月よみ -inner independence-

2017年最後の新月を明日に控えた今日1日。リラックスしながら次のサイクルを迎える準備を

明日18日は、今年最後の新月。
今日、明日、お月様は、射手座♐を運航中。


新月から上弦の月、満月までの、みちていく期間
吸収する、補給、摂取、身体がいろいろなものを吸収してエネルギーを蓄え、保護休養を促します。

満月から下弦の月、次の新月までの、欠けていく期間
手放していく、排出していく、デトックス
解毒、洗浄、発汗、発散、さらに乾燥、固定の作用を促します。

『朔望月』とは何かを知ってサイクルを味方につける

お月様の新月から次の新月までの、このサイクルが約29・5日、朔望月です。
朔望月の『朔』は新月のこと、『望』は満月のことです。
約1ヶ月ですね。
新月で種を蒔き、満月で収穫したら、次の新月までに種まきの準備をする。
このサイクルを、目標や夢の実現に利用しませんか?

射手座♐新月

射手座は、
何かの学問を始めるのに最適
外国、異文化に触れる
冒険する
などのサインです。

先ずは、明日からの約1ヶ月の目標をたてませんか?
射手座の特徴を意識すると、きっと思いの外、上達するはずです。

例えば、
外国語を学び始める
海外の美術に触れる
身体を動かす習慣をつける、など。

来年を見据えて

明日の新月から、来年の1年を、朔望月を12回、1つの目標に向かって連鎖していく。
きっと2018年の年末は、ステキなギフトが待っているのではないでしょうか?

今日は、ゆっくりと、リラックス。
自分と向き合って、明日からのサイクル、来年のサイクルを創っていくのはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

深山 和恵 月よみ師®
ピラティストレーナー ファシリテーター
施術師オステオパシー
太陽星座 山羊、月星座 天秤
房宿 青い猿 白い世界の橋渡し

ダンス留学後、30年間、東京ブロードウェイダンスセンターにてJAZZのインストラクターに。多数の海外、国内公演、アーチストのツアーなどを経験。
ピラティスと出会い、10年ピラティストレーナーとして、SVも務める。
ダンス、ピラティスを深めていく内に、どんどん興味が湧き、オステオパシーの世界へ、宇宙へ、そこから月よみと出会う。
座右の銘は、"全ては一つ、全ては繋がっている、この世のものは全てを持っている"
好きな事 食べる事 歩く事 デトックス
嫌いな事 自分自身が何をしているかわからないこと
Return Top