月よみ -inner independence-

左肩がこっている時は胃腸の疲れや血液循環のサイン!? 月がおとめ座エリアにある今が体調を戻すチャンスかも。

今日は土用の開け。117日からの土用の入りが終わるのが、今日2/3です
土用は胃腸や脾臓に強い影響がある時なのですが、その時に食べ過ぎ等があると体調を崩しがちになります。
あなたはどうでしたか??


特に左肩の肩こりが気になる方。
□ 食後眠くなる。
□ 常に胃腸薬を愛用している。
□ 便をすると最初硬く後柔らかい。
□ ちょっとしたことでも疲れやすい。
□ 胃下垂や低血圧・貧血がある。
□ 背中の筋肉がこりやすい。
□ 朝起きにくく、夜寝にくい。
□ 甘いものを好む。

この質問にチェックが多ければ、胃腸・膵臓機能に疲れているかも。​


同じ左肩がこる人でも
□ 目が充血しやすい
□ 手足がほてったり、冷えたりする。
□ 皮膚が乾燥しやすい。
□ 肌荒れやシミが多くなった。
□ きりきりした痛みの頭痛がある。
□ 物忘れがひどい。集中できない。
□ 生理異常・痔になりやすい。

この質問にチェックが多ければ血液循環が悪い、
血液粘度が高まっている可能性が考えられます。

月がおとめ座エリアに。大腸・小腸・脾臓・膵臓、そして血液循環に影響を与える時期。

小腸・大腸・脾臓・膵臓を休ませてあげる方法の一つとして
ファスティングがあります。

新月・満月の時は、ファスティングにとってもいい日ですが、
今夜、月のエリアは大腸・小腸・脾臓・膵臓を支配するおとめ座にあります。


そして血液循環にもかかわっているおとめ座というタイミングは絶好のチャンス。
今日あたり胃腸の調子がもう一つとか血液循環の気になるの人は、ファスティングがオススメです。

ファスティングはあまりわからないという方でも、例えば今日の夕食は控えて早めに寝ると、小腸・大腸・脾臓・膵臓が休まり、翌日はすっきりするかもしれません。

月の位置も月のエネルギーが心臓に入りやすい位置ですから、血液循環を良くするにはいいタイミングでしょう。


月のエリアがおとめ座にある時は、食べ過ぎは、体調を悪化させる原因です。
食べ過ぎは要注意です。

今日は『月相17』。感動力が高まるとき。

ココロのメンテナンスをする意味でも
感動して「泣ける」映画やDVDを見て大泣きすると、
ココロの中がすっきりしますよ。

≪参考図書:『月の癒し』 ヨハンナ・バウンガー  トーマス・ホッペ≫
≪参考図書:『月やせ』 おのころ心平≫

ライタープロフィール

わかば 月よみ師®
短期大学を卒業し、保育士を経て、結婚を機に薬業界に入る。
25年前より生駒市で薬店を夫婦で開業。
自分がココロのバランスを崩したことをきっかけに、
故 小林正観氏のもとで『見方道アドバイザー』を取得。
女性と月のリズムが深く関わっていることを知り,
月よみ師®を取得。
月よみを交えながら、ココロもカラダも元気になるような
セルフケアも交えた健康アドバイスができる
健康アドバイザーとして、店頭に立っている。
特に更年期に月よみを取り入れ、楽しく乗り切れる方法を
自分も含め模索中。

月よみ師®、温灸療術師、見方道アドバイザー。
Return Top