご参照ください。
【月】は占いの要素を秘めている!? あなたを表す月の形が示すものは。
「新月()(月相2127生まれの)人」編
http://tsukiyomi-magazine.com/2017/08/25/post-2035/

月を意識し、語りかけることで2018年のハッピーを呼び込もう

今、月は1218日の新月までさらに欠けていくモードです。
不要なものは手放す。ご自身の潜在意識から『抗う』要素を引き出して流してしまう時。

自分では違う、こんなはずじゃなかった、と想うようなことも流れに身を任せてみようと想ってみてください。きっとその流れはいずれ大海原へと流れ着くことになるでしょう。

それでもなお、抵抗が沸き起こるなら、その反発、文句、怒りなどを月に向かってつぶやいてみましょう。ガマンも遠慮もいりません
すべてはなるようになり、望むように流れていくことを月は知っているから、ちゃんと受け止めています。

月を意識し、語りかけることをしていくと、自分自身のカラダやココロにリズムがあることにも気づき始めます。月を眺めながらの背骨を意識した背骨呼吸はとってもお勧めです。カラダの軸がとれて安定感が高まります。

毎日もちろん楽しいことばかりではありません。
照る日、曇る日、嵐の日。

いい事や悪い事が起こるのではなく、起こった事にいい、とか悪いとか意味づけをしているわたしたちが居るだけです。


月は生命の源だとも言われています。
特に女性のカラダとココロのバランスを司るメッセージをたくさん送ってくれます。

2018年をハッピーに迎えられるメッセージが皆さんにも届きますように。

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top