月よみ -inner independence-

「大晦日」は、何て読む?大晦日の読み方にも旧暦がかかわっていた。 

この1年どんな年でしたでしょうか?
月のリズムを生活に取り入れて生活していただいている方もいらっしゃると思います。

何かご自分に変化はありましたか?
ハッピーになってきていますか?

平常の毎日を送られた方、忙しい毎日を送られた方、はたまた、人生の転機を迎えた方、人それぞれですね。
「師走に入ってからあっという間に今日になってしまった。」という方も少なくないと思います。

今回は1年の最後の日、大晦日とそれにまつわる話を3つしたいと思います。

一年最後の特別な晦日、「大晦日」と月の意外な関係


大晦日は「おおみそか」または「おおつごもり」と読まれます。
大晦日の「晦日」は暦月の最後の日をあらわす言葉。
「みそか」あるいは「つごもり」と読まれます。
大晦日は一年最後の特別な晦日ということなので、晦日の前に「大」一文字が加えられて「おおみそか」「おおつごもり」と呼ばれるのだそうです。

考えてみると不思議な読み方です。
なぜこんな風に読まれることになったのでしょうか。それは次のような理由からです。

日本で千年以上使われていた太陰太陽暦(一般には旧暦と呼ばれています)では、暦月の最後の日の日付が三十日か二十九日のいずれかです。
三十日であれば確実にその日は暦月最後の日でしたから、「三十日(みそか)」といえば月末の日をあらわすようになりました。
旧暦の暦月最後の日はまた、新月の前日ですから普通は晦日は月が見えない日でした。
この月が姿をあらわさないことを、月が籠もってしまって姿を隠すという意味で、「月籠り(つごもり)」と呼ばれるようになったと考えられます。

ちなみに「晦」という文字は、これ一文字でも月末の日をあらわす文字で、「くらい」という意味もあります。月の出ない日ですから夜は暗いというわけです。

ほー。
改めて調べてみると面白いですね。

除夜の鐘はなぜ108回つくの?108回にも旧暦がかかわっていた。 

除夜と言えば 108つの除夜の鐘。この 108は人間の煩悩の数だといいます。

どうして煩悩の数は 108なのかというと人間の六根(ろっこん)と呼ばれる感覚器、眼・耳・鼻・舌・身・意の六つにそれぞれ、好・平・悪の三つの状態があり、さらにこれが程度によって、染・浄の二つに細分され、これらが過去・現在・未来にそれぞれ有るということで 108のだという説が有ります。

1.  六根 ・・・ 6
2.  の好・平・悪三種 ・・・ 6 × 3 = 18
3.  の染・浄二種 ・・・ 6 × 3 × 2 = 36
4.  の過去・現在・未来 ・・・ 6 × 3 × 2 × 3 = 108
と言う説。

§  別の説には、暦になじみ深い 3つのものの数と言うものです。
§  暦月の数 ・・・ 12
§  二十四節気の数 ・・・ 24
§  七十二候の数 ・・・ 72
§   合計 12 + 24 + 72 = 108

という説です。

後者の方がよく耳にする説でしょうか?

一年の間に積もりに積もった煩悩を祓ってくれるのが除夜の鐘ということです。


年越しになぜそば?

大晦日に年越しそばを食べるようになったのは江戸時代からです。
元々、江戸時代の商家では毎月30日(晦日・みそか)にそばを食べる習慣がありました。

忙しい晦日は手早く簡単に食べられるようにということからだったようですが、それが大晦日に食べるものとして一般に広まったといわれています。
始めはそば団子だったようですが、やがてそば切りを食べるようになりました。

「そばのように細く長く長寿であるように」との願いが込められています。

そばはうどんなどと比べて切れやすいことから「一年の苦労や災いを断ち切る」という意味もあるようです。

また、金細工の職人が作業場で散った金をそば粉の団子で取っていたことから、そばは金を集める=金運を願うという説もあるとか。

大晦日、除夜の鐘、年越しそば

この3点セットは、現代の私たちからもきっても切れないセットメニューとなっているように感じます。

少しさかのぼって調べると昔の知恵や習慣が見えてくる。忘れずに後世に伝えて行きたいものもある。
来年もいろいろと調べて行きたいと思います。

皆さん、よいお年を!!
来年もよい年でありますように。


ライタープロフィール

マサコ 月よみ師®
生まれて此の方、神奈川県民一筋。
直線的なテストステロンリズム太陽リズムの男性社会で働くこと30年。
妻と母と仕事の3つの役割。
自分自身には意識を向けてあげず
ある日突然カラダからの強いサインを受ける。
そしてやっと自分と向き合い、受け入れる覚悟が出来る。

ツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、意識し始めた
本来の女性のリズム。
月のリズム。
ゆったりとした曲線リズム。

月のリズムで心とカラダを整えると本来の自分が垣間見えてくる。

「月のリズム」で人生のリニューアル真っ最中。

ラッキーワードは、「月のリズム」・「意識化」
Return Top