月よみ -inner independence-

日々興味や悩みが移り変わる時ありませんか?まるで、日々その姿を変えながら、その後ろに星座の影響を受けながら渡り歩く月のように。

2018年、年明け早々、地球に最接近したスーパーフルムーン。
蟹座の位置で煌々と輝く今年最初の満月、あなたはどこで、誰とウットリ見上げていましたか?
あまりにもパワフルな月明かりだったので、近くの公園の芝にシートを引いて寝っころがっての月光浴。
お正月と言えど日中の気温が24℃、夜は17℃の南国沖縄、故郷石垣島で満月の夜を楽しんだ月よみ師®みゆきです。
今年も「月との調和でココロとカラダをキラッと生きる」「かかわる*いのちを*ごきげんに」をモットーに、暮らしが微笑む【月のコト】をお届けしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

蟹座*満月から山羊座*新月までの月パワー、体験的に月を読む

さて、蟹座*スーパーフルムーンのパワー、みなさんはどのように感じていましたか?
そもそも満月には身体が強い緊張を感じやすいと言われていますが、今回はスーパーフルムーンだっただけに月の引力も最大値。
海の潮が大きく満ち引きするように、ココロもカラダも大きく揺さぶられるような感覚を味わった方も多かったのではないでしょうか

日頃、カラダに不調を感じることがほとんどない健康だけが取り柄の私が、めずらしくかなり強い頭痛に見舞われました。
このただならぬ月のパワー、2018年を意味づけるなにか大きな宇宙の意図が働いているように思えてならない!

「月は滞在する星座のサインの影響をうけてパワーが倍増する?」

今日は、月よみ師®みゆきの体験から【蟹座*満月~山羊座*新月】の月パワーを紐解いてみましょう!

1月2日:「母なる愛」「家族」のサインを持つ蟹座に位置した満月

生まれた地(ホーム)に戻ったわたしを優しく迎えてくれ、大切な家族との再会を見守り、幼いころの思い出とともに人生の振り返りへと誘う月。「原点回帰」のエネルギーに満ちていました。

幼馴染みとお酒を酌み交わしながらの昔話は、無邪気だった子どもの頃に一気にタイムスリップ。
子どもの頃の自分が持っていた「自分らしさ」大人になり忘れてしまっていた「好きだったこと」抑え込んでいた「本当の気持ち」が溢れだし
「本来のわたしで心地よく生きていこう2018年」と月に誓ったのでした。

蟹座は「大切なものを守る母性」のサイン。
満月は「すでにある価値あるいのちに感謝する」母なる愛のパワーを放っているようでした。

1月9日:月は「新月」のフェーズへ、天秤座*下弦の

欠けていく月のパワーは天秤座のどんな意図を届けようとしていたのでしょうか?
お正月休みが明け、間もなくの3連休。なかなか仕事モードにスイッチON!とはならない。
「テンションが上がらないわ~」「風邪が長引いてカラダがキツイ!」「胃腸の調子が戻らない」など不調を訴える周りの人、続出。

まるで、新しい年を迎えて「心機一転」を図ろうとするココロに、「一年の計は元旦にあり」と新たな目標に向かってアクションを起こそうとしているカラダに「ちょっと、待った!」がかかった感じ

天秤座のサインは「バランス」「調和」をより大切にする星座。

欠けていく月のエネルギーの「今一度、全体を俯瞰してみる。抱え込んでいるもの、こだわりや執着で偏るココロを見直して」と
偏りがちな生活のバランスへの意識を促しているようでした。

カラダの部位で言えば「腰」を司っている天秤座。「腰が重くて動けない」という状況を作り出すことで
「ココロとカラダの軸の立て直し」を意図していたのかも知れません。

お正月の食べ過ぎからの「ダイエット」年末やり残した「断捨離」人間関係の「整理整頓」に意識が向いたのはその影響なのでしょう

天秤座は「一つのことに捉われていては大きなビジョンは描けないよ!」と2018年の私へ、優しいエールを送っていたようです!

1月17日:待っていました!山羊座で迎えた今年最初の新月

さあ、いよいよ…ここから一気に月の波に乗ってまいりましょう!
今年も軽やかに月乗りを!

月よみライフは「ムーンサーフィン」

月は、少しずつ満ちていきます。
目に見えなくとも確かにそこにある新月は「イメージング」「願いをかける」「計画性」のパワーを秘め、徐々に姿を現しながら
「形あるもの」「実現する」「達成」のためのエネルギーへとスイッチしていきます。

山羊座は「安定」「継続」のサイン。「コツコツと努力し、しっかりと結果を出す」は月星座山羊座の私のメインテーマ。
守護星の土星が山羊座に還ってきためぐり合わせの年でもあります

必要な情報は「ふと、目に入る」「偶然耳にした」「ピンときた」などの感覚を通してやってきます。
「動く、行動する」ことで、出逢いや引き寄せのチャンスはグーンと増えるはず。

本日1月19日:月は水瓶座に滞在しています!

ここからは、わたしも未体験。読者のあなたと一緒に月星座攻略法をキャッチしてみましょう!

まだ細くうっすらとした姿の満ちていく月に、みずがめ座のサインが力を添えます。

みずがめ座は「個性化」「独創性」「オリジナリティ」「反骨精神」「革新」「変革」などに働きかけるのが得意。
新しいアイディア、ユニークな発想力、才能豊かな星座です。

いつもよりインスピレーションが得られやすい日。
あなたが今、思い描いていること、叶えたいことの中で
「ちょっと変かも」「人と違うこと」「難しいな」と感じることがあるのなら思い切ってフォーカスしてみましょう!

自分の中に閉じ込めてしまっている「新しいモノ、新しいコト、新しい世界」への想いを解放して自由に理想の世界をイメージしてみましょう。
チャンスは思いがけないタイミング、意外な形で訪れるかも。

1月20日:なにごとにもとらわれない魚座へ。

そして明日、満ちていく月は魚座に移っていきます。

魚座は「自分」と「外の世界」にある境界線をなくし全体とつながり、大きな存在へと成長していくパワーを秘めています。
なにものにもとらわれない自由さ、流れに身をまかせて進化していく「今を生きるいのち」は絶えず形を変えながら制限なく可能性を広げていく。

2018年、スーパー満月から最初の新月のサイクルと星座とのコラボレーション、素晴らしくパワフルではありませんか?

おおよそ2,3日で星座を移りながら満ち欠けをくりかえす月。
新月は仕切り直すチャンスを。満月は感謝と分かち合いの豊かさを。そして星座のサインはココロとカラダと月との調和を。

今年も月を読んで、月に乗り、ツキを呼びこむ「月笑む暮らし」を楽しんでまいりましょう!

ライタープロフィール

座喜味 みゆき 月よみ師®
ライフステージ*クリエイター
福祉・介護系講師(社会福祉士・介護福祉士)

沖縄県石垣市出身
社会福祉事業に携わり27年。障がい者支援施設・高齢者介護施設等での対人援助職をへ経て、
資格研修講師、求職者向けのキャリアカウンセリングを行う傍ら、スタッフ研修「介護現場が元気になるコーチングコミュニケーション」
をライフワークと定め活動を行う。
物心ついた頃からの対人コンプレックスがきっかけで、心理学、カウンセリング、コーチングと学びを深める過程で『月よみ』と出会う。
現在は研修講師のかたわら、ライフステージに合わせた『キラッと生きる暮らし方』を月の個性でクリエイトする【月よみ*パーソナルセッション】を発進中!
Return Top