月よみ -inner independence-

ブルームーンに皆既月食とレアな月の巡り。切り替わりのタイミングに月が教えてくれるヒントとは?

年明けに満月がありましたね。月の満ち欠けのフェーズでいえば、1月2日のスーパームーンの満月でスタートした、2018年。

月のリズムを学び活用している私としては、スーパームーンの満月で始まるなんて、とってもスペシャルな年明けでした。しかし、これは…序章でしかない⁈と思ってしまうほど、今年はお月様が主役の年なのですよ!

​なんと、今日も、満月です。
あちらこちらで話題になっていますが、貴重なブルームーンであり、皆既月食も重なるとても“切り替え”感のあるタイミング。
貴重な天体ショーの内容を紹介しながら、月からのメッセージも読み解きます。

とても稀!ブルームーンの満月。

今回の様に、1ヶ月間の間に2回満月があるとき、その2回目の満月のことを“ブルームーン”と呼びます。
元々は、大気中の塵や、火山噴火や隕石落下により発生する塵やガスの影響で月が青く見える現象を、ブルームーンと呼びました。
しかし、かなり稀な事です。

そして、満月が月に2回起きることも、稀な事です。
それらが合わさって、いつしか、“とても稀な事”を表す“Once in a blue moon”という表現も生まれました。

ブルームーンは、凡そ2〜3年周期で起こります。
遡ると…前々回は、2012年8月31日。前回は、2015年7月31日でした。
そして、2018年1月31日。
今年の次は、2020年10月31日です。

実は…なんと、今年は3月にも2回の満月があるんですよ〜!それは…3月2日と、31日。
この31日の満月も“ブルームーン”なのです。

さらに、稀!皆既月食が重なります。

ブルームーンだけでも素敵ですが、今回は…太陽光がほぼ遮られた地球の濃い影の中に月がすっぽり入り込む現象=皆既月食も重なります。

食が起きる方角や時刻は、以下をご参照ください。

(引用)
2018年1月31日の夜に皆既月食が起こります。この月食は、日本全国で観察することができます。
月は、東南東の空で20時48分にかけ始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。皆既食となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に見えます。皆既食は23時08分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、日付の変わった0時12分に、南の空で部分食が終わります。皆既月食の全行程が空の高い位置で起こるため、とても観察しやすい月食です。寒い季節ですが、防寒対策をしっかりして観察してみてはいかがでしょうか。
(引用終わり)
出典:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/01-topics04.html

​​
ジャスト満月の瞬間は、22時27分。
まさに皆既食の真っ最中なのです。

ひとり1人の“私らしく生きる”を、みんなが分かち合う。

今回の“とても稀な満月”の後ろに輝くのは、獅子座です。
堂々、自信、誇り。プライド。
注目されたい、自分を表現したい。
“己の欲するところに、嘘をつかない”。
“自分の信じた通りに生きる”
…そんな世界観があります。

また“食”は、1つのサイクルが終わり新しいサイクルが始まる大きな節目でもあります。
つまり、半年〜1年というスケールの《切り替え、リニューアル》のトキ

それは、“今までの積み重ねが集結して、新たにゼロからのスタートになる”ということではなく、“それまで努力してきたことの1つの変化”です。
ステップアップのタイミングともいいましょうか。
心や潜在意識の象徴とも言える月が切り替わりのタイミング。
当然、私たちの内面にも何かしらの変化が起こることでしょう。

例えば…仕事を変える出来事が起き、より“自分のやりたいこと”をするように道が拓けてきたり。
例えば…繋がりや関わる人たちの幅やご縁が、今までとは変わってきたり。
例えば…興味を持つものが変わって、世界が広がり始めてきたり。
例えば…大きな病気をしたのをきっかけに、自分自身を見つめなおしたり。

いろいろありそうですが、共通して言えることは…自分自身の心に正直に、隠したり誤魔化したりせずに生きていい時代(トキ)が来たということ。
我慢を重ねたり、ストレスを溜め込んだり、嫌々仕事するなんていう生き方は、どんどんできなくなってくるでしょう。

満月の瞬間を境に、月は欠け行くエネルギーへと方向を変えます。満月から下弦の月の間に降り注ぐパワーは、分かち合いのチカラ。
“自分だけが良ければいい!”はエゴですが、“自分も含めてみんなが、心地良く”と大きな視点で、“私”が“私らしく生きる”こと。それが、巡り巡って、誰かのためになる!
地球に生きる私たちがみんなで分かち合うステップアップ。…そんな事をこのブルームーンは教えてくれていると私は読み解きます。

​​やりたいこと、叶えたい夢や理想があるならば、どんどん描いていきましょう。発信していきましょう。
変わる・変える。またとない好機です!
人生の主役は、他の誰でもない“貴女自身”なのだから。

ライタープロフィール

ばね 月よみ師®
愛知県一宮市出身・在住。
毎月1〜3日必ず寝込むほどの、酷い生理痛に苦しんでいた事をきっかけに、月よみに出逢う。
自分自身の心と体にじっくり向き合うこと、そして、昨年夏に5センチ大あった子宮筋腫の摘出手術を経験する。
自身のブログの他、月よみwebマガジンでの執筆を行う。自らの体験を通して学んだ月のリズムや、心と体の気づきを中心に、季節感も大事にしながらの内容を発信し、好評を得ている。

保育学生だった頃から、子どもたちを対象にした読み聞かせボランティア活動に関わり10年。所属しているグループが、昨年度、一宮市より表彰をうける。
絵本の月の四元素分類を独自に研究中。

所持資格 : 月よみ師®️、保育士、介護福祉士。
Return Top