月よみ -inner independence-

月はおうし座エリアに。 首元を温めて、美味しいもの、美しいものに触れに出かけませんか。

一昨日、二十四節気の1つ雨水が過ぎ、徐々に春めいてきているものの、本格的な春の訪れにはまだもう少しといった感じでしょうか。

雨水の日には、ひな人形を飾ると良縁に恵まれると言われている
地域もあるようです。
みなさんは、もうおひな様を飾りましたか?

今朝、月はおひつじ座からおうし座エリアに移動しました。
おうし座エリアに滞在するのは、23日9時6分頃までです。

今日は、この期間の月のエネルギーを味方につけて、あなたの心も身体も快適に過ごす方法をご紹介いたします。

おうし座のエネルギーは『美』と『感覚』にやどる。

おうし座といえば
美意識や五感

料理、音楽、美術、芸術など五感を存分に使うことを意識して過ごしてみましょう。

お買い物に行くと、おうし座の確かな物を見極める力を活かして、長く大切に使えるお気に入りに出会えるでしょう。
おいしいと評判のレストランに行ったり、美しい景色を楽しむのも良いですね。

首元を温めて血行促進を

今日外出する時は、普段より暖かめな服装で。
特に首元を冷やさないように注意してくださいね。
おうし座が支配している体のパーツは顎から首。
冷やすと首筋が凝ってしまいます。

​首元が寒いとつい肩にも力がはいりやすくなりますよね。
寒いからと、身体の前で腕を組んだり、
背中をまるめて寒さに耐える姿勢を
繰り返していると、肩や首周辺のこわばりにつながり、
体がリラックスできにくくなるので、肩こりも悪化してしまいます。

帰宅後は、ぜひ首から肩のマッサージを。
蒸しタオルで首を温めるのもお薦めです。
首にある太い血管を温めることで全身の血巡りがよくなります。
血行がよくなると首こり、肩こり改善だけでなく
美肌効果やむくみ改善、免疫力アップにもつながります。

<蒸しタオルをつかった首の温め方>
1.少し熱めのお湯(42~44度)でタオルを絞ります。
(きつく絞ったタオルにラップをかけて電子レンジで
30秒~1分でもOK)
2.リラックスした状態で蒸しタオルを首の後ろに当てます。
3.タオルが冷えたら1に戻ってまた温めます。
3~5回ほど繰り返し温めてください。

蒸しタオルは面倒、という方は市販の温熱シートでも。
ぜひ試してみてください。

ライタープロフィール

Emily 月よみ師®
NARD JAPAN認定アロマアドバイザー

埼玉県三郷市在住 小学生2児の母
育児休暇を経て短時間勤務で子育てをしながら働く経験をもつ。
自身の経験から、自分や家族の症状が酷くなる前に、ちょっとした不調をすぐにケアする方法や、いつも忙しいお母さんのホッとする癒しの時間の必要性を痛感。
20年以上勤務したIT企業を退職し、月よみとアロマテラピーを用いたセルフケア・自分や家族のホームケアをお伝えしていく活動を開始。

忙しい日々の中で、月を見上げ、月のリズムで生活することで
自分自身を満たし、笑みあふれる日々を提供したいと考えている。
現在、小学生2児の子育て真っ最中、週末はフラで癒やされる毎日。
Return Top