月よみ -inner independence-

本日、2月15日は旧暦大晦日。今日は新しいスタートに備えましょう!

旧暦とは、新月を一日と数える月の暦。太陰太陽暦。
その旧暦の大晦日が今日です。旧暦だとやっと2017年が終わり2018年に入るわけです。
こよみのページ参照


大晦日は、旧暦の晦日(みそか)が由来しています。

旧暦では、月の最後の日を晦日と呼んでいたのですが、この晦日の晦(みそ)は元々は三十からきています。

ちなみに、月が三十日に満たない時(29日まで)は、九日晦日(ここのかみそか)と呼んでいました。このため、毎月晦日があるのですが、12月の晦日は一年の終わりという意味で大の字があてられ、「大晦日」と言うようになったのです。
また、大晦日は別名「おおつごもり」とも言われます。

旧暦の暦月最後の日、新月の前日ですから晦日は月が見えない日でした。この月が姿をあらわさないことを、月が籠もってしまって姿を隠すという意味で、「月籠り(つごもり)」と呼ばれるようになったようです。

ちなみに「晦」という文字は、これ一文字でも月末の日をあらわす文字で、「くらい」という意味もあります。月の出ない日ですから夜は暗いというわけです。大晦日は、暗かったんですね。

何となく旧暦の大晦日のイメージがつかめましたでしょうか?

明日は、旧暦新年の元日。みずがめ座新月。しかも日本では見られないが日食です。


日食がおこる仕組みについてはこちらを参考にしてください。 

そんな新年を目前にした大晦日の過ごし方。


みずがめ座は、革命や独創性をあらわす星座。
月星座が、みずがめ座の時は、新しい可能性を見出したり、変化を起こす、グローバルな視野で考えるなどに向いています。
新月がみずがめ座の時は、その力が更に強まります。


みずがめ座の新しい考えや奇抜なものに引かれる性質には、インスピレーションと深く関わりがある精油のネロリを使って脳を刺激してみましょう。

カラダの支配は、下腿部です。足のむくみなどの血液循環に関連した、ふくらはぎのマッサージや股関節周りのマッサージをお風呂に入ったときにゆっくりとされるといいと思います。
マッサージをしながら旧暦大晦日を有意義にお過ごしください。

ココロもカラダもゆったりと、よい旧暦新年をお迎えくださいね。

ライタープロフィール

マサコ 月よみ師®
生まれて此の方、神奈川県民一筋。
直線的なテストステロンリズム太陽リズムの男性社会で働くこと30年。
妻と母と仕事の3つの役割。
自分自身には意識を向けてあげず
ある日突然カラダからの強いサインを受ける。
そしてやっと自分と向き合い、受け入れる覚悟が出来る。

ツキヨミ塾(現月よみ塾)から始まり、意識し始めた
本来の女性のリズム。
月のリズム。
ゆったりとした曲線リズム。

月のリズムで心とカラダを整えると本来の自分が垣間見えてくる。

「月のリズム」で人生のリニューアル真っ最中。

ラッキーワードは、「月のリズム」・「意識化」
Return Top