月よみ -inner independence-

特別な“HAPPY”が盛り込まれた、しし座満月は1月31日。 ブルームーンにブラッドムーン、皆既月食と特別づくしの月のエネルギーを満喫するには?

新月、上弦、満月、下弦。
クルクルと形を変えながらサイクルを創り出す月の営み。

このほかにも『見ると“HAPPY”になれる』そんな素敵な言い伝えのある月が
たくさんあります。

その月たちのご紹介と、あさってに迫った満月の恩恵を受け取って“HAPPY”を呼び込むエクササイズをご紹介しましょう。

様々な月の顔

1月2日お正月明けのスーパームーンはご覧になりましたか?
圧倒的な輝きと迫力のある大きなお月さまでした。


スーパームーンとは地球に最大に近い位置での満月のこと。
地球を回る月の軌道は、楕円型ゆえ、近くなったり遠くなったりと位置も変化しているのです。

お正月早々、家族と一緒に眺めることが出来
「今年はラッキーな年かな」そんな話をしました。

そしてまた1月中に満月がやってきます。
同じ月に現われる2回目の満月のことを“ブルームーン”といいます。

ブルームーンは3月にもあるのですよ。
3月2日と3月31日です。
通常、この周期は3~5年です。それが2回もやってくるとは、いかに2018年の月の動きが珍しいかですね。

次に1年に2回のブルームーンが見られるのは11年後です。
その頃世の中はどうなっているのかなあ。

話を戻します。
今回1月31日のしし座満月では“皆既月食”が起ります。


太陽と地球と月、この順番で一直線に並んだときが満月です。
普段は月の軌道の軸が傾いているため、地球の影からは少しズレて移動します。
そのため太陽の光を全面に反射して満月となり、地球から美しく眺めることが出来るのです。
時にその軌道が、地球の影にすっぽりと入り込んでしまう事があり、これが皆既月食となります。

皆既って?
既には『~し尽くす』と言う意味があり、皆、食べ尽くしちゃうって事ですね。
月よみ的には、ここに“HAPPY”の種が隠れていそう。

夜空では20時48分頃に天体ショーがごとく食が始まります。
ただぼんやりといつの間にか始まるそうなので、待つ方ものんびり氣分で夜空を見上げていきましょう。

ピークは22時30分頃。
終わりが23時8分です。
すっかり姿を取り戻すのは明けた2月1日0時11分。
今回は日本のどこでも見られるそうですから、お天気よければたっぷり愉しめそうですよ。ただ、寒さ対策は万全にね。

そうそうもうひとつ月の名前がありました。
皆既月食の時に見られる月が赤く見えるところから
ブラッドムーンと名付けられています。
地球の影を通過するということで、月が消えてなくなるわけではないのですね。


ブルームーンにブラッドムーン。
一体何色なの?はご自身の目で確かめてみるのも楽しいでしょう。
今回の満月、強烈に“HAPPY”を詰め込んでいるのは間違いないです。

直接見る事が叶わなくても、月のエネルギーは注いでいますから、
「あ~そう言えば満月なんだな。」
そう感じてみるだけでも月とつながれます。

せっかく眺めるならしし座満月を満喫しちゃおう

月の向こう側に見えるエリアがしし座であるところから、月はしし座の影響を帯びていきます。
しし座と言えば、陽気でクリエイティブ、表現力が豊かであり、堂々とした風格を備えています。

何度も同じ事を繰り返す中で、確固とした自分自身を磨き、培うと言うことにふさわしいサインなのです。女優さんが舞台で何度も演じ、スポットライトを浴びるかのように。

このタイミングで巡ってきたということの意味を考えてみましょうか。

・自分自身のやりたいことをやっていこうよ
・そんな自分に光を当てようね
・もっと前に出ていいんだから
・自信を持っていこう
・賞賛もありがとう、と受け取ろうよ

月の声、聞えませんか?


スポットライトなんて似合わない、そう思うなかれ!です。
人に当ててもらうのではなく、自分自身で光をつかんでちゃんと輝いてね、そうしし座満月は言っているのです。
そうしないと陰っちゃう。今回の皆既月食が日本全国どこでも見られるというのは、日本中にそんな意志を伝えたいということかもしれません。
まさに“がんばれ、ニッポン”?!

カラダにしし座満月エネルギーのチャージをしましょう。

月の影響はすぐに消え去るというものでもありません。
その前から徐々に現れ始め、徐々に次のサインへと移っていくものです。
ですからピンポイントに見逃した、と思わなくても大丈夫なのです。
ふと、感じた時にこのエクササイズをぜひ取り入れてみてください。

カラダにどんどん月のエネルギーがチャージされていきます。
内側から光を育てるのです。

満月を過ぎるとすぐに月は欠けるモードに入ります。
満月(-)期というタームが、1週間続きます。
ここでのカラダへの影響は“心臓”。
さあ、ご注目ですよ。なんとしし座の担当エリアも“心臓”です。

心臓は全身隅々まで向かう血液と、戻ってくる血液が集結し出逢う場所。
アウトプットとインプットのバランスが崩れたとき、血液の循環にも影響が出てきます。
まさに自分の中心、まずはここにスポットライトを当てましょう。

やり方は簡単。
手でそっと触れて心臓の鼓動を感じるのです。


1分間鼓動を数えます。
出来たらしし座満月からの1週間、夜のお休み前に続けてください。

実際にされた方からはこんなお声を頂いています。
・「わたしはここにいる」そんな自分を感じることが出来ました。
・自信がわき上がってきた感じがします。
・自分にありがたい、感謝の気持ちが湧いてきます。

あなたはどんな感想を持たれるでしょうか?

血液循環をよくするためには、歩く事がお勧め。
背骨や骨盤を安定させて歩くとより効果が上がります。

しし座は背中も担当します。
背骨や骨盤を安定させるためには背中側にあるこれらの骨格がスムーズに動くことが大切になってきます。

こちらはキャットストレッチというエクササイズです。


背中全体を柔らかく使う意識で行っていきます。
背骨ひとつひとつの動きを感じてみよう、そう思ってみるだけで
カラダの反応は変わってきます。

しし座でのブルームーン&皆既月食
こんな“HAPPY”な月のエネルギーをぜひチャージしてくださいね。

ご自身のカラダを大切に扱っていくこと、
大きな歩幅でさっそうと歩くこと、

予行演習で今日からさっそく始めちゃいましょう。

 

ライタープロフィール

坂口ひろみ 月よみ師®
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー
Return Top