月よみ -inner independence-

最近寒くなったから、で身体の不調をすませていない?? 月が教えてくれるカラダのサイン。(月花Ver,) VOL.3

寒さも本格的になってきました。今年も後少し。年末に疲れがでないように気を付けてくださいね。
今回も前回と同様に月花から見るカラダのサインを見ていきましょう。

月花占術というのは、宿曜経が元になっています。
東洋のホロスコープといわれる宿曜占星術で有名な宿曜経。
ちなみにこの占星術は月の運行を元にしたものです。

この宿曜経におのころ心平氏が自分のカウンセリングの経験をプラスして
現代版にアレンジしたものが『月花占術』です。

あなたの生まれた日の月の位置によって導き出される月花別に
カラダのサインに意識したほうがいいポイントなどをお伝えしますね。

あなたが生まれ日でわかる月花を調べる ページで調べた結果、
月花が
松・藤・榊・楓・桃・蓮・柳・葵・棗 だった方
柊・桂・蘭・楠・桐・椿・茜・皐・桜 だった方
はすでにご紹介をさせていただきました。

今回は芹・橘・菫・杏・樅・梓・梅・苺・檜です。

[せり]  月の影響を受けやすい部位 左わき  【日々の努力の表れ】

左わきの体臭が気になったり、左わきまで触ってみて冷えているようだったら、
要注意です。左わきには、胃と膵臓があり、胃と膵臓といえば糖分を消化する器官。
甘いものや小麦粉などをとりすぎていないか、意識してみてください。
芹の方はまじめで努力家な人が多いので、無意識にストレスをためやすくなります。
特に目的や目標を失った時、人間関係にいら立った時に急に大きくなりがちです。
ストレスは免疫力を落としてしまうため、まずはカラダを冷やさないように、カラダを温める食材などを意識して取ってみましょう。
神社・仏閣、大自然の中など、『大いなるもの』に身を置くことが癒しになるでしょう。
友人・知人を訪ねる旅も休息になるでしょう。

[たちばな]  月の影響を受けやすい部位 お腹  【トラブルの解消】

胃もたれや便秘などお腹に関するトラブルがあるようなら、注意が必要です。
最近、トラブルを抱えている、納得いかないことがあるのに同意してしまい後悔していることはないですか?橘の人はなかなかストレスに気が付かず、体調を崩して初めてストレスに気づくことが多いようです。突拍子のない行動にでてしまうこともあります。
まずはトラブルと向き合い自分の意志を表明すること。突拍子もない行動にでてしまうときは、スポーツや音楽、お笑いなどで発散するといいでしょう。身近な人で趣味を一緒に楽しむことで休息になります。
お腹の調子の悪いときは適度な水分を取り、朝食を抜くことがおすすめ。

[すみれ]   月の影響を受けやすい部位  背中  【妄想と現実】

 尿の色がいつもと違う、背中が重い、冷えていると感じたら注意が必要です。
腎臓が弱っているかも。壮大な妄想を隠していたり、理想と現実のギャップに落ち込んだりするココロの表れかも。ココロとカラダのバランスがうまく取れないときには、暴走しがち。日々ココロとカラダの解毒を意識してみるといいですよ。
カラダは断食による毒出し、ココロは断捨離が効果的です。心身のゆとりが菫の人には必要です。どちらかというと気力で頑張る人が多いので、休息はココロの安らぎを大事にするといいでしょう。感受性の強い菫の人は、特にいい音を聴くとリラックスできますよ。

杏 [あんず]  月の影響を受けやすい部位  股(股関節)  【インナーチャイルドを癒す】

足の長さが左右で異なる、股関節に痛みや炎症がある場合は注意が必要です。身近な人への抑圧した怒りをためていませんか。放っておくとまた悪化する可能性もあります。
足を前に伸ばして座り、左右の膝を交互に曲げて24回動かします。立っても同様のことを行いましょう。股関節周りがほぐれます。
やりすぎ、思いを入れすぎのところがあるので、時々、予定をいれずに束縛のない一日を過ごすことで、いい休息になります。

[もみ]  月の影響を受けやすい部位  右太もも  【家族との関係】

 右の太ももが痛い、肉離れ、けいれんなどが出るようであれば、注意しましょう。家族や周りの人への感謝を忘れていませんか?なんでもパワフルにこなしてしまう樅の人ですが、ひとりぼっちは苦手。
率先して動くことで人間関係や人との交流がスムーズになり、樅の人にとって、ストレスをあまり溜めることなく、物事がうまく運ぶでしょう。
後はスポーツしたり、観戦で大きな声を出して発散するのもいいことです。
しっかり動き疲れきることで、しっかりカラダを休められます。

[あずさ]  月の影響を受けやすい部分  左太もも  【可能性の泉】

左太ももが痛い・肉離れ・けいれんなどが出るようであれば、注意しましょう。
必要以上に自分を追い詰めていませんか?ほかの部位より太いのであればアタマばかりで考えて行動できていないのかもしれません。
消化器系が弱いので、食べすぎにも要注意。
ストレスをもっとも感じるのは、支えてあげるものを失った時。梓の人は、自分以外の人やモノのためにがんばることはカラダが大変ても、不思議と持続力を発揮します。
逆に自分の利益や楽しみのためには何をやっても精彩を欠き、疲れやすいです。
自分のためにでも、旅行はリフレッシュできます。

[うめ]  月の影響を受けやすい部位  膝  【パートナーとの関係】

 膝が痛い・水がたまる・あざができやすいなど膝にトラブルが出るようであれば、注意が必要です。夫婦関係になんかトラブルが潜んでいるか、どちらかに隠し事があるのかも。
問題を顕在化し膝をつきあわせて話しあいすることが大事です。
神経も細やかで過敏な人が多く、ストレスが溜まるとカラダに悪いことをする傾向があります。特にアルコールの取りすぎや水分の取りすぎは膝に負担がかかるので注意してくださいね。
梅の人は、人の影響を受けやすいので、いいヒーラーさんやエステティシャン・整体師・鍼灸師さんなどに出会えばリラックスすることができ、深い休息と心身の浄化を獲得することができます。

[いちご]  月の影響を受けやすい部位  脛  【心身の新陳代謝】

ふくらはぎに痛みや梁などの違和感があるようなら注意が必要です。計画の頓挫や予定が狂うなどして、ココロが乱れていませんか?心機一転して再度計画をたてなおしてみては。
一度はじめてしまうと、何となく続けてしまう傾向にあり、カラダに不調を感じたり、ぎりぎり続けられなくなって初めてストレスに気が付く傾向にあるので、日ごろから、こまめにチェック、デトックスするようにしてみてくださいね。
一人での時間音楽やDVDなどを楽しんだり、本当に親しい友人と時間を過ごすことが、リラックスできるでしょう。

[ひのき]  月の影響を受けやすい部位 足・足首  【美意識の表れ】

 足首の捻挫や足のあたりに痛みなど、違和感があるようでなら、注意が必要です。協調性を失って、孤立していませんか?運動不足になったりマンネリ化の生活を送っていることでストレスがたまりやすいです。​
ウォーキングやリフレクソロウジーなどを取り入れることでカラダの毒を出してしまうといいでしょう。ストレスを解消するのに人を巻き込んでしまう傾向があるので、まずは、大自然の中に身を置いてリラックスしてストレスを解消することを考えてみてくださいね

以上、これで27花全部揃いました。毎日の生活の中で気になるようなことがありましたら、参考にしていただければ嬉しいです。

 

ライタープロフィール

わかば 月よみ師®
短期大学を卒業し、保育士を経て、結婚を機に薬業界に入る。
25年前より生駒市で薬店を夫婦で開業。
自分がココロのバランスを崩したことをきっかけに、
故 小林正観氏のもとで『見方道アドバイザー』を取得。
女性と月のリズムが深く関わっていることを知り,
月よみ師®を取得。
月よみを交えながら、ココロもカラダも元気になるような
セルフケアも交えた健康アドバイスができる
健康アドバイザーとして、店頭に立っている。
特に更年期に月よみを取り入れ、楽しく乗り切れる方法を
自分も含め模索中。

月よみ師®、温灸療術師、見方道アドバイザー。
Return Top