月よみ -inner independence-

もうすぐ新年♪スーパームーンに向かって満ちる月が教えてくれる、ツキを掴む⁈年末年始の過ごしかたとは?

今年も本日も入れるとあと、6日となりました。
来たる新年を迎えるにあたり、仕事納めをしたり、大掃除をしたり、お節料理をはじめ、おもてなしの準備をしたり…。
師走の忙しさもいよいよ終盤ですね。

さぁ、そんな忙しさの中でも一息。
空を見上げてみますと…
正午ごろ、明るい東の空に顔を見せる半分の月。

そう、今日は、上弦の月です。

こちらは、新年の最初のスーパームーン満月に向かって満ちる月です。
そんなパワー溢れる満ちる月が教えてくれる、”ツキを掴む⁈体にやさしい年末年始の過ごし方”を読み解いてみたいと思います♪

​年末年始は…美味しく楽しく、体にやさしい食事を!

年末年始という時期柄、わいわいと大勢でご馳走を囲みながら、お酒を飲む機会が多くなりますね。
時間をかけてゆっくりと食べる食事が増える分、気づけば…とてもたくさんの量を食べて苦しくなっている!…なんて、経験をしたことはありませんか?

今日から1月2日の満月までの1週間は、肝臓が主役になる期間。つまり、“食べること”に意識を向けたい時です。
月がだんだんと丸く満ちていくリズムに合わせて、私たちの身体も“吸収しやすくなる”サイクルに突入します。
吸収しやすい = 栄養や毒素さえ、いつもよりも体内に取り込まれやすいということです。体重もアップしやすいですので、増量したい人を除いては、意識したいところですね。
たくさん飲み食べしたら、次の日は食べる量を調整したり、休肝日を設けたりして…美味しいごはんやお酒が“体に毒”にならないためにも、食べ過ぎ・飲み過ぎには特に気をつけたいです。

食べ過ぎ予防のエクササイズを1つご紹介しておきます。
食べ始めのひと口だけでも、30回噛むことです。唾液の分泌が促され、それにより体が消化準備を始めます。準備がなされていると、消化に関わる胃や腸への負担が軽減されるのです。
また、よく噛むことで、体が適正な量を教えてくれますよ。

ツキを掴むには、エネルギーチャージも大切です︎

上弦の月の瞬間に位置する星座は、牡羊座です。
勢いよく、スタート、直感、純粋、情熱。
体のポジションは、頭の上部、目、鼻。
そんなキーワードから、読み解くと…

大詰めの仕事、頑張っているお掃除…。
“勢いに乗ってきたところだし…!”とか、“あと少しだもの!早くやらなくちゃ!”という気持ちから、無理をしやすい時期でもあります。牡羊座の熱意・情熱の火に乗せて、“まだ大丈夫よ!”と気づかず無理をしてしまうこともあるかもしれません。

頭が痛くなったり、目の疲れや目の周りのトラブルを感じたら、体からの休もうね!の合図ですよ。そんな時は、休憩したり、休みましょう。
忙しい時ほど削りがちな睡眠時間が実は大事です。少しでも多くとれるよう心がけてみてくださいね。


​そう、上弦の月の期間はエネルギーを吸収して高めたり、それを蓄えるというのもツキを掴むポイントなのです!
また、無理をしなくちゃいけない計画の仕方や、そんな企画は見直してもいい!と、方向転換のチャンスいうことも月は教えてくれます。

気持ちよく新年をむかえ、お正月を楽しく過ごしましょう♪♪

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。
毎月1〜3日必ず寝込むほどの、酷い生理痛に苦しんでいた事をきっかけに、月よみに出逢う。
自分自身の心と体にじっくり向き合うこと、そして、昨年夏に5センチ大あった子宮筋腫の摘出手術を経験する。
自身のブログの他、月よみwebマガジンでの執筆を行う。自らの体験を通して学んだ月のリズムや、心と体の気づきを中心に、季節感も大事にしながらの内容を発信し、好評を得ている。

保育学生だった頃から、子どもたちを対象にした読み聞かせボランティア活動に関わり10年。所属しているグループが、昨年度、一宮市より表彰をうける。
絵本の月の四元素分類を独自に研究中。

所持資格 : 月よみ師®️、保育士、介護福祉士。
Return Top