月よみ -inner independence-

もしかして更年期?うつうつとした気分のあなたへ。更年期だって、月のリズムを知って元気で輝ける!~新月の今日、すぐにできる3つの簡単ケアも~

新月だから、月に願いを!

本日2月16日6時05分に、水瓶座で新月を迎えました。

新月は空を見上げても月は見えません。
それでもしっかり、月の作用はあるのですよ。

本日は部分日食ですが、日本では見ることが出来ないのが残念です


そして、本日の新月は太陰太陽暦の1月1日です。
太陰太陽暦とは、月の満ち欠けを基準にした暦のことを言います。
今年は、本日2月16日が1月1日になります。

太陰太陽暦の元旦は、立春前後の朔日(新月)のため、その年によって日付が違うのですよ。
中国の春節が有名ですが、韓国やシンガポールなど、日本以外のアジアの国の多くがこの春節のお祝いをします。
月よみ師の私も、本日お参りに行って参ります。

さて、そんな意味のある本日の新月です。
例え今更年期で辛い思いをしていても、今日は、次の満月までの願いを書いてみてはいかがでしょうか。

「〇〇という願いが叶いました。ありがとうございました」
と、過去完了形で感謝の言葉を書いてくださいね。
そこに「更年期だから」というキーワードは要らないと思うのです

特に理由がないのに気分が晴れない、気持ちが沈む、落ち込みが激しい。
そんなあなたなら尚更、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

新月から上弦の月までのお勧めの深呼吸の仕方や過ごし方、更年期のメカニズムは、こちらも参考にしてみて下さいね。
この症状、もしかして。更年期だって、月のリズムを知って元気で輝ける!〜新月から上弦の半月の時期 Ver.〜

なりたい自分を想い描くことも、気持ちの安定に繋がります。
月を感じて、自然のリズムに合わせて、心や体を動かすことも大事にしてくださいね。

バスタイムを有効活用しよう!

うつうつとした気分を変えるには、バスタイムを有効に過ごしてみるのも良いですよ。
お風呂に入るだけでも血行を良くしたり、リラックスしたりします

本日6:05に水瓶座で新月を迎え、11:42には魚座へと移ります。
水瓶座が対応する体の部位は、足首やふくらはぎ、魚座は足です。
お風呂に入りながら、足裏をマッサージし、足首からふくらはぎに向かって軽くさすりあげてみましょう。

うつうつとした気分を払拭したい方にお勧めなのは、足の親指(足裏側)を細かく細かくマッサージしていくことです。

実は、足の親指には脳領域の40以上の細かいセクションがあるのですよ。
セルフケアとして細かく親指マッサージをしていくのも、本日は特にお勧めです。
本格的なケアは我々プロに任せるにしても、セルフケアはぜひ行ってみてくださいね。

親指(第一指)を、細かくマッサージした後には、第一指~第三指(こちらも足裏側)までを軽くもんでいくと、うつうつとした気分が軽減していきますよ。


毎晩夜空を見上げ、月の形を見てみることもお薦めです。
そして、月のリズム=自然のリズムを感じてみてくださいね。

意識するだけでも、人のココロとカラダは変わってきます。
自然とリンクしていくことで、私はちょっとしたことでイライラしたり、心のバランスを崩すことも軽減していくように感じています

心が変われば、身体も変わるものです。
更年期を成長過程と捉えて、リラックスして過ごしましょう。

あなたが感じるように、想うように、あなたは作られていくものだと思うのです。

本日の特別な新月に、夜空を見上げ、あなたは何を願いますか?

ライタープロフィール

Junko月よみ師®
顔セラピスト
千葉県在住。1967年5月生まれ。大学在学中は美学を専攻。今思えば月や月星座の影響か、当時から絵画の『青色』を美しく描く画家に興味を抱く。
趣味は、料理、読書、絵画鑑賞、テニスなど。
普段は千葉県佐倉市の自宅サロンと出張で「顔の施術」を行なっている。
「顔の施術」と聞くと美容目的を想像されるが、顔面麻痺、更年期障害、片頭痛、腰痛など、心身の不具合(病気)についての施術が多い。
月よみ師になったきっかけは、実際のセラピスト経験の中で、周期的に心身のリズムを乱す方が多く、目に見えない力を感じた為。今後、自身の施術に加え、月のリズムや人間関係なども含めた総合的な観点からのケアを行なっていく。
Return Top