月よみ -inner independence-

生まれた月の満ち欠け(月相)でわかる4つのグループ。パーソナルなあなたの輪郭が見えてきます。

生活に月を、人生にも月を
そんなメッセージをお届けする月よみ師®今井久美子です。

2月も後半に迫ってきました。欠けてゆく下弦の月を過ぎ月は新月に向かって進んでいます。
お月様の形も細くなってきました。

夜明け(有明)の空に昇る月。
有明の月。
月にもこうした名前をつけることで
昔の人は生活に月に溶け込んでいたのがわかります。


前回、こちらの記事で、自分の生まれた日の月の形(月相)からのメッセージをお伝えしました。
【全月相メッセージ公開】あなたの生まれたお月様からのメッセージ届いていますよ

今日はそこから一歩進みます。

毎月自分のお月様を眺める楽しみ方もありますが、
この月の満ち欠けのエネルギーの傾向性を4つにグループ分けすることで、
生活、あるいは人生の羅針盤としても大いに活用出来るツールにもなるんです。

ちなみに今日、213日火曜日、お月様は、山羊座に滞在中。
こちらに注目する楽しみ方もありますが、
「半月から新月に向かって欠けていくエネルギー」に注目することもできます。
まずはそのグループ分けを細かくみていきましょう。

分類分けされたグループの別に特徴や、その人に潜んでいる才能までこまかくご紹介していきますので、どうかお楽しみに!

まずは、月といえばの「新月」「満月」で分類すると?

この月の光(月光)のしめる面積によって半分以上を満月期、
半分以下を新月期と位置づけて分類。
満月期に生まれた人を満月人、新月期に生まれた人を新月人と呼びます。
まだご自身の月相をお分かりでない方はこちらでご確認ください。

月相(月の形)、しかも生まれた時のお月様の形は自分では記憶がなくて当たり前。
知らない方の方が多いかもしれませんね。
だからこそあなたのパーソナルな情報に出会えるかもしれません。

月とあなたの関係を調べる
http://tsukiyomi-magazine.com/moon_relation/

いかがでしたか?

その結果の表示の数字の下に
新月(+)人、
満月(+)人、
満月(-)人、
新月(-)人
の4つのどちらか記載されていたと思います。

『イメージング』の新月人?、『行動力』の満月人?

月の形からまずは大きく2つのタイプに分かれます。

『新月人』
○下弦の月→上弦の月の期間に生まれた人。
○新月の日は、地球から見て太陽と月が同じ方向にあります。そこにあるのに目には見えないことから新月は精神を指します。

『満月人』
○上弦の月→下弦の月の期間に生まれた人。
○満月の日は、太陽の光を全面に反射するのが満月。目に見えるもの、現象化するものを象徴します。

自分がどちらのタイプになるかわかりましたか?

顕在意識と潜在意識のバランスとして考えると分かりやすいかと思いますが、
新月人は、潜在意識を活用してイメージや計画をもとに行動し、
満月人は、逆に行動しながら考えることで自分という輪郭を捉えるのが得意。
同じ目的地に向かうのにもこうした自分の輪郭の捉え方に違いが生まれます。

欠ける、満ちるのキーワードで、あなたの特徴が浮き彫りになる4つのグループ。

大きく2つに別れたタイプに、月の満ち欠けの特徴でもある『満ちる』『欠ける』で更に分類を分けていきましょう。

月が満ちていく、プラス(+)期間か、
月が欠けていく、マイナス(-)期間かで傾向が分かれます。

これを組み合わせると、
新月人(+)
満月人(+)
満月人(-)
新月人(-)
この4つのグループになります。

月よみマガジンを読んで下さっている読者の皆さんならよく目にするキーワード。

自分の生まれから、月相がわかりそこから新月人なのか満月人なのかを知り
そこから自分の月が満ちていくのか欠けるのかによりマイナス、プラスと更に特徴が分かれていく。
こんなパーソナルなツキ情報!面白くないですか?

新月人(+) 満ちる新月人 月相0~6★新月人(+)は、新月瞬間以後~上弦瞬間までに生まれた人。
★注意すべきは、新月当日生まれの方は、出生時間が新月の瞬間を迎えた時刻よりも後であれば、新月人(+)です。
★上弦当日生まれの方は、上弦になった瞬間より前に生まれていれば、新月人(+)です。

子どものような純粋性と驚き、発見を人生の核にしています。
アイデアとクリエイティブさが武器
新月人(+)は、『肺』に月の影響を受けるタイプです。

肺がもたらす才能)
才能1 見えないものを感じる力がある
才能2 情報収集力がある
才能3 森や海など自然との調和力を持っている。

満月人(+) 満ちる満月人 月相7~13

★満月人(+)は、上弦瞬間以後~満月瞬間までに生まれた人
★注意としては、上弦当日生まれの方は、出生時刻上弦の月の瞬間を迎えた時刻より後であれば、満月人(+)です。
★満月当日生まれの方は、満月になった瞬間より前に生まれていれば、満月人(+)です。

満月に向けてのベクトルを持つので、物事を完成させたい欲求。引き寄せ力や成功を手にするタイプ。
動きながら考え、人々に新しい発見や情報をもたらします。
自分の価値観をおしつけがちなのでお節介ししすぎに注意。

満月人(+)は、肝臓に月の影響を受けるタイプです。

肝臓がもたらす才能
才能1 豊富な経験と適切な判断力を持ち、責任感が強い。
才能2 効率性、計画性を重視する。(その分、怒りやすい)
才能3 プレッシャーに強く、上昇志向の持ち主

満月人(-) 手放し満月人 月相14~20
★満月瞬間以後~下弦瞬間までの生まれの人
★注意としては、満月当日生まれの方は、出生時刻が満月の瞬間を迎えた時刻より後であれば、満月人(-)です。
★下弦の月当日生まれの方は、下弦になった瞬間より前に生まれていれば、満月人(-)です。

『根拠なき自信』を核とする。
自分の知識や経験を『法則化』して多くの人に広めることができます。
自分の得意分野を定めると先生として活躍出来る資質をもつ。
人との適切な距離感が人生のテーマ。

満月人(-)は、心臓に月の影響を受けるタイプです。

心臓がもたらす才能
才能1 自分の特別さを知っている。
才能2 相手のリズムと同調する共鳴・共感力を持っている。
才能3 全体のため、みんなのため、信用に応えようとする。

新月人(-) 手放し新月人 月相21~27
★下弦瞬間以後~新月瞬間まで生まれの人
★注意としては、下弦生まれの方は、出生時刻が下弦の瞬間を迎えた時刻より後であれば、新月人(-)です。
★新月当日生まれの方は、新月の瞬間より前に生まれていれば、新月人(-)です。

人と違う視点を持ち、全体を見渡せる広い視野をもつ人。
柔らかさの中の芯の強さ。
独特としか表現できない才能」

新月人(-)は、腎臓に月の影響を受けるタイプです。

腎臓がもたらす才能
才能1 まずは、99パーセントまで、今の自分の状況を認めることが出来る。
才能2 適切に手放すことが出来る。
才能3 長い目で状況を俯瞰することができる。

あなたは、どのタイプでした?

こうしたパーソナルな部分に光を当てて見ましたが自分の【在り方】の輪郭が見えたでしょうか。
月には、感情、肉体、無意識、母なるもの、心などを象徴すると言われます。
その起点となる生まれた日からのあなただけに届くメッセージ。
そこから月のリズム(ムーンサイクル)が始まりますよ。


4つのグループに分かれたものを、毎月の月の満ち欠けと時期を重ね、
生活のリズム、仕事のリズム、体調管理、人生設計など様々な関係を捉えることが可能です。

新月(-)期にピッタリなセルフメンテナンス

最後に今日2月13日は月相26、新月(-)期です。

これを応用してみると、
先ほどの新月人(-)にも説明がありましたが、この時期は下弦から新月に向かう時期なだけに
月と一緒に身体も身の周りもデドックス時期。排泄機能を使い切って行くことを意図すると良いとされています。

なので腎臓に月の影響を受ける!とあったのをヒントに、腎臓のある背中のエクササイズがオススメ。


腎臓は、1日160~170リットルの血液をモニタリングし、フィルタリングし、浄化して身体の清潔を保ってくれています。
まさに私たちの血液を慎重に選別してくれて、最後尿として排泄します。
腎臓の場所はご存知ですか?両肘を下げたと時の肘の高さの背中側にあります。

胸を開いて両肘を背中側に、グッと引き寄せ7つ数えてはパッと離す。この緊張と弛緩を呼吸と合わせるとより効果的。
エクササイズというと難しかったりウエアに着替えてハードなイメージが先行しますが、
もっと気軽に、でも【意識】をプラスすることで身体との対話が出来るようになりますよ。

大切なのは、身体の声を聞くという感覚。
頭ではなく身体の声に息を合わせようとすることから始めるとうまくいきます。。
コミュニケーションが高まり関係性もよくなると思いますよ。

月のリズムは、自分のリズムを取り戻すことでもあるのです。
こんがらがった身体やこころを月のリズムと歩調を合わせる、そこから生活が整い始めます。

2月のこの時期は、まだ寒さ厳しいけれど春の足音は聞こえてきています。
春のスタートを軽やかに迎えるためにも
自分の月のメッセージに耳を澄ませ、五感を目覚めさせて輝いていきましょう。
(月やせ。月とダイエットの秘密 おのころ心平 参照)

月は、いつでもあなたの味方ですよ。
MOON LIFE クリエイター月よみ師®イマクミ

幸せになろう 喜ぼう 自分らしく
生活に月を、人生にも月を
https://tukiyomi-kumiko.amebaownd.com/

ライタープロフィール

今井久美子 月よみ師®
フィットネスインストラクター歴33年

1987年エアロビクス日本一

「エアロビクス」に魅了され、当時社長秘書だった仕事も辞め、以降33年フィットネスの道へ。

1987年にはエアロビクス日本一に。
実績を買われ、その後フィットネス普及のため全国行脚。
子供から高齢者、障がいのある方々などありとあらゆる皆様とともに指導経験を重ねる。
月との出会いによって、ドンドン自分が統合され 月(ツキ)を味方につけて人生の流れにのるコツを発見。
【生活に月を、人生にも月を】
今後はMoon LIFE クリエーターとして月の在りかたを伝えていく。

月と同時期に興味を持ち出したフラダンスは家族三人(夫と娘)との共通の趣味。
Return Top