月よみ -inner independence-

親戚づきあいの憂鬱さを晴らし、「家族への感謝」を始めるには蟹座満月当日からがオススメ!

お正月も二日目、
今まさにこの記事を旦那さまの実家で過ごしている方も多いのではないでしょうか。
そんな中で迎える今日のかに座満月。

親族に感謝を捧げるにはうってつけの環境ではあるものの、
義理の親戚づきあいはやっぱり疲れちゃう。

そんな方の助けになれるフラワーレメディを二つ、
今日はご紹介いたします。

親戚が集うお正月に、家族に感謝を捧げる蟹座満月が起こります

本日1125
月は蟹座で満月を迎えます。
しかも、新年早々のスーパームーン!!

蟹座の意味するものの中に
家族・家庭
などがあります。

感謝を捧げるにふさわしい満月が
家族が集うこの時期にかに座で起こる。
素晴らしいタイミングですよね。

久々に家族に会う方、親族で集まる方は
ぜひ、たっぷり、感謝の気持ちを表したり
コミュニケーションを楽しんでください。


だけど、“お嫁さん”の立場で、婚家で過ごす女性にとっては
この時期、楽しいばかりではありませんよね。

今でこそすっかり図太い嫁となった私ですが
もう二十年近く前、まだ二十代半ばの新妻だった頃の私にとっては
なかなか憂鬱な時期でした。

憂鬱になってしまっていたら
せっかくの満月も、感謝どころではありません。
憂鬱を少しでも晴らし、かに座満月の日に感謝の気持ちを思い出せるように。
お勧めのフラワーレメディを二つ、お伝えいたします。

憂鬱を晴らして感謝できる私になるためのフラワーレメディは

まずはよくある、義理の両親や家族の嫌な面ばかりが目に付いてしまって辛い、という方へ。

何日か泊めてもらい、正月支度などを一緒にしていると、どうしてもそういうこともあります。
だって、夫の親や家族とはいえ元々は他人だし、自分で選んだ夫とは違って、選択の余地なく家族になった人たちなのだから。
だからまずは、そんな風に思ってしまうのも仕方ない、と、自分を認めてあげたうえで、バッチフラワーレメディのビーチに助けてもらいましょう。
ビーチは他人の欠点ばかり目についてしまう時にとると、大らかな気持ちで相手を見ることを思い出させてくれ、次第に良い面にも目がいくようになってきます。


​また、ついつい「いい嫁」にならねばと、自分を犠牲にして、夫の家族の期待に応えようと頑張りすぎてしまう方もいるかもしれません。
それも仕方のないこと。
夫と、そして夫の家族とうまくやっていきたいがためのことでしょう。

でも辛くなってしまったら、ぜひセントーリーに頼ってみてください。
無理しすぎることなく、必要に応じてNOと言うことも出来る自分になれるよう、そっと手助けをしてくれます。


こんな風に気持ちが楽になれば
きっと、蟹座の満月にふさわしい感謝の気持ちが蘇るはず。
その気持ちはあなたの2018年を
優しく支えてくれるでしょう。

それにしても、お嫁さんが婚家で頑張りすぎてしまうのは、すべて、愛する旦那さんのため、なのですよね。
だから、旦那さんの方も実家で羽を伸ばすとともに、ぜひ奥さんのココロを理解する努力をしてくれたら。
そしてこの蟹座満月、一番身近な家族である奥さんに感謝してくれたら。

・・・などと、すっかり“頑張らない嫁”になってしまった私は“頑張っているお嫁さん”のご主人に対して、密かに願ってしまいます。

 

ライタープロフィール

やまさき 郁代 月よみ師®
千葉県船橋市にて、サロンFirst stepを主催。
アロマセラピーとバッチフラワーレメディと月よみを使って、女性に癒しを提供する。

月よみ師®
IFPA認定アロマセラピスト
日本フラワーレメディーセンター公認セラピスト、ティーチャー

転勤族の妻であるため、大阪、名古屋、ロンドンと、転々としながら二人の男の子を育てる。
体力勝負の幼少期を過ぎ、思春期に突入した息子たちと日々楽しく格闘中。
好きな言葉は「住めば都」。
好きなことは、サッカー観戦(最近は専らテレビ観戦ですが)と、大型書店の中を隈なく見て回ること。
“ざる”と呼ばれるほど強くて大好きだったお酒なのに、40歳代中盤に差し掛かった途端に弱くなってきたことが目下の悩み。

ブログ:アロマセラピーとバッチフラワーレメディで健やかな心身へと導くお手伝い
Return Top