月よみ -inner independence-

長い休暇で食べ過ぎちゃっても大丈夫。満月がかけていくタームでお勧めの2つの「動き」ポイント

今年はどんな年にしたいですか?
何かを始めようと目標を立てましたか?私は年末に海外旅行に行き、自分と向き合う時間をたっぷり取りました。
今年もたくさんの経験を通して感じる力を育てたいと思います。

年末年始の休暇も終わり。
今日、明日が仕事始めという方も多いのではないでしょうか。お正月に実家でのんびりした人も、パートナーの実家でちょっぴり窮屈に過ごした人も、またいつもの日常に戻ります。

休み中にゴロゴロしちゃったという人は引き締めモードに
婚家でイライラしてつかれたなという人は落ち着くモードに

そして、休みが終わって多くの人が感じることは、楽しかったけど食べ過ぎたってことかもしれません。

増えた分を減らすのに思い浮かぶのは「ファスティング」でしょうか。
それも良いのですが、この時期は運動をするのがおすすめです。一昨日、スーパームーンの満月を迎え、今は下弦に向かう満月(-)期。
満月(-)期は心臓に月のエネルギーが入りやすい時期です。

運動をすることで心拍数をあげ血流を促すのが今の時期には効果的

一番簡単ですぐに始められるのに最も効果的なのは歩くこと

通勤のときに一つ前の駅でおりて歩くなど、特別な事をせず日常に溶け込ませる方が長続きできそうです。

歩き方のポイントはいつもの歩幅の1.1倍にすることと、歩きはじめにお尻の穴をキュっと締めることです。

お尻の穴をキュっと締めるという動作は、骨盤底筋群を鍛える動作にもなるのでお腹が引っ込みおすすめです

歩くことに慣れたらマッスルトレーニングも取り入れよう

私が日頃行っているリンパケアはデトックスが基本です。
デトックスは下弦期が効果的なのですが、今の時期だからこそやっておくと良いことがあります。リンパ管にはその流れを促すポンプがありません。
筋肉が動くことでリンパ液が流れ老廃物が排泄されます。
筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで体温が上がり、リンパ液が流れやすい状態になります。
今の時期に月のサポートを受けながら運動をしてカラダを温めておくことは、次の下弦期のデトックスをより効果的にする準備となるのです。

​一番鍛えたい部分はふくらはぎ。
カラダの一番下から余分な水分を上に押し上げてくれます。
歩いている途中で信号待ちになったらその場で踵を上げ下げします
電車に乗っているときに吊革につかまりながらやってもいいでしょう。
転ばないように気をつけて。
歯磨き中にも出来ますね。意識すれば動かせる大きな筋肉に
数秒力を入れるだけでもカラダが温まってきます。
お尻の筋肉、腹筋、両太もも、両腕等、気がついたときに立った姿勢で力を入れましょう。
ジムに行く時間がなくても代謝が上がり余分な脂肪は減っていきます。
体温が上がり老廃物が流れやすくなり引き締まったカラダになっていくでしょう。

何か新しいことを習慣づけるにははじめに少し意識することが必要です。
でも、忘れちゃっても大丈夫。
月は毎月同じ満ち欠けを繰り返します。
また次の月に始めれば良いのです。思い出したことをよしとしましょう。
次に思い出したら自分を褒めてあげましょう。
そうして少しずつ習慣化していきます。
習慣化すればカラダが自然とそれをするようになります。

みなさんが今年も素敵な笑顔で過ごせますように。

ライタープロフィール

中河ゆみこ 月よみ師®
1965年 北海道生まれ 東京在住
月星座 山羊座、太陽星座 蟹座

数年前から自身の周りで病気で悩む人が増えたことで一念発起。それまでは自身に与えられた職をひたすら30年、働き続けてきたが、治せないまでも何か役立つことを自身で出来ないかと探していく中で
リンパ施術に出会う。

身体が楽になると笑顔が増え元気になることから、心と体のつながりを感じ始めたことがきっかけで、おのころ心平氏を知り月よみの世界へ。
月を知ることで自分自身を深く知ることとなる。

女性が生き生きと活躍することを応援できる場を作ることを目指し、月のリズムを取り入れたイベントができるカフェと併設のリンパ施術サロン開業を準備中。

日本酒とワインが大好き 満月生まれ
Return Top