月よみ -inner independence-

射手座の月が教えてくれる、カラダからのメッセージ。あなたは○○溜めてませんか?

12月も半分が過ぎました。あっという間ですね。
だんだんと月のリズムでの生活も、スムーズになってきたころでしょうか?では、今日のお月様はどの星座に居るのでしょう?今日10:07、月は射手座へ移ります。
18日の22:33まで滞在します。


その18日の15:32に射手座で新月をむかえます。
今はちょうど新月に向かって、だんだんと姿を消していく時です。

この射手座の月の時に、是非ともやっていただきたいセルフケアがあります。

それは「肝臓」のケアです。

働き者なのに普段は控えめ、肝臓は「沈黙の臓器」

射手座の支配するカラダの部位は「肝臓」です。
みなさんは「肝臓」と言えば、どんなイメージを持っていますか?・アルコールを分解してくれる
・解毒作用がある
・血を貯蔵する一般的には、この3つくらいでしょうか?

私自身が最初、恥ずかしながら、このくらいしか知りませんでした

一時期テレビのコマーシャルで、「え~、ぼく肝臓です。いつもは控え目ですが・・・」と、たしかお味噌の宣伝で聞いたことがあります。
そのあたりから「肝臓は沈黙の臓器」と、よく健康番組でも言われ始めたような気がします。

肝臓の働きは実際には確認されているだけで500以上と言われています。
とても働きものです。
一方で「いつもは控えめ」。
これは、例えば何らかの原因で肝臓が障害を受けても、予備能力が高いため、私たちに症状として自覚できないことが多いということなのです。

「肝臓」にはあなたのちょっとした「怒り」が溜まるんです。

ヨガで東洋医学、主に中医学を少し勉強した時に、「肝臓」は「怒り」を溜め込む臓器であると習いました。
「肝腎」と言われるように、肝臓は健康を左右する臓器でもあります。日常生活の中で、こんなことありませんか?
大きな怒りではないけれど、ちょっとしたプチイラ体験、したことありませんか?「塵も積もれば山となる」ということわざがあるように、毎日何かしらプチイラを感じていて、それを発散できないでいると、「肝臓」にはかなりの負担がかかっています。

プチイラ…例えば、
家族や友人の何気ない一言にイラッとする
会社の中で、自分の伝えたことが伝わらずモヤモヤ
相手のクセがな〜んか気になる
ラッシュ時の電車の乗り降りで横入りされるetc…

ホントに言い出したらキリがないくらい、些細なことでプチイラが溜まっていきますよね。

肝臓は解毒作用で、体内に侵入してきた毒を見極めてくれます。
だけど日々のプチイラを溜め込む一方だと、肝臓は感情の解毒まで手が回らず悲鳴をあげてしまいます。

そして気の流れをコントロールする働きも担っているので、肝臓が元気であることが、全身の気の流れがスムーズであると言えます。

ではどうやってプチイラを発散していけば良いのか?をご紹介します。

怒りが溜まった肝臓の負担を減らすオススメのセルフケア

現代人は日々忙しく働いているので、簡単にケアできる方法があれば嬉しいですよね。

私のオススメのケアは、まずは足裏のケアです。
肝臓の足裏の反射区は右側にしかありません。

ですが、足裏全体をゴルフボールなどでコロコロ刺激して、肝臓の反射区は念入りにゴロゴロ刺激すると、それだけでも足は軽くなるし肝臓も癒されます。

そこに、肝臓の経絡を刺激するストレッチも行うことで、さらに全身の巡りが良くなります。

肝臓は右側にしかありませんが、経絡はカラダの左右にあります。

親指から始まり、ふくらはぎの内側から太ももの前(内側寄り)を通って体側に上がっていきます。

①座位で膝を開いて足の裏を合わせ、上体を前に倒す。
太ももの内側が伸びていきます。腕も前に伸ばすと体側も程よく伸びます。

②開脚をして、上体を前に倒す。
①よりもさらに太ももの内側が伸びます。開脚の角度は無理なないように、膝が内側に向かないように気をつける。

③脚を腰幅くらいに開いて腰を下ろし、合掌した肘を膝の内側に当てて肘から肘を一直線にする。背筋も伸ばす。
俗に言うヤンキー座り。ふくらはぎ内側に刺激入ります。踵が付かない場合は、踵の下にタオルをちょうど良い厚みに丸めて敷く。猫背にならないように気をつける。

④右脚を開脚、左脚は膝を開いて踵を中心へ、右手は右つま先か足首、膝下に置き、左手を天井へ上げて吐きながら右側へ倒す。
左の体側が伸びます。前かがみになると背中側に刺激が入るので、真横に倒す。反対側も同様に。

お風呂上がりにジワーッと伸ばしなが、呼吸もゆったり行うと、ぐっすり眠れて睡眠の質も良くなりますよ。

肝臓は目とも繋がりがあるので、夜遅くまで目を酷使しないことも意識しましょう。

どうですか?どれも簡単なものばかりで、今日から始められますね。

「怒り」を手放して、新たな気持ちで新月をむかえられるように、ぜひやってみてくださいね!

ライタープロフィール

野崎順子 月よみ師®︎
大阪市出身、1977年9月生まれ。

大阪を中心にヨガ・ピラティスのインストラクター、おまたぢから®︎生理トレーニング®︎講座、自宅で足つぼサロン・セルフケアセミナーなど、
女性の不調を生活習慣を見直すことから意識する活動をしている。

ヨガを通してココロとカラダの繋がり、陰と陽、月と女性の繋がりを実感する中、おのころ心平に出会い、月よみ師®︎に。
月のリズムを知り月を味方にすることで、女性が女性らしく、本来の優しさや美しさ輝きを素直に自由に表現できる世の中になることを目指している。

趣味は学びを深めること、ヨガ・ピラティス・太極拳などでココロとカラダを清めること。
和風モダンな雰囲気が大好き。
Return Top